隊長です!

スティーブン・R・コヴィー氏の「7つの習慣」を実践していると、第2の習慣:終わりを思い描くことから始めるを知っているので、カレンダーやスケジュール管理がとても楽になります。

僕のイメージは、カレンダーや予定表を上から俯瞰して見ている感じです。だから、逆算しながら準備ができます。例えば、現在2月でも、先に1年間の休みを先に決めておけば、予定が立てられるようになります。このようにカレンダーや予定表を上から見る訓練ができると、今までに何を準備しないといけない!〇〇までに仕事を終わらせえないといけないことがわかり、仕事が予定より早く終われば、自由に遊ぶことができます。

しかし、このようなカレンダーや、予定表の見方ができる人は意外と少ないです。多分、お金の使い方も影響すると思います。貯金が出来る人の思考も、このように考えていると思います。でないと、買う予定のないモノを衝動買いしていたら、いつまで経ってもお金は溜めることはできないと思います。

目の前のことに終われてしまう

僕からすると「目の前のことに追われないで、自分の視点を上から見たら良いよ!」とアドバイスするのですが、素直に聴いてくれる方は少なく「そんな暇はない!」と、いつも怒られます。だから、忙しいのだと思うのですが、なかなか視点を変えてみることは難しいと思います。

僕は、なるべくこのような方と一緒にいないようにしています。
なぜなら海外旅行に一緒に行けないからです。
海外旅行に行けない人の言い訳は「時間とお金が出来たら、行く!」です。
しかしそのためには、カレンダーや予定を上から俯瞰してみる努力をすることが大事になります。そうしないと、なかなかお金も時間も生まれません。思い切ってスケジュールを空けるべきです。

しかし、なかなか目の前のことに追われている人は、先のスケジュールを空けることを嫌がります。なぜなら「空けたスケジュールに、新たな予定が入ってくるかもしれないから」です。自分のスケジュール管理が、日めくりカレンダーになっていないか?注意がいります。

だから、いつもギリギリにならないと、予定が決まらないわけです。しかもそれが、何らかの役のリーダーだったら、周りは本当に困ってしまいます。

「7つの習慣」を知らなかったら

きっと自分がおかしいと思うと思います。なぜなら、カレンダーや、予定表を上から俯瞰して考える方が少ないからです。だから少しでも、カレンダーや、予定表を上から俯瞰して考える方を増やしたいわけです。

そうしないと、予定もギリギリにならないと決まらないので、その間 先約がどんどん入って来て、結果的に僕だけ参加できないことは、多々あります。予定やカレンダーが上から俯瞰して見られる方が増え欲しい理由です。

なぜ予定を決めることができないのか?
それは予定を断ることに躊躇してしまうからです。先に予定を入れて「その日は、先約があって!」と言えばよいのです。もし日程が被れば、断ればよいし、先約の日程変更も可能かもしれません。ただ僕は先約を優先するようにしていますので、よっぽどの重大なこと以外、後から入ってきた予定を断るルールにしています。

どうしても予定を先に決められない人は、相手に悪いという気持ちが先になるので、なかなか決めきれないと思います。結果的に、それは主体性がないということになります。

「7つの習慣」を学んでいれば、忙しいから予定が立てられないのではなく、予定が立てられないから、目の前のことに追われていることになるのです。

そう考えると、夢や目標を持つことの大事さがわかると思います。夢や、目標を持てば、それを優先するようになるのです。しかし夢や目標がなければ、目の前のことに追われてしまい、日々没頭してしまうのかもしれません。

ぜひカレンダーや予定表を、上から俯瞰してみることを意識して頂きたいと思います。

今日は、ここまでです。
最後まで、読んで頂いて、ありがとうございました。
このブログは、長男の空手の練習に付き合っているために毎日23時に更新しています。
毎日1,000文字を目標に書いています。

良かったら、また読みに来てください。
僕のブログが、仕事や、生活に何か?お役に立てたら幸いです。
また読んで頂いて感想や、コメントを頂けると嬉しいです。
下記のコメント欄を使って、お気軽にコメントや感想を送ってみて下さい。

隊長こと、写真の松屋(福岡県うきは市)メインカメラマン 松尾 勝彦でした。

9月25日(日)20時からclubhouseで配信

毎月第2と、第4日曜日の20時からclubhouseで 未来への種まきroomを開催しています。

このroomは「7つの習慣」の意識しながら生活していくことで配信しています。そして「7つの習慣」のことを、多くの方にしってもらい、自分の人生を快適に過ごしてもらいたいと思っています。このroomで一緒に発信してもらっているのは、静岡県裾野市のファイナンシャルプランナーお金の設計事務所 創現舎(そうげんしゃ)の真田さんと、愛知県安城市のきもの和楽 かね宗の三代目こと石川さん、北海道札幌市のブランドデザインオフィス KABAK’s(カバックス)の椛本さんです。このメンバーは現在 僕の人生の師匠 小阪裕司氏が主宰されているワクワク系マーケティング実践会で学び合っています。このroomの開催時間は約60分。子育ての話や、子供たちに身につけて欲しい良い習慣(片付け・貯金・勉強など)のお話ししています。子供たちに良い習慣を身に付けてもらえれば、子育てが楽になると考えています。

現在、チャレンジとして貯金ができない3代目が、貯金の習慣を身に付けようと頑張っています。目標貯金額は100万円。「7つの習慣」のお話は、子育て中の方に聞いて頂きたいお話しです。お時間があれば聞きに来てみてください。その際「完訳・7つの習慣」の本を持ってこられると、より分かりやすく聞けると思います。

振り返りシートのダウンロード

このroomは、2週間に1回のペースで行っています。その理由は、何か?始めて習慣にする際に、2週間のペースが丁度良いと思ったからです。未来への種まきroomで、話を聞く際に、振り返りシートを事前にダウンロードされておかれることをおススメします。ダウンロードは、こちらです。

僕らの話を聞きながら
①今日の気付き
②未来のゴール(終わりを思い描く)
③未来へのチャレンジ(主体的に、最優先事項を優先する)

をまとめられて、翌日からの実践のお役に立てればと思います。最初は小さな1歩ですが、コツコツ続けることで習慣になり、人生が好転できると思います。一緒に頑張りましょう!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。