子育て|承認欲求から、自己実現欲求に変化することで、身の回りに起こること

隊長です!

子育てに、
マズローの5段階欲求の応用されることを
オススメしています。

 

miraihenotanemaki.hatenablog.com

 

今回は第4段階の承認の欲求の上のレベル
第5段階の自己実現レベルに上がる際のお話です。

最近、長男から
「パパ!僕ね、お友達がいないんだ!」
と言われました。

僕は
「良いじゃん!友達がいなくても!」
というと長男は
「そんなのイヤだ!」
と否定して来ました。

実は、
第5段階の自己実現のレベルに入ると、
自然と
今までの友達が減ります。

やる気のスイッチが入ってしまったので、
仕方がありません。

f:id:miraihenotanemaki:20200831092850p:plain

自分のやりたいことが
見つかっているので、
当たり前といえば、
当たり前なのですが、
この現状をご存知ないと、
友達が減ることが悪いことだ!
思ってある方が多いと思います。

周りから
「あいつは最近付き合いが悪くなった」
「最近、あいつはワガママだ!」
「自分のことしか考えていない!」

などと言われるようになってきます(笑)

自分のやりたいことが見つかれば、
当然、時間が必要になります。

時間は24時間。
何かを削らなければ、
新しいことができないことになります。

周りから、
徐々に友達が減っていきます。

これを
寂しいと思うか?
快適になった!
と思うのか?

マズローの5段階欲求の
第4段階の承認の欲求と、
第5段階の自己実現の分かれ道だと思います。

承認の欲求を求めている方にしてみれば、
友達が減ることは許されないことになります。

僕は、ひとりの時間は大事だと思っています。

読書をする時間。
ブログを書く時間。
など、一人になる時間は重要だと考えています。

一人になる一番大事なのは、
考える時間を作ることです。

多くの方が、
考える時間を持っていません。

ぜひ、
考える時間を作って頂き、
1人の時間を楽しんで頂きたいです。

僕は、友達は数ではないと思います。
良い友達を持つことが大事で、
たくさん友達がいても、
接する時間は限られています。

友達が少ない方が、
深く付き合えることができること
を長男には教えたいと思っています。

今日は、ここまでです。
最後まで、読んでいただいて、
ありがとうございました。

 次回、先輩たちから教わった、
承認の仕方について書いてみたいと思います。

僕のブログが、仕事や、生活に
何か?お役に立てたら幸いです。

隊長こと、
写真の松屋(福岡県うきは市)メインカメラマン 
松尾 勝彦でした。

僕の自己紹介の記事は

miraihenotanemaki.hatenablog.com

 
写真の松屋のホームページは、

笑顔大好き.com写真の松屋

それでは、また!

にほんブログ村の登録を始めました。
やりがいになりますので、
↓ ポチっと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です