隊長です!

前回のブログで、目に見えない大事なことの話で、自立の話を書いてみました。
自立をさせるためには、依存から卒業をさせることが大事なのですが、その際に意識しておきたいことが、過保護にしないことです。

知らず知らずのうちに、過保護になってしまうことになりますので、大人は過保護の意識持った方が良いと思っています。過保護に接したつもりはないのに、結果 子供やスタッフさんも依存型になってしまうことは多いと思います。10代までには 、自立についての話を、親子で共有しておくことは大事だと思います。

特に、忙しいからと言って、手を出してしまうこと!

若いうちに、自立型になっているのか?そうでないのか?は、とても大きいと思います。
そのためにも10歳前までの子育ては大事だと思います。

キーワードは、自己肯定感
自己肯定感も、目に見えない大事なことです。

僕は幼少期に自己肯定感を大事に育ててあげるか?が重要だと思っています。
僕が意識しているのは、子供(スタッフさん)の心のコップの水を満たせてあげていることです。

しかし心のコップの水を満たしてあげることを意識してしまうと、過保護にしたり、甘やかせてしまうと、逆効果になる恐れもあり、このあたりのバランスを常に考えていることが、大事ではないか?と思います。

自己肯定感を高めるために・・・・

困難を乗り越えることが大事だと思います。

ちょっとした成功体験を積み重ねていくこと。
そうすることで、だんだん「自分はできる!」「今度、こんな風にしてみたい!」「なぜ失敗したのだろう?どんな勉強をしたら、失敗をしないのだろう?」と、失敗をしても前向きに考えだすことが、結果 自信や自立につながると思います。

恥ずかしながら僕自体、35歳の時に人生の師匠に出会うまで、自信の持てない人でした。でも、この経験が後になって役に立ちます。できなかったので、できない人の気持ちもわかるし、できるようになるプロセスがわかるのです。

そんな僕が師匠の側で学んでいきながら、少しずつ自信が持てるようになります。そのプロセスを経験していることは、とてもよかったと思います。

よく自信が持てない方がいた場合、多くの人がアドバイスしてしまうのが
「もっと自信を持て!」という言葉です。
自信がないので困っているのに「もっと自信を持て!」と言われても、元々 自信が持てないに困っているのに、さらに困るわけです。

実際、人生の師匠にされたことは
①失敗を責められなかったこと
②次回、どんな工夫をするのか?考える質問をされる
③行動して失敗しても、その中から良かった点を見つける
④前回できなかったことが、できるようになる

このような指導をされてきたのです。
おかげで、少しずつ自信を育てることができたわけです。

この経験をしているので、我が子には、最初から失敗をせずに、とんとん拍子に成長してほしいとは思っていません。挫折を経験しながら、一緒に乗り越える体験ができればよいと思っています。

この際に、過保護になってしまえば、意味がなくなりますので、その塩梅を、その人のタイプに合わせる必要があります。兄弟や、姉妹だからと言っても、タイプが同じではないのです。

今日は、ここまでです。

最後まで、読んで頂いて、ありがとうございました。
このブログは、長男の空手の練習に付き合っているために毎日23時に更新しています。
毎日1,000文字を目標に書いています。

良かったら、また読みに来てください。
もし気に入って頂けたら、ブックマークを付けてもらえると嬉しいです。
僕のブログが、仕事や、生活に何か?お役に立てたら幸いです。
また読んで頂いて感想や、コメントを頂けると嬉しいです。
下記のコメント欄を使って、お気軽にコメントや感想を送ってみて下さい。

隊長こと、写真の松屋(福岡県うきは市)メインカメラマン 松尾 勝彦でした。

片付けレッスンをやっています!

ココナラで、片付けレッスンを行っています。
60分で3,000円です。

僕の片付けレッスンを受けてみたい方がいらっしゃたら、ぜひココナラからお申し込み下さい。

ココナラの良いところは、
①ご来店されなくて良いこと
②距離の離れたお客様もサポートできること
③金銭のやり取りがスムーズなこと
これらがあります。

詳しくは、こちらを御覧ください!

11月13日(日)20時からclubhouseで配信

毎月第2と、第4日曜日の20時からclubhouseで 未来への種まきroomを開催しています。

このroomは「7つの習慣」の意識しながら生活していくことで配信しています。そして「7つの習慣」のことを、多くの方にしってもらい、自分の人生を快適に過ごしてもらいたいと思っています。このroomで一緒に発信してもらっているのは、静岡県裾野市のファイナンシャルプランナーお金の設計事務所 創現舎(そうげんしゃ)の真田さんと、愛知県安城市のきもの和楽 かね宗の三代目こと石川さん、北海道札幌市のブランドデザインオフィス KABAK’s(カバックス)の椛本さんです。このメンバーは現在 僕の人生の師匠 小阪裕司氏が主宰されているワクワク系マーケティング実践会で学び合っています。このroomの開催時間は約60分。子育ての話や、子供たちに身につけて欲しい良い習慣(片付け・貯金・勉強など)のお話ししています。子供たちに良い習慣を身に付けてもらえれば、子育てが楽になると考えています。

現在、チャレンジとして貯金ができない3代目が、貯金の習慣を身に付けようと頑張っています。目標貯金額は100万円。「7つの習慣」のお話は、子育て中の方に聞いて頂きたいお話しです。お時間があれば聞きに来てみてください。その際「完訳・7つの習慣」の本を持ってこられると、より分かりやすく聞けると思います。

振り返りシートのダウンロード

このroomは、2週間に1回のペースで行っています。その理由は、何か?始めて習慣にする際に、2週間のペースが丁度良いと思ったからです。未来への種まきroomで、話を聞く際に、振り返りシートを事前にダウンロードされておかれることをおススメします。ダウンロードは、こちらです。

僕らの話を聞きながら
①今日の気付き
②未来のゴール(終わりを思い描く)
③未来へのチャレンジ(主体的に、最優先事項を優先する)

をまとめられて、翌日からの実践のお役に立てればと思います。最初は小さな1歩ですが、コツコツ続けることで習慣になり、人生が好転できると思います。一緒に頑張りましょう!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です