承認欲求|大人の「赤ちゃん返り」

子育てに、マズローの5段階欲求を取り入れられることをオススメしています。前回に引き続き、承認欲求についてのお話です。弟や、妹ができるとそれまで、パパとママの愛情を全部貰っていたお兄ちゃんや、お姉ちゃんからすると、おもしろくありません。僕は、写真撮影の仕事で、たくさんの赤ちゃんに出会えるのですが、あるご家族を撮影していた際に、弟が生まれたのにも関わらず、心のコップの水が満たされている3歳のお兄ちゃんに出会いました。そのお兄ちゃんの態度が、あまりにも素晴らしかったので、パパとママに、子育てのお話を伺いました。その話を聞いて、素晴らしい!と思い、このことを応用すれば、大人でも応用できると感心してしまいました。そのパパとママは、お兄ちゃんに何をされたのか?実は、赤ちゃんがママのお腹にいる間から、お兄ちゃんになるとは?という話をしてあげていたそうです。例えば、「○○ちゃんは、今度お兄ちゃんになるけど、お兄ちゃんになったら○○してくれる?」「今までパパとママは〇〇ちゃんと一緒にいたけど、お兄ちゃんになったら、赤ちゃんにもパパとママを分てあげられる?」「○○ちゃんは、今度お兄ちゃんになるけど、お兄ちゃんになったら○○してくれるとママは助かる?」というお話をお風呂に入った際に、されていたそうです。

7つの習慣|第2の習慣 終わりを思い描くことから始める:イメージすることで断酒に成功!

「7つの習慣」の第2の習慣;終わりを思い描くことから始めるについて書きました。何か?困難なことを始めたり、困難を乗り越えるために、達成した時のイメージを強く持つことを書きました。今日は、僕がお酒をやめることができた話を書いてみたいと思います。昨年4月に、32年間、毎日飲んでいたお酒をキッパリ辞めました!もう1年4ヶ月、お酒を全く飲んでいません。飲んでいた当時、毎朝が二日酔いで、夕方になると、向かい酒で飲み始めるという悪循環でした。そんな状態なのになかなかお酒をやめる決心はつきません。お酒を辞めたいな!と思っても、やめてしまうと、それ以上に失うものが怖いと思っているからです。お酒をやめて、失うモノは、①お酒を飲む気持ち良さ②付き合い(人間関係)若い時から、飲みニケーションの大切さや、付き合いの大事さを教わっていたので、お酒をやめる勇気がなかなか持てません。また毎日、大量に飲んでいるので、気持ちは、お酒をやめたい!でも体は、定時になればお酒を欲しがるのです。僕がお酒をやめるのは無理だ!と思っていました。そんな僕がお酒をキッパリ飲まなくなりました。その理由は、当時、2歳の長男は保育園に行っていました。夕方、長男は帰って来るのですが、夕方になれば、僕は毎晩、お酒を飲んでします。そうすると長男と接する際、常に酔っ払っている状態なのです。そんな状態の中で、「長男の成長を酔っ払った状態で見るのはもったいない!」と考えが過ぎりました。

7つの習慣|終わりを思い描くことから始める:達成した時の良いイメージを持つ

片付けや、貯金などの「緊急でない、重要なこと」は、やらないといけないことは、わかっているのに、
なかなか行動に移せる方は少ないです。その理由は、なぜ?①めんどくさいから②別に困っていないから
など、あると思いますが、意外とできていないのが③達成した時のイメージが浮かんでいないからではないでしょうか?僕が大事にしていることは、③達成した時のイメージを大事にしています。これに気づいたのは、10年前に片付けを始めた時でした。当時、片付けができなくて、①休みが取れない②残業は当たり前③商品の欠品が多い④探し物が多い⑤在庫が多い⑥頑張っても会社にお金が残らないそんな状態でした。たまたま福岡県商工会連合会の指導員さんに声とかけてもらって、「サービス生産性向上」 の内藤先生の勉強会に誘ってもらった際に、片付けの知識で、社内改善ができることを知ります。その勉強会で、見せてもらった写真が、当時の僕には衝撃的でした。こんな綺麗な作業場だったら、仕事がしやすくなる。こんな仕事場に改善したい!とイメージが湧いてきたのです。