僕は、47歳で、初めての子育て。現在51歳で、5歳の幼稚園の年中の男の子。
たまに年齢が大夫行っているので、幼稚園の子供たちから「パパ?」「おじいちゃん?」と言われることもあります。

ただありがたいことに、今までに苦労して勉強をしてきたことが、子育てにいろいろ応用できていることが楽しいです。
「あの苦労は、今の子育てのためにあったのか!」と思ってしまうくらい、子育てが楽です。

ちなみに、子育てに役に立つどんな勉強をしてきていたのか?と言いますと、

子育てイラスト
  • コーチング
  • 人生の師匠 小阪裕司氏を師事(ワクワク系マーケティング実践会主宰)
  • スティーブン・R・コヴィー氏の「7つの習慣」

この3つを学んだことは大きかったと思います。しかしこの3つは、自ら学びに行ったわけではなく、ある事件に巻き込まれたことが原因でしたその原因は、5年間でスタッフさんが20名も入れ替わった経験でした。

「どうしたらやる気のスイッチが入るのだろう?」
この疑問が、解決するために勉強をしないといけなくなったわけです。この経験をして、子育てをする人もそんなにいないと思います。年を取って、パパになった特権だと思っています。

現在は、ありがたくスタッフが辞めることはなく、長く働いてくれています。
おかげで

  • 仕事の質がUP
  • 仕事の作業が早くなり、休みは増え、残業が無くなる

結果、労働環境が良くなったことで、さらに仕事の質が上がって行くことになります。このことは、自分でも自信になりました。おかげで、学習塾の運営など写真以外の仕事にも、仕事の質を下げずに広げることができます。

5年間で20名のスタッフさんが入れ替った当時は、求人して、面接して、教育して、また退社の繰り返し。
これを5年間続けていました。
・どうやったら、会社に定着してくれるのか?
・スタッフさんは、どうやったらやる気を出してくれるのか?

この問題を解決するために、いろんな本やセミナーに行きました。今の子育てには、この時の経験が大きいです。

だから
僕は大人のやる気を出させるより、子供のやる気を出させるほうが簡単だと思っています。
一度、やる気をなくした大人のやる気のスイッチを出すのは、難しいです。

ただ僕も、やる気のスイッチも、人生の師匠 小阪裕司氏に2004年12月に入れてもらっていますので、かれこれ17年も、やる気のスイッチを維持しています。ただ何度か心が折れ、やる気のスイッチが切れたこともあります。ただ時間が立てば、再度自分でスイッチを入れることができるようになりました。

もしかすると子育てで困ってある方や、子育てに悩んである方ののお役に立ってるのではと思い、ここでは僕が学んだことを子育てに活かしている話を書いてみたいと思います。お役に立てると幸いです。

ここの書いていることは、子育てに付いて書いているつもりですが、もしあなたが、会社にお勤めならば、どんな上司だったら素直に就いて行きたいか?と考えながら読んでもらえると、お子さんの気持ちになれるのではないか?と思います。

子供の自己肯定感を下げない

環境が人を作る

プラスの言葉を使う

我が子を私物化しない

子供の夢を応援する

スーパーで、ガチャガチャをさせない

師匠と、弟子の関係

今ではなく、未来をイメージして子育てする

信じて、見守る

親の言うことは聞かない

頼みごとをする際は、理由を伝える

話をよく聞く

否定しない

考える機会を作る

世界を広げる

目的を持たせる

精神力を鍛える

あいさつの習慣をつける

集中力を付けさせる

やさしさと、強さを持たせる

失敗の経験を大切にする

未来に希望を持たせる

人格を否定しない

叱るが、怒らない

叱る時間は、3分間

片付けを意識させる

シナジーを創ることを目指す

お金の大切さを意識させる

子育てに陽転思考を使う

師を持たせる

良い習慣を身につける

自分を明確にする

困難を乗り越える楽しさを伝える

人生の勝ちパターンを伝える

子供を変えるのではなく、自分が変わる

言葉で言うのではなく、親の背中を見せる

損得で判断するのではなく、正義の判断

初めてやる事は、70点取れば御の字

平均点を伸ばすより、長所を伸ばす教育

結論を先に言うこと

素直さを大切に

好奇心を育てる

子供の「なぜ?」に5回付き合う