隊長です!

現在、5歳の長男に、3歳から空手をさせています。
空手を学ばせたい!と思った理由は
①落ち着いた子に育ってほしい
②精神力を付けてほしい
③ケンカに対して、ひるまない子であってほしい
④人生の師になる方を早く見つけてほしい

⑤痛みがわかる子になってほしい
⑥集中力を持った子になってほしい
⑦挨拶ができる子になってほしい
⑧上下関係のある交友を持ってほしい
⑨ケンカをしなくなる
⑩いじめに合ったとしても、負けない心を作る

このような理由がありました。

実際、空手を学ばせてみて、これらの要素が自然と身に付いて来ます。無理にやらせなくても自然に身に付いてくれます。この理由のわけは、僕の幼少期の過ごし方に、すごく影響しています。

①落ち着いた子に育ってほしい理由は?
僕が幼少期から落ち着きがなく、よく注意をされていたこと。幼少期に落ち着きのある子の方が勉強できるため。

②精神力を付けてほしい理由は?
変化の速い世の中で、変化に耐えられる人財になるためには、心を強くする必要があると思っているから。しかし、今の現代社会において、便利に練ればなるほど精神を鍛える場所や機会はない。幼少期に心を鍛える機会を与えないと、大人になって精神的ストレスを感じてしまうと、病んでしまう可能性があるから。

③ケンカに対して、ひるまない子であってほしい理由は?
けしてケンカをしてほしいわけではありませんが、男には、人生何度か?立ち向かわないといけない場面があり、その際に後ろに下がらず、対応できる心が必要になるから。

④人生の師になる方を早く見つけてほしい理由は?
人生の成功者の多くには師になる方がいます。早く師を見つけることが人生で成功しやすいわけです。そもそも子供は、親の言うことは聞かないと思っています。だったら、早く人生の師を見つけてあげることが大事だと思います。人生の師を見つける基準として、自分に厳しい人が良い、すなわち自分を律する方を探していました。

⑤痛みがわかる子になってほしい
長男が学んでいる空手は、実際に殴り合います。そのため、痛いです。しかし、この痛さを耐えることで、痛さがわかる子になり、すなわち空手の練習以外では、手を出すことをしないと思っています。

⑥集中力を持った子になってほしい
勉強ができる子のなる前に、集中力を付けることが大事だと思います。幼少期、全然 集中力がありませんでしたが、大人になり集中力を身に付けるようになりました。そして思ったことは、集中力を身に付けることで、たくさん良い面があることがわかります。特に、仕事が早くなります。集中力のスイッチに必要なのは、緊張感。空手は、危険なので緊張感があり、集中しやすいと思います。

⑦挨拶ができる子になってほしい
僕は子供の頃から人見知りで、とても恥ずかしがり屋でした。だから、なるべく挨拶をしないで良いように、隠れるようにすれ違っていました。長男には、なるべくそのようになってほしくないと思い、空手をすることで、礼儀礼節を自然に学んでくれればと思っていました。挨拶も先生の指導によって、僕の幼少期の頃と比べても、よくできています。気軽にいろんな人に声を掛けられる長男を見ていて、羨ましく思います。

⑧上下の人間関係を作ってほしい
スポーツをやっていないと、なかなか上下の人間関係は作ることが難しいです。特に、長男の場合、ひとり子なので、先輩が近くにいることは、とても大事です。誰かの背中を見て、真似てみることはとても大事です。笑い話のような話で、初めて見る自転車が落ちていたとします。誰も乗っていなければ、誰も拾おうともしません。しかしお兄ちゃんたちがかっこよく自転車に乗っていれば、お兄ちゃんたちを真似しようとします。早いうちに、上下関係を作っておくことは、大事だと思います。

⑨ケンカをしなくなる
日々、空手の練習をしていると、もしケンカになったとしても、避けることが可能です。また構えた瞬間の間合いで、相手も手を出せなくなると思います。

⑩いじめに合ったとしても、負けない心を作る

もしいじめに合ったとしても、普段から心を鍛えることで、気持ちが負けないでいてくれると思います。もしいじめに合って学校に行けなくなっても、居場所として道場があってくれたらと思います。

このようなことを考え、2年間、道場に通っていますが、想像以上の成果が得られています。本当に道場の先生には感謝いたします。

そして、もっとすごいことを学んでいることに気付きました。その話は、次回書いてみたいと思います。

今日は、ここまでです。
登山の続きは、

最後まで、読んで頂いて、ありがとうございました。
このブログは、長男の空手の練習に付き合っているために毎日23時に更新しています。
毎日1,000文字を目標に書いています。

良かったら、また読みに来てください。
もし気に入って頂けたら、ブックマークを付けてもらえると嬉しいです。
僕のブログが、仕事や、生活に何か?お役に立てたら幸いです。
また読んで頂いて感想や、コメントを頂けると嬉しいです。
下記のコメント欄を使って、お気軽にコメントや感想を送ってみて下さい。

隊長こと、写真の松屋(福岡県うきは市)メインカメラマン 松尾 勝彦でした。

6月12日(日)20時からclubhouseで配信

毎月第2と、第4日曜日の20時からclubhouseで 未来への種まきroomを開催しています。

このroomは「7つの習慣」の意識しながら生活していくことで配信しています。そして「7つの習慣」のことを、多くの方にしってもらい、自分の人生を快適に過ごしてもらいたいと思っています。このroomで一緒に発信してもらっているのは、静岡県裾野市のファイナンシャルプランナーお金の設計事務所 創現舎(そうげんしゃ)の真田さんと、愛知県安城市のきもの和楽 かね宗の三代目こと石川さん、北海道札幌市のブランドデザインオフィス KABAK’s(カバックス)の椛本さんです。このメンバーは現在 僕の人生の師匠 小阪裕司氏が主宰されているワクワク系マーケティング実践会で学び合っています。このroomの開催時間は約60分。子育ての話や、子供たちに身につけて欲しい良い習慣(片付け・貯金・勉強など)のお話ししています。子供たちに良い習慣を身に付けてもらえれば、子育てが楽になると考えています。

現在、チャレンジとして貯金ができない3代目が、貯金の習慣を身に付けようと頑張っています。目標貯金額は100万円。「7つの習慣」のお話は、子育て中の方に聞いて頂きたいお話しです。お時間があれば聞きに来てみてください。その際「完訳・7つの習慣」の本を持ってこられると、より分かりやすく聞けると思います。

振り返りシートのダウンロード

このroomは、2週間に1回のペースで行っています。その理由は、何か?始めて習慣にする際に、2週間のペースが丁度良いと思ったからです。未来への種まきroomで、話を聞く際に、振り返りシートを事前にダウンロードされておかれることをおススメします。ダウンロードは、こちらです。

僕らの話を聞きながら
①今日の気付き
②未来のゴール(終わりを思い描く)
③未来へのチャレンジ(主体的に、最優先事項を優先する)

をまとめられて、翌日からの実践のお役に立てればと思います。最初は小さな1歩ですが、コツコツ続けることで習慣になり、人生が好転できると思います。一緒に頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。