隊長です!
スティーブン・R・コヴィー氏の「7つの習慣」を実践して行くことで「最近変わってきたなぁ~!」と思うことは、積極的になってきたことです。これも、少しずつ第1の習慣:主体性を持つが身に付いているのかなぁ~!と思っている所です。

「7つの習慣」の面白いところは、1つの習慣を極めてから、次の習慣を行う事ではなく、とりあえず自分のやりやすい習慣から始めて、行くうちに、最初はバラバラに始めたとしても、やって行くうちに、ここでうまく行かないのは、前の第〇の習慣ができてないから!」とわかって来ますので、そこに戻れば良いのです。面白いのが、繋がっているので、できなかったことがクリアできれば、次の習慣も実行しやすくなります。ただ習慣のお話なので1度に極めようとせずに、年齢を追うごとに、だんだん上達するイメージです。

子供の頃の勉強に例えると、国語、算数、理科、社会を1年生から満遍なくいろいろやると思います。1年生の時は国語を極めると思ってもできないことと同じです。「7つの習慣」も同じで、いろんな習慣をやって行くうちに、それぞれの習慣の意味も分かって来ます。そうすることで生活をしていると、大概のことが「7つの習慣」的に繋がっていることがわかって来ます。

NoDeal(取引しない)

「7つの習慣」の第4の習慣:Win-Winで考えるの中に
①Win-Win(自分も、相手も両方勝つ)
②Win-Lose(自分が勝って、相手が負ける)
③Lose-Win(自分が負けて、相手が勝つ)
④Lose-Lose(両方が負ける)
⑤No Deal(取引しない)

の人との関係作りがあります。

その中で、 ⑤No DeaL(取引しない)があることに驚きました。取引がWin-Winの関係にならなければ、⑤No Deal(取引しない)も選択できるのです。 この No Deal(取引しない)を知っているのか?そうでないのか?は大きいです。と、言いますのも大体の交渉や取引の場合、 ②Win-Lose(自分が勝って、相手が負ける)で来られることがあります。その場合、⑤No Deal(取引しない)を知らないと③Lose-Win(自分が負けて、相手が勝つ)の関係になってしまいます。なので、 ⑤No Deal(取引しない)を知っておくことは重要だと思います。

会議に出席して感じること

会議に出席する際に、⑤No Deal(取引しない)が使えずに、妥協しないといけない場面が多くあります。「今日の会議で、○○の案件を決めないといけません!」など期限がない場合、どうしても誰かが我慢しないといけないことになってしまうことがあります。こうならないことがWin-Winで考えるなら理想です。

こうならないためにもみんなが ①Win-Win(自分も、相手も両方勝つ)の発想を持っていれば、⑤No Deal(取引しない)が使えるわけです。しかしそのためにも、早め早めに問題に取り掛かることを意識していないと、ギリギリでは妥協案になってしまうのではないか?と思っています。

ここで言う早め早めというのは、第3の習慣:最優先事項を優先するの「緊急でない、重要なことを優先する」です。これができると、問題に早め早めに対応できると思います。

Lose-Lose(両方が負ける)

しかし世の中には、④Lose-Lose(両方が負ける)で考える方もいらっしゃいます。いわゆる、恨みをかうことです。復習の気持ちがある人は、この ④Lose-Lose(両方が負ける) になります。相手の不幸が、自分も嬉しいと思う気持ちです。こうならないためにも、普段から良好な付き合いができることが望ましいです。

第4の習慣:Win-Winで考えるの学びは、常に自分も、相手も嬉しいことを考える!ということです。みんながそんな気持ちになれたら、とても良い世の中になると思います。くれぐれも損得(Win-Lose)で判断しないように!

今日は、ここまでです。
最後まで、読んで頂いて、ありがとうございました。
このブログは、長男の空手の練習に付き合っているために毎日23時に更新しています。
毎日1,000文字を目標に書いています。

良かったら、また読みに来てください。
僕のブログが、仕事や、生活に何か?お役に立てたら幸いです。
また読んで頂いて感想や、コメントを頂けると嬉しいです。
下記のコメント欄を使って、お気軽にコメントや感想を送ってみて下さい。

隊長こと、写真の松屋(福岡県うきは市)メインカメラマン 松尾 勝彦でした。

6月12日(日)20時からclubhouseで配信

毎月第2と、第4日曜日の20時からclubhouseで 未来への種まきroomを開催しています。

このroomは「7つの習慣」の意識しながら生活していくことで配信しています。そして「7つの習慣」のことを、多くの方にしってもらい、自分の人生を快適に過ごしてもらいたいと思っています。このroomで一緒に発信してもらっているのは、静岡県裾野市のファイナンシャルプランナーお金の設計事務所 創現舎(そうげんしゃ)の真田さんと、愛知県安城市のきもの和楽 かね宗の三代目こと石川さん、北海道札幌市のブランドデザインオフィス KABAK’s(カバックス)の椛本さんです。このメンバーは現在 僕の人生の師匠 小阪裕司氏が主宰されているワクワク系マーケティング実践会で学び合っています。このroomの開催時間は約60分。子育ての話や、子供たちに身につけて欲しい良い習慣(片付け・貯金・勉強など)のお話ししています。子供たちに良い習慣を身に付けてもらえれば、子育てが楽になると考えています。

現在、チャレンジとして貯金ができない3代目が、貯金の習慣を身に付けようと頑張っています。目標貯金額は100万円。「7つの習慣」のお話は、子育て中の方に聞いて頂きたいお話しです。お時間があれば聞きに来てみてください。その際「完訳・7つの習慣」の本を持ってこられると、より分かりやすく聞けると思います。

振り返りシートのダウンロード

このroomは、2週間に1回のペースで行っています。その理由は、何か?始めて習慣にする際に、2週間のペースが丁度良いと思ったからです。未来への種まきroomで、話を聞く際に、振り返りシートを事前にダウンロードされておかれることをおススメします。ダウンロードは、こちらです。

僕らの話を聞きながら
①今日の気付き
②未来のゴール(終わりを思い描く)
③未来へのチャレンジ(主体的に、最優先事項を優先する)

をまとめられて、翌日からの実践のお役に立てればと思います。最初は小さな1歩ですが、コツコツ続けることで習慣になり、人生が好転できると思います。一緒に頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。