隊長です!
スティーブン・R・コヴィー氏の「7つの習慣」を学ぶようになってから、価値観が大きく変わったのは、子供の反抗期に対する考え方です。実は、たまに「うちの子は反抗期がなかった!」と言われる方がいらっしゃいます。しかし「7つの習慣」の第5の習慣:まず理解に徹してから、そして理解されるを学ぶことで、反抗期に対しての考え方(パラダイム)が大きく変わりました。

・そもそも反抗期はあるもの!
・反抗期は必要なもの

と考えてある方が多いと思います。しかしたまにいる「うちの子は反抗期がなかった!」という方の親は、話を聴くのが上手なのではないか?と思うのです。きちんと子供の話を聴いていれば、子供も反発しないかもしれません。いつも「あれしろ!」「これしろ!」「あれしたの?」と言われたら誰でも反抗したくなると思うのです。

現在、5歳の長男が中学生になった際、まず理解に徹して、そして理解されるを実践してみることが楽しみなのです。もしかしたら、僕の子なので、うまく行かずに長男は反抗するかもしれません。もしお子さんが、反抗期の年齢になってあったら、ぜひ試してあげて欲しいのです。まず相手の言い分を聞いて、否定しないで上げてほしいのです。

「第5の習慣:まず理解に徹してから、そして理解される」が重要な理由

この習慣が大事な理由は、コミュニケーションの基本は、聴くことだからです。僕がなぜ「7つの習慣」を学んでいるのか?その理由の1つは、自分の人生をよりよくしたいこと。そして、長男が大きくなった頃に起きるだろう?と思われる外国人とのコミュニケーションをうまく図ることができるように、コミュニケーションの基本を教えてあげたいと思っているからです。

僕ら日本人は、どちらかというと同じ価値観の人と集団を作ろうとします。これは、島国なので仕方がないのかもしれません。しかしこれからテクノロジーが発達することで、外国の方と接する機会は増えると思います。長男が社会人になった頃は、海外で仕事をするのが当たり前かもしれません。

外国人と接するということは①宗教②文化③価値観④考え方⑤習慣⑥食べ物など、全く違うわけです。僕らからすると違和感があることが、向こうからすると当たり前だったりします。その中で、第5の習慣を理解しると、コミュニケーションを取る際に重要なのはまず相手を理解してから、自分を理解してもらうことになると思います。多分、この第5の習慣:まず理解に徹してから、そして理解されるをしているか?どうかは大きいと思います。

自分を理解してもらうのではなく、先に相手を理解すること。

でも、これって夫婦間でも同じだと思うのです。自分のことを一生懸命理解してもらおうと言えば言うほど、理解してもらえない。自分の戒めとして、まず奥さんのことを理解することを心掛けたいと思います。そうすれば、平和な家庭が維持できると思いますが、いかがでしょうか?

今日は、ここまでです。
最後まで、読んで頂いて、ありがとうございました。
このブログは、長男の空手の練習に付き合っているために毎日23時に更新しています。
毎日1,000文字を目標に書いています。
良かったら、また読みに来てください。

僕のブログが、仕事や、生活に何か?お役に立てたら幸いです。
また読んで頂いて感想や、コメントを頂けると嬉しいです。
下記のコメント欄を使って、お気軽にコメントや感想を送ってみて下さい。

隊長こと、写真の松屋(福岡県うきは市)メインカメラマン 松尾 勝彦でした。

9月25日(日)20時からclubhouseで配信

毎月第2と、第4日曜日の20時からclubhouseで 未来への種まきroomを開催しています。

このroomは「7つの習慣」の意識しながら生活していくことで配信しています。そして「7つの習慣」のことを、多くの方にしってもらい、自分の人生を快適に過ごしてもらいたいと思っています。このroomで一緒に発信してもらっているのは、静岡県裾野市のファイナンシャルプランナーお金の設計事務所 創現舎(そうげんしゃ)の真田さんと、愛知県安城市のきもの和楽 かね宗の三代目こと石川さん、北海道札幌市のブランドデザインオフィス KABAK’s(カバックス)の椛本さんです。このメンバーは現在 僕の人生の師匠 小阪裕司氏が主宰されているワクワク系マーケティング実践会で学び合っています。このroomの開催時間は約60分。子育ての話や、子供たちに身につけて欲しい良い習慣(片付け・貯金・勉強など)のお話ししています。子供たちに良い習慣を身に付けてもらえれば、子育てが楽になると考えています。

現在、チャレンジとして貯金ができない3代目が、貯金の習慣を身に付けようと頑張っています。目標貯金額は100万円。「7つの習慣」のお話は、子育て中の方に聞いて頂きたいお話しです。お時間があれば聞きに来てみてください。その際「完訳・7つの習慣」の本を持ってこられると、より分かりやすく聞けると思います。

振り返りシートのダウンロード

このroomは、2週間に1回のペースで行っています。その理由は、何か?始めて習慣にする際に、2週間のペースが丁度良いと思ったからです。未来への種まきroomで、話を聞く際に、振り返りシートを事前にダウンロードされておかれることをおススメします。ダウンロードは、こちらです。

僕らの話を聞きながら
①今日の気付き
②未来のゴール(終わりを思い描く)
③未来へのチャレンジ(主体的に、最優先事項を優先する)

をまとめられて、翌日からの実践のお役に立てればと思います。最初は小さな1歩ですが、コツコツ続けることで習慣になり、人生が好転できると思います。一緒に頑張りましょう!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。