隊長です!

僕の仕事は、写真を撮るカメラマンです。写真を撮ることが主な仕事ですが、パソコンを使って写真の加工もします。写真の加工の中でも、写真の修正もします。

僕が若い時の修正は、今のようにパソコンを使っての修正ではなく、フイルム(ネガ)に鉛筆を細く削って書いていました。その際に、学んだことは「修正は、自然に見えることが大事。修正をしました!とわかる写真は下手な写真だ!」と先輩から学びました。

最初に教わった言葉なので、大事にしています。
だからキレイに修正をしても、ほとんど褒められることはありません。なぜなら修正したことがわからないようにしているからです。ただプロはわかります。その理由は、素人目にはわかりにくいのですが、肌の光と影のつながりが、不自然なのにきれいだからです。

ただどんなにキレイに修正をしても、特に肌なのですが、修正をすればするほどふっくら太って(肌がパンパンになる)見えてしまいます。なので、しわを無くして修正をする場合、それと同じように肌の輪郭を削る修正をしないと、肌は綺麗になっても、太ってみえます。

修正加工をして思うことは

修正の技術は、思いやりに似ていると思っています。
その理由は、相手にわからないようにしてあげることです。思いやりも、相手にわかるような思いやりは、押しつけがましく感じがします。なので、写真の修正を加工も、したのか?してないのか?わからないくらいが良いと思います。

ただ僕はなるべくなら修正をしないで、なるべくノーマルの状態で大事にすることをおススメしたいと思っています。もしかしたら時代に逆らっている考え方かもしれません。

例えると、自分の写真を見て、体型を細くしてほしい!と言われた場合、できればダイエットしてから写真を残して欲しいと思っています。なぜなら、写真で加工することは、簡単です。でも、現実は何も変わっていないわけです。もしその写真を他人が見て、修正に気付いたとしたら、どんな気持ちになるのかな?と思ったりします。自分で努力して写真を残してみることをすると、きっと自信が付くと思うのです。

写真を見るたびに、勇気が湧くようなそんな写真を撮りたい!と思っています。

片付けできたら、お家で家族写真

僕がまだ撮ったことの無い写真で「片付けできたら、お家で家族写真」という撮影メニューがあります。この撮影は、片付けができないご自宅を約1年間かけて家族みんなで片付けをしてもらいます。そして、片付いたお家で家族写真を撮る企画です。

この企画の発想も元々は、僕の写真の修正の話に通じるモノがあります。
実は、片付けができない家族は、いつもイライラしています。言葉使いも荒いと思います。でも家族が片付けに目覚めて片付けしていくと、どんどんお家の雰囲気が変わって行くと思います。そんな家族写真を撮りたいと思っています。その際、同じお部屋で片付けの出ない時(before)と片付いた後(after)で撮った家族写真を見比べて欲しいと思うのです。そうすると、1年間の変化が写真を見るたびに思い出されると思うのです。

家族で一致団結して片付けたお部屋で家族写真を撮る!多分、すごい宝物になると思うのです。モノがたくさんで人がひとり入るだけでギューギューだったお部屋で家族写真が撮れたら、すごいと思いませんか?その写真をリビングに飾って、家族の変化をリビングに遊びに来た知人に語りたくなると思います。

しかしそもそもお家が片付くまで、知人をリビングどころか?お家に上げることさえできなかったわけですから、知人も驚くと思います。こんな写真を撮ってみたいわけです。

詳細については、次回にブログで書いてみたいと思います。

今日は、ここまでです。
最後まで、読んで頂いて、ありがとうございました。
このブログは、長男の空手の練習に付き合っているために毎日23時に更新しています。
毎日1,000文字を目標に書いています。

良かったら、また読みに来てください。
僕のブログが、仕事や、生活に何か?お役に立てたら幸いです。
また読んで頂いて感想や、コメントを頂けると嬉しいです。
下記のコメント欄を使って、お気軽にコメントや感想を送ってみて下さい。

隊長こと、写真の松屋(福岡県うきは市)メインカメラマン 松尾 勝彦でした。

6月12日(日)20時からclubhouseで配信

毎月第2と、第4日曜日の20時からclubhouseで 未来への種まきroomを開催しています。

このroomは「7つの習慣」の意識しながら生活していくことで配信しています。そして「7つの習慣」のことを、多くの方にしってもらい、自分の人生を快適に過ごしてもらいたいと思っています。このroomで一緒に発信してもらっているのは、静岡県裾野市のファイナンシャルプランナーお金の設計事務所 創現舎(そうげんしゃ)の真田さんと、愛知県安城市のきもの和楽 かね宗の三代目こと石川さん、北海道札幌市のブランドデザインオフィス KABAK’s(カバックス)の椛本さんです。このメンバーは現在 僕の人生の師匠 小阪裕司氏が主宰されているワクワク系マーケティング実践会で学び合っています。このroomの開催時間は約60分。子育ての話や、子供たちに身につけて欲しい良い習慣(片付け・貯金・勉強など)のお話ししています。子供たちに良い習慣を身に付けてもらえれば、子育てが楽になると考えています。

現在、チャレンジとして貯金ができない3代目が、貯金の習慣を身に付けようと頑張っています。目標貯金額は100万円。「7つの習慣」のお話は、子育て中の方に聞いて頂きたいお話しです。お時間があれば聞きに来てみてください。その際「完訳・7つの習慣」の本を持ってこられると、より分かりやすく聞けると思います。

振り返りシートのダウンロード

このroomは、2週間に1回のペースで行っています。その理由は、何か?始めて習慣にする際に、2週間のペースが丁度良いと思ったからです。未来への種まきroomで、話を聞く際に、振り返りシートを事前にダウンロードされておかれることをおススメします。ダウンロードは、こちらです。

僕らの話を聞きながら
①今日の気付き
②未来のゴール(終わりを思い描く)
③未来へのチャレンジ(主体的に、最優先事項を優先する)

をまとめられて、翌日からの実践のお役に立てればと思います。最初は小さな1歩ですが、コツコツ続けることで習慣になり、人生が好転できると思います。一緒に頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。