隊長です!

スティーブン・R・コヴィー氏の「7つの習慣」の最初の習慣の第1の習慣:主体的である。
前回からの続きになりますが、とても深いと思います。すぐに身に付く習慣ではないと思います。

しかし主体的が身に付けられると、こんなことが起こるのではないか?と思っています。それは「感謝しなさい!」ということを先輩や親に言われたことがあると思うのです。しかし「感謝しなさい!」と言われてできたら、感謝をテクニックとして使っている可能性があります。

きっと主体的が身に付いてきたら、きっと誰にも指図されずに、心の底から感謝ができるようになると思うのです。こう考えると、まだまだ全然 僕はできていませんけどね。

そんな中、最近すごい方を見つけました。一瞬で、虜になってしましました。その方は、プロ野球の日本ハムファイターズの監督 BigBossこと 新庄剛志監督です。

BigBoss 新庄剛志監督

新庄監督のことは、以前 阪神ファンだったことや、地元 福岡八女の西日本短大付属高校出身なので知っていました。好きなんですけ、あのキャラクターなので、チャラチャラしている方なのか?と思っていました。

そして昨年11月の日本ハムファイターズの監督就任の記者会見に驚かされました。
一瞬で、多くの人の気持ちをわしづかみしてプロ野球ファンや、日本ハムファイターズのファンを増やしたと思います。僕も札幌ドームに行きたくなりました。

あの記者会見以来、何かと新庄監督のことを報道されたりして、情報が入ってくる中で、
①48歳でトライアウト受けた理由
②日本の球団を蹴って、メジャーに挑戦した理由
③レギュラーの座を掴むための秘策
④監督になった理由
⑤自分の体型の維持
⑥みんなを盛り上げる気持ち
⑦グローブのお話

などの話を聞いていると、自分の軸を持ってブレない主体性を持った方なのだろう?と思いました。そして、正義感が強く何事にも準備をしていることに驚きました。

よく「茨な道を歩け!」と言うけど

よく自己啓発のセミナーなどに参加すると「楽な道より、苦しい道を選びなさい!」と言われます。でも、僕がいろいろ見せてもらって、自ら茨な道に進む人はほとんどいないと思います。だって!その方が楽ですもんね!また失敗したらバカにされます。

今、僕が自問自答していることがあります。もし自分が、新庄監督の立場だったら、どちらを選んだだろう?ということです。これは新庄監督に興味を持って、いろいろYouTubeを見ていた時に見つけた話です。

新庄監督は、29歳の時にメジャーリーグに行っています。
その時の話に驚きました。なんと当時、日本のプロ野球3球団から、5年間で12億円のオファーをもらっています。そして大リーグメッツからは、1年契約で2,200万円です。あなたなら、どちらを選択しますか?そしてインタビューの中で、「誰にも相談できなかった!」と言われています。その言葉を聞いた際に、プロ野球の規約があって、自分の去就を人に相談ができないのだろう?と思ったわけです。

しかし誰にも相談ができない理由が、そうではなく、誰かに相談しても100%「日本の球団を選べ!と言われるから」と言われた際に、自分の人生を自分で決めることは、案外ないのではないか?と思ったわけです。

多くの場合、迷ったら誰かに相談すると思います。でも相談しても、自分の選びたいことの方を応援してもらえる人が誰もいない中で、決断するというのは、とても辛いと思います。しかも時間は48時間しかないわけです。そんな中で、新庄監督はメジャーに行くことを決断されます。

僕にできるだろうか?

ずっと種を撒き続けること

新庄監督のインタビューを聞きながら
①自分で決めることの大切さ
②種を撒き続けることの大切さ
これらを学んだと思います。今回、日本ハムから監督の打診があったのも、それまでにコツコツ種を撒いて来られ、準備されていた結果だと思います。

そして、さらに驚いたのが、体型の維持です。現役時代から、ほとんど変わっていない姿に、自分に厳しい人なんだ!と伺えます。現役を引退しても、あの体型を維持していることに驚きます。自分の部下のコーチ陣にも厳しそうです。新庄監督が、どんな指導をされ、采配をされるのか?今から楽しみなのです。
今日は、ここまでです。
最後まで、読んで頂いて、ありがとうございました。
このブログは、長男の空手の練習に付き合っているために毎日23時に更新しています。
良かったら、また読みに来てください。

僕のブログが、仕事や、生活に何か?お役に立てたら幸いです。
また読んで頂いて感想や、コメントを頂けると嬉しいです。
下記のコメント欄を使って、お気軽にコメントや感想を送ってみて下さい。

隊長こと、写真の松屋(福岡県うきは市)メインカメラマン 松尾 勝彦でした。

7月10日(日)20時からclubhouseで配信

毎月第2と、第4日曜日の20時からclubhouseで 未来への種まきroomを開催しています。

このroomは「7つの習慣」の意識しながら生活していくことで配信しています。そして「7つの習慣」のことを、多くの方にしってもらい、自分の人生を快適に過ごしてもらいたいと思っています。このroomで一緒に発信してもらっているのは、静岡県裾野市のファイナンシャルプランナーお金の設計事務所 創現舎(そうげんしゃ)の真田さんと、愛知県安城市のきもの和楽 かね宗の三代目こと石川さん、北海道札幌市のブランドデザインオフィス KABAK’s(カバックス)の椛本さんです。このメンバーは現在 僕の人生の師匠 小阪裕司氏が主宰されているワクワク系マーケティング実践会で学び合っています。このroomの開催時間は約60分。子育ての話や、子供たちに身につけて欲しい良い習慣(片付け・貯金・勉強など)のお話ししています。子供たちに良い習慣を身に付けてもらえれば、子育てが楽になると考えています。

現在、チャレンジとして貯金ができない3代目が、貯金の習慣を身に付けようと頑張っています。目標貯金額は100万円。「7つの習慣」のお話は、子育て中の方に聞いて頂きたいお話しです。お時間があれば聞きに来てみてください。その際「完訳・7つの習慣」の本を持ってこられると、より分かりやすく聞けると思います。

振り返りシートのダウンロード

このroomは、2週間に1回のペースで行っています。その理由は、何か?始めて習慣にする際に、2週間のペースが丁度良いと思ったからです。未来への種まきroomで、話を聞く際に、振り返りシートを事前にダウンロードされておかれることをおススメします。ダウンロードは、こちらです。

僕らの話を聞きながら
①今日の気付き
②未来のゴール(終わりを思い描く)
③未来へのチャレンジ(主体的に、最優先事項を優先する)

をまとめられて、翌日からの実践のお役に立てればと思います。最初は小さな1歩ですが、コツコツ続けることで習慣になり、人生が好転できると思います。一緒に頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。