隊長です!

まだスティーブン・R・コヴィー氏の「7つの習慣」を読んだことの無い方にもわかりやすいように、僕が実践している内容をかみ砕いて書いています。いよいよ1月3日から書き始めて、今回が第6の習慣:シナジーを創り出すのお話です。僕は、第6の習慣:シナジーを創り出すが「7つの習慣」の集大成の習慣だと思っています。このシナジーのことは、本当だったら小学校の頃から知っておくと良いと思います。そうすることで、良好な人間関係が作れると思います。

ただ実際、大人でもこのシナジーのことを知っている人は少ないと思います。もし僕がこのシナジーの創り方を早い時期に知っていたら、もっと簡単に楽に人間関係に悩まずにいたと思います。そして、このシナジーを創るためには、第1の習慣から、第5の習慣までの積み重ねが大事だということもわかります。

シナジーとは?

シナジーとは、相手との協力関係です。
相手と上手な人間関係を構築できると、期待以上の効果が生まれます。1+1が3にも4にも100にもなるのです。しかし、相手との関係がうまく行かないと本来の力が発揮されず、1+1は本来2なのに、それ以下の0.5しか力が発揮できないこともあります。これはすごく勿体ない話です。

例えば、子育てがわかりやすいのですが、我が子を親の範囲内に入れて子育てすれば、親を超えることはありません。親の分身を作ることになります。また逆に子供の言うことを聞いて、親が甘やかしてしまうと、依存した人間を作ることになるのです。

子どもをひとりの人格と考え、親との協力関係で進めば、親の想像をはるかに超えた結果が生まれてくることがシナジーです。僕は7つの習慣を、長男が生まれる前から学んでいますので、長男と一緒に過ごす時間を大事にしています。おかげで子供と一緒にいると、いろんな発見があるので面白いです。一緒にいると、いろいろ学ぶことができるので、楽しく感じます。

毎日、幼稚園の送り迎えを自転車で行っていますが、これも子供と四季を感じて、いろんな話ができる貴重な機会だととらえています。これらは、僕がシナジーについて知っているからできると思います。

もしシナジーのことを知らなかったら、子育てがめんどくさく感じるかもしれません。もしかしたら子供の言動にイチイチ口を出してしまい、結局のところ、子供が自立できなくなる恐れがあります。

夫婦間でのシナジーとは?

シナジーを創り出すことの特徴の面白いところが、価値観の違う人同士の方が大きなシナジーを創り出せることです。価値観が違うことを良い風にとらえるわけです。

「7つの習慣」の本の中にも出てくるのですが、夫婦間のシナジーは、子供です。
深い信頼関係があるからこそ、子供ができるのです。このように、シナジーとは、予期せぬ結果が生み出されることを言います。男同士で協力し合っても、子供はできません。また男女でも、信頼関係ができ深い関係にならなければ、子供はできないわけです。夫婦の信頼と協力があることで1+1が3以上の家族になるわけです。

NHKの番組:プロジェクトX

僕の好きな番組にNHKのプロジェクトXという番組があるいました。この番組で取り上げられる内容は、普通ではできないことを可能(達成)にしたお話で、これこそシナジーのお話だと思います。困難に立ち向かうお話が多く、番組を見ると勇気がもらえます。この番組の主題歌は「地上の星 (中島みゆきさん)」。この曲が流れると、この番組を思い出すくらいあります。

今回は、シナジーの全体的な概要を書いてみました。イマイチイメージしにくかったかもしれません。次回、シナジーのことを図解を交えながらお話したいと思います。そうすると、各習慣が必要な理由が分かりやすいと思います。

今日は、ここまでです。
最後まで、読んで頂いて、ありがとうございました。
このブログは、長男の空手の練習に付き合っているために毎日23時に更新しています。
毎日1,000文字を目標に書いています。

良かったら、また読みに来てください。
僕のブログが、仕事や、生活に何か?お役に立てたら幸いです。
また読んで頂いて感想や、コメントを頂けると嬉しいです。
下記のコメント欄を使って、お気軽にコメントや感想を送ってみて下さい。

隊長こと、写真の松屋(福岡県うきは市)メインカメラマン 松尾 勝彦でした。

6月12日(日)20時からclubhouseで配信

毎月第2と、第4日曜日の20時からclubhouseで 未来への種まきroomを開催しています。

このroomは「7つの習慣」の意識しながら生活していくことで配信しています。そして「7つの習慣」のことを、多くの方にしってもらい、自分の人生を快適に過ごしてもらいたいと思っています。このroomで一緒に発信してもらっているのは、静岡県裾野市のファイナンシャルプランナーお金の設計事務所 創現舎(そうげんしゃ)の真田さんと、愛知県安城市のきもの和楽 かね宗の三代目こと石川さん、北海道札幌市のブランドデザインオフィス KABAK’s(カバックス)の椛本さんです。このメンバーは現在 僕の人生の師匠 小阪裕司氏が主宰されているワクワク系マーケティング実践会で学び合っています。このroomの開催時間は約60分。子育ての話や、子供たちに身につけて欲しい良い習慣(片付け・貯金・勉強など)のお話ししています。子供たちに良い習慣を身に付けてもらえれば、子育てが楽になると考えています。

現在、チャレンジとして貯金ができない3代目が、貯金の習慣を身に付けようと頑張っています。目標貯金額は100万円。「7つの習慣」のお話は、子育て中の方に聞いて頂きたいお話しです。お時間があれば聞きに来てみてください。その際「完訳・7つの習慣」の本を持ってこられると、より分かりやすく聞けると思います。

振り返りシートのダウンロード

このroomは、2週間に1回のペースで行っています。その理由は、何か?始めて習慣にする際に、2週間のペースが丁度良いと思ったからです。未来への種まきroomで、話を聞く際に、振り返りシートを事前にダウンロードされておかれることをおススメします。ダウンロードは、こちらです。

僕らの話を聞きながら
①今日の気付き
②未来のゴール(終わりを思い描く)
③未来へのチャレンジ(主体的に、最優先事項を優先する)

をまとめられて、翌日からの実践のお役に立てればと思います。最初は小さな1歩ですが、コツコツ続けることで習慣になり、人生が好転できると思います。一緒に頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。