子育て|良い環境が人を作る

隊長です!

最近嬉しいのが、長男の通う「空手道場」に僕の仕事(写真館)のお客様に薦めて入会された親御さんから、口々に「入部して良かった!」と言われます。子供たちが、環境によってどんどん変わることがわかります。

僕は幼少期から、落ち着きがなく、親や先生から「落ち着きなさい!」「じっとしなさい!」と言われていました。小学校の6年生まで通信簿に「落ち着きがない!」と書かれていたくらいでした。この件もあって、子供が生まれたら落ち着いた子に育てたい!という気持ちが強かったです。そして、どうしたら落ち着いた子に育てることができるのか?ずっと考えていました。一番良いのは、お寺で行う座禅かもしれません。

落ち着いた子に育てると成績が良くなる

小学校にいる間、親や先生からずっと「落ち着きなさい!」「じっとしていなさい!」と言われていたことで、「どうやったら、じっとできるのか?」が疑問でした。周りを見ていると、頭の良い子ほど、落ち着いていることがわかります。その子たちを見ていると、すごく羨ましく感じていました。

今思えば、なぜ落ち着きがなかったのか?どうやれば落ち着くのか?この歳(51才)になれば、少しわかってきます。僕の場合、若干「頭の回転が速い!」と思います。

ただ頭の回転が速いので
①いろんな刺激に反応する
②前にやっていたことを忘れる
③忘れ物が多い

など、起こります。

これらを防ぐためには「片付け」ができたお部屋で何もない状態を作ることが大事だと気付きます。何もないと、反応しないので、集中ができます。ただ忘れ物などの症状は、時代の変化で対応できるようになりました。それは、パソコンとスマホです。

パソコンと、スマホのおかげで、書類を忘れたとしても、クラウド上に上げていれば、移動先でも、プリントアウトできたりします。昔より、ぐっと忘れ物数はかなり減ったと思います。何よりパソコンや、スマホによって、すごく助かっていると思います。

道場に通うことで、子供たちが落ち着く

道場を薦めたお客様になかには、赤ちゃんの頃から知っているお子さんがいます。その中には、僕の幼少期と同じように、落ち着きのない子もいらっしゃいました。その子が道場に通い始めた際に、その子を見ていると じっとしていることが辛いそうです。

「 正直、1年間は辛いだろうな!」と思いました。
入会当初は、道場の先生から「動くな!」「じっとしておけ!」「手を動かさない!」と言われていました。道場の先生も「鍛えがいがある!」と言っていましたが、入部1ヶ月もすると、道場の先生から注意されなくなってきました。

そのことを、親御さんに報告すると「ホントですか?信じられないな!家では以前と変わらないのですよ!」と言われていましたが、昨日(入部して4ヶ月)親御さんから「我が子を見ていて、最近変わって来ていることを感じます!」と言われました。とても嬉しく思いました。

道場の環境は、落ち着く

そもそも空手道場は、道場なので空手に使う道具以外、何もありません。そのため刺激を受けて反応しに環境です。また道場の先生も、普段は優しいのですが、道場では厳しいので、子供たちも道場で過ごす時間が長くなると、自然に道場の環境(ルール)に慣れてきて、じっとするようになって来ます。

道場に通ってなかったら・・・・・・

きっとお子さんの自己肯定感を下げていたと思います。なぜなら、道場に通っていなかったら、お家で過ごす時間が長くて、怒られる機会が多くなるからです。

うちの道場は練習時間(19時~21時30分)が長く、週3回もあります。最初、道場に通う前に練習時間を聞いた際に「そこまでしなくても・・・!」と思いましたが、道場に通い始めると週3回の意味も、練習時間の意味も分かります。週3回にしないと、なかなか習慣にならないことを理解しました。

親にもメリットがあります。それは週3回×2時間30分=7時間30分。平日に子供のいない時間ができることです。仕事が終わって、家に帰宅した際に、子供たちがいなかったら、お家の中はとても静かだと思います。騒がしくてイライラすることもありません。 「宿題したの!」「うるさい!」「ケンカしないで!」「早くお風呂に入りなさい!」と言わないで良いので、親も穏やかに過ごせると思います。 子供たちがいないので、ゆっくりできるし、普段できないことができると思います。ゆっくり時間を使えるわけです。

その時間、道場では子供たちは
①精神力が付く(我慢強くなる)
②礼儀正しくなる
③先輩との上下関係を学ぶ
④激しいスポーツなので集中力が付く
⑤体力が付く
⑥落ち着いた子になる
⑦ケンカをしなくなる

などのたくさんのメリットがあるわけです。

子供たちに、早い段階で良い環境に入れられることをおススメします。
そうすれば、みんなが良い循環になれると思います。

嫁からは「空手のことばかり営業しないで、写真館のことを営業しなさい!」と言われることがありますが、これらのことに気付いて頂ける親御さんを増やすために、今後も続けたいと思っています。

今日は、ここまでです。
最後まで、読んで頂いて、ありがとうございました。
長男の空手の練習に付き合っているために毎日23時に更新しています。
良かったら、また読みに来てください。

僕のブログが、仕事や、生活に何か?お役に立てたら幸いです。
また読んで頂いて感想や、コメントを頂けると嬉しいです。
下記のコメント欄を使って、お気軽にコメントや感想を送ってみて下さい。

隊長こと、写真の松屋(福岡県うきは市)メインカメラマン 松尾 勝彦でした。

【お知らせ】11月14日(日)20時からclubhouseで配信

毎月第2と、第4日曜日の20時からclubhouseで 未来への種まきroomを開催しています。

このroomは「7つの習慣」の意識しながら生活していくことで配信しています。そして「7つの習慣」のことを、多くの方にしってもらい、自分の人生を快適に過ごしてもらいたいと思っています。このroomで一緒に発信してもらっているのは、静岡県裾野市のファイナンシャルプランナーお金の設計事務所 創現舎(そうげんしゃ)の真田さんと、愛知県安城市のきもの和楽 かね宗の三代目こと石川さん、北海道札幌市のブランドデザインオフィス KABAK’s(カバックス)の椛本さんです。このメンバーは現在 僕の人生の師匠 小阪裕司氏が主宰されているワクワク系マーケティング実践会で学び合っています。このroomの開催時間は約60分。子育ての話や、子供たちに身につけて欲しい良い習慣(片付け・貯金・勉強など)のお話ししています。子供たちに良い習慣を身に付けてもらえれば、子育てが楽になると考えています。

現在、チャレンジとして貯金ができない3代目が、貯金の習慣を身に付けようと頑張っています。目標貯金額は100万円。「7つの習慣」のお話は、子育て中の方に聞いて頂きたいお話しです。お時間があれば聞きに来てみてください。その際「完訳・7つの習慣」の本を持ってこられると、より分かりやすく聞けると思います。

振り返りシートのダウンロード

このroomは、2週間に1回のペースで行っています。その理由は、何か?始めて習慣にする際に、2週間のペースが丁度良いと思ったからです。未来への種まきroomで、話を聞く際に、振り返りシートを事前にダウンロードされておかれることをおススメします。ダウンロードは、こちらです。

僕らの話を聞きながら
①今日の気付き
②未来のゴール(終わりを思い描く)
③未来へのチャレンジ(主体的に、最優先事項を優先する)

をまとめられて、翌日からの実践のお役に立てればと思います。最初は小さな1歩ですが、コツコツ続けることで習慣になり、人生が好転できると思います。一緒に頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です