隊長です!

自己開示シリーズの第6問目は「小さな頃に思い描いていた夢は何ですか?」です。
この自己開示の質問は、一緒にclubhouseを行っている真田さんから与えられた25の質問のお答えしています。

僕は、小さい頃に何になりたい!と自分の意志で思ったことは、記憶にないのです。

10歳の時に、父親から「写真屋になれ!」と言われて、写真屋になったわけです。
特別、写真屋の仕事が好きでも、嫌いでもなかったと思います。
ただ親の仕事のあとを採ることと、親の言うことは素直に聞くものと思っていましたので、何も抵抗なく写真屋になることを決意しました。

高校時代に、唯一なりたいものとして、証券会社の株を売買するバイヤーさんになりたいと思いました。当時は、バブル期絶好調で、テレビのニュースで脚光を浴びてました。当時、テレビを見ていて「かっこいいなぁ~!」「あ~いう仕事をやってみたいなぁ~!」と憧れを持っていました。ただ、あの仕事をするためには、もっと勉強しないとなれないのだろなぁ~!と思っていました。

19歳で夢が叶う

高校を卒業すると、東京の写真の専門学校に行きました。
この段階で、もう自分の夢は達成することになります。
あとは、親の引いてくれた線路に乗っていれば、安泰なんだろうなぁ~!と思いました。

全く将来のことなど、考えないで、日々を過ごしていました。
東京での2年間、ほとんどバイトをしてi

ました。
お金を稼ぐことが正しい!と思っていました。

他の友達は、飲みに行ったり、カラオケに行ったりしていましたので、それが当たり前だと思っていました。

だから、今考えると、すごく勿体ない時間を過ごしていたと思います。

もし戻れるならば、高校時代まで時間を巻き戻したい!と思います。

時間を撒き戻せるなら・・・・・

高校時代まで戻ってみたいです。

何をするのか?高校の時に、将来に向けた人生プランを考えるべきだった!と思っています。そもそも僕は、高校時代「何のために高校に行くのか?」理解していませんでした。
と、いうのも、そもそも高校を卒業すれば写真の専門学校に行くわけなので、何のために普通科の勉強をするのか?理解できなかったからです。将来、必要としないことをするために、勉強に苦しんでいるわけです。

もし戻れるなら、将来を語ってくれる大人に出会いたかった!と思います。
できれば広い視野を持った大人です。

①夢の持ち方
②大学時代の過ごし方
③仕事の選び方

このようなことを教えてくれる大人に出会っていたら、きっと大学時代の過ごし方が変わっていた!と思います。

できれば、専門学校に行っていた時期に、海外の行ける人になっていたかった!
そのために、バイトをするのでしたら、全然OKです。

しかし、当時は何も目標を持っていません。写真屋になる夢は専門学校に行くことで叶ったのです。きっと目標が明確になっていたら浪費もしなかったと思います。

時代が変わっても・・・・・

仕事柄、成人式の撮影で20歳の方にお会いする機会はありますが、明確な夢を持っている方にお会いすることは少ないです。なんとなくバイトをしている方が多い気がします。

それを聞くと、僕が東京にいた30年前と、何も変わっていない気がします。

だから、長男には中学生になったくらいから、世の中の話をしてあげたい!と思っています。

使う教材は、映画と家族旅行です。
映画を題材にしながら、人生の大切なことや、旅行をすることで世界の広さを体感させたいと思います。そうしないと、なかなか勉強をする意味が分からないと思います。

洋画を見ることで、英語が話せることの意味が分かると思いまし、旅行に行くことで、世界が広いことや、いろんな文化があることを体験することで、興味が湧いてくれれば、自然と勉強をしたくなるのではないか?

そして大事なことは、人は描いた通りの人生になるということを教え、どんな風になりたいのか?イメージを持つ訓練を少しずつさせてあげたいと思います。

10代の子供たちの視野を広げることができる役をやってみたいと思います。

今日は、ここまでです。

最後まで、読んで頂いて、ありがとうございました。
このブログは、長男の空手の練習に付き合っているために毎日23時に更新しています。
毎日1,000文字を目標に書いています。

良かったら、また読みに来てください。
もし気に入って頂けたら、ブックマークを付けてもらえると嬉しいです。
僕のブログが、仕事や、生活に何か?お役に立てたら幸いです。
また読んで頂いて感想や、コメントを頂けると嬉しいです。
下記のコメント欄を使って、お気軽にコメントや感想を送ってみて下さい。

隊長こと、写真の松屋(福岡県うきは市)メインカメラマン 松尾 勝彦でした。

6月26日(日)20時からclubhouseで配信

毎月第2と、第4日曜日の20時からclubhouseで 未来への種まきroomを開催しています。

このroomは「7つの習慣」の意識しながら生活していくことで配信しています。そして「7つの習慣」のことを、多くの方にしってもらい、自分の人生を快適に過ごしてもらいたいと思っています。このroomで一緒に発信してもらっているのは、静岡県裾野市のファイナンシャルプランナーお金の設計事務所 創現舎(そうげんしゃ)の真田さんと、愛知県安城市のきもの和楽 かね宗の三代目こと石川さん、北海道札幌市のブランドデザインオフィス KABAK’s(カバックス)の椛本さんです。このメンバーは現在 僕の人生の師匠 小阪裕司氏が主宰されているワクワク系マーケティング実践会で学び合っています。このroomの開催時間は約60分。子育ての話や、子供たちに身につけて欲しい良い習慣(片付け・貯金・勉強など)のお話ししています。子供たちに良い習慣を身に付けてもらえれば、子育てが楽になると考えています。

現在、チャレンジとして貯金ができない3代目が、貯金の習慣を身に付けようと頑張っています。目標貯金額は100万円。「7つの習慣」のお話は、子育て中の方に聞いて頂きたいお話しです。お時間があれば聞きに来てみてください。その際「完訳・7つの習慣」の本を持ってこられると、より分かりやすく聞けると思います。

振り返りシートのダウンロード

このroomは、2週間に1回のペースで行っています。その理由は、何か?始めて習慣にする際に、2週間のペースが丁度良いと思ったからです。未来への種まきroomで、話を聞く際に、振り返りシートを事前にダウンロードされておかれることをおススメします。ダウンロードは、こちらです。

僕らの話を聞きながら
①今日の気付き
②未来のゴール(終わりを思い描く)
③未来へのチャレンジ(主体的に、最優先事項を優先する)

をまとめられて、翌日からの実践のお役に立てればと思います。最初は小さな1歩ですが、コツコツ続けることで習慣になり、人生が好転できると思います。一緒に頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。