空手:神武会
考え方|幼少期に空手をさせるメリット②

「7つの習慣」の本は、アメリカの過去200年の成功者の共通する習慣を書かれ本です。この本の成功とは、他人との良い人間関係を作ることです。1人ではできないことを、他人と協力することで、大きな力(シナジー)を産みだすことを目指しています。そのためには、まず自立をすることです。幼少期の子供たちは、よく人のせいにします。これは、まだ自立ができていない証拠になります。うちの子も、よく人のせいにします。「パパのせい!」「ママのせい!」「○○だったから!」など、よく言っています。

続きを読む
空手:神武会
考え方|幼少期に空手をさせるメリット①

隊長です! 現在、5歳の長男に、3歳から空手をさせています。空手を学ばせたい!と思った理由は①落ち着いた子に育ってほしい②精神力を付けてほしい③ケンカに対して、ひるまない子であってほしい④人生の師になる方を早く見つけてほ […]

続きを読む
空手:神武会
日記|初めての合同練習に参加

昨日は、長男が通う空手道場(神武会しんぶかい・山春)と、同じ浮羽町で行われている空手道場(拳栄会館うきは支部徳永道場・山春)の合同練習の日でした。見学者の親も合わせれば総勢80名の練習。圧巻でした!この合同練習は、最近行われていなくてコロナこともあり、久しぶりの開催。相手道場での練習(山春・大春トリムパーク体育館)での練習で、緊張感もあり、良い練習ができたと思います。

続きを読む
空手:神武会
考え方|将来のためにタネを蒔く

長男(らいと)は、もうすぐ年長さんになります。本当に子供の成長は早いと聞いていましたが、アッという間ですね!僕は、仕事柄、いろんな年代のお客様と接することがあり、いろんなことを教えてもらっています。例えば、成人式のお嬢さんの親御さんから「アッという間の20年でした!」と多くの方から言われるので、子供が生まれたら時間が経つのが遅く感じるものを始めた方が良いと思っていました。

続きを読む
空手:神武会
西日本新聞|2022年1月17日 筑後版:うきは市 空手道場「神武会(しんぶかい)」

今朝の西日本新聞:筑後版に長男(5歳)がお世話になっている空手道場:神武会(しんぶかい:うきは市浮羽町山春)のことが掲載されていました。記事には①全国大会に6名出場すること②今年1月9日に行われた寒稽古のこと これらのことが掲載されてあります。長男が3歳の時から通っていて、2年間練習を見せてもらっていますが、子供たちみんな確実に強くなっています

続きを読む
空手:神武会
子育て|子どもから学ぶことがたくさん

本日も長男の空手の練習に同行していました。部員も随分増えてきました。頼もしい限りです。同じ価値観の親御さんが増えられることを嬉しく思います。これからの時代は、特に男の子の場合「やさしさと、同等にたくましさ!」が必要になる時代だと思います。子供たちの練習を見ていると、こちらの僕たち大人もしっかりしないといけない!と気が引き締まります。

続きを読む
子育て観
子育て|空手を学ばせてみて

長男に空手を学ばせてみて、1年半になります。3歳から学ばせてみて、現在5歳。本当に良かった!と思っています。空手を学ばせてみて良かったことは、前回のブログに書きましたので、良かったら参考にしてみて下さい。今回は空手道場に父兄の立場から通ってみて感じたことを書いてみたいと思います。ほとんど毎回、道場に通っていると子供たちの成長のいろんなことがわかってきます。お子さんの習

続きを読む