隊長です!

僕は、4年ほど前からスティーブン・R・コヴィー氏の「7つの習慣」を意識して実践しています。
おかげで、自分でもずいぶん変わったと思います。また、楽になりました。

一番変わったことは、価値観の違う人の対応だと思います。
以前の僕は、価値観の違う人と一緒にいることが苦手でした。
だから、なるべく同じ価値観の人を探すようにしていました。

また価値観の違う人のセミナーを受けないといけない際も、心のシャッターを下ろして、斜に構えて聞いていました。しかし「7つの習慣」を学んでいると、価値観の違う人の方がシナジーを創る際に大きくなると知ったことが、以来価値観の違う人を受け入れることが可能になって来たと思います。

ただ、受け入れているだけです。納得しているか?は、次の段階にしています。

価値観の違う人の話を受け入れることができるようになると、世界が広がったりして、楽しくなったりします。自分でも驚くのは、僕の考え方と反対の話をされても、すぐに否定的な拒絶の態度を取らなくなったことです。

おかげで、最近言われるようになってきたのは、子供たちから「あのおじちゃんと話がしたい!」と言われることです。何か嬉しいですね!

多分、僕が意識して会話をする際に、相手の考えを否定や、反対することをしないようにしているからだと思いました。自分の考え方と違っていても「へぇ~!」「そうなんだ~!」と受け入れる。そして絶対否定をしない。これも「7つの習慣」の考え方を知っているおかげです。

僕が相手の話を聴くことを意識しているのは、「7つの習慣」の第5の習慣:まず理解に徹してから、そして理解されるです。それができれば第6の習慣:シナジーを創り出すを理解しているからだと思います。考え方がわかっているので、行動に出やすいわけです。そして相手の話を聴くことに意識していると面白いことに気付きます。

それは!
みなさん、反対や、否定の反応が早いですね!
ビックリするくらい早い!瞬殺されてしまいます。

もしかしたら、お子さんに対しても、そのような感じなのだろうか?と思ってしまいました。

もしお子さんが「ママ!○○したい!」と、ママがやってほしくないことを言ってきた際に、どんな反応をするのだろうか?と考えてしまいました。

僕だったら
息子「パパ!○○したい!」
僕「へぇ~!そうなんだ!」
 「ちなみに、どうしてそうしたいの?」(理由を聞く)
息子「○○だから!」
僕「へぇ~!そうなんだ!ちょっと考えさせて」(時間を作る)

後日、
僕「〇〇の話なんだけど、○○の理由でやらせることができない。他の方法はないだろうか?」と言って、違う代案を一緒に考えるようにします。

ちなみに、このやり方は、スタッフさんにも同じようにしています。
スタッフは大人でも、返答の仕方次第で、やる気を損ねてしまいかねません。

やり方としては
①必ず相手の理由を聞く(相手の考え方の背景を知る)
②反対する際に、反対の理由をきちんと述べる(会社の場合は、会社の理念に照らし合わせて話をする)
③どこまでが良くて、どこからが改善が必要なのか?を伝える

④一緒に代案を考える(代案を考えることでシナジーが創れるかもしれない)

大事にしたいのは、相手のやる気を削いでしまうことです。何度も、何度も反対してしまうと、
①だんだんやる気を出さなくなる
②話をしなくなる
③自分で考えなくなる(言われたことしかしない)
④反抗してくる
⑤大人だったら、退社する(辞表を出す
かも?
このようなると思うのです。
もし自分が上司に、自分のアイデアを言う際のことを思い描いてほしいのです。

「次は、もっと良いアイデアを提案しよう!」と思える返事が返ってきたら、反対されたとしても嬉しいと思うのです。失敗した際も同じです。どんな声掛けをするのか?大きく変わります。同じ人間ですからスタッフさんも、子供も、大人であれ、子供であれ変わらないと思うのです。

今日からやってもらいたいこと
自分が、自分の嫌な提案を受けた際に、どのような対応や、返事をしているのか?気にかけて頂きたいです。そして、自分で発した言葉が、相手がやる気になるのか?考えて頂きたいと思います。

今日は、ここまでです。

最後まで、読んで頂いて、ありがとうございました。
このブログは、長男の空手の練習に付き合っているために毎日23時に更新しています。
毎日1,000文字を目標に書いています。

良かったら、また読みに来てください。
もし気に入って頂けたら、ブックマークを付けてもらえると嬉しいです。
僕のブログが、仕事や、生活に何か?お役に立てたら幸いです。
また読んで頂いて感想や、コメントを頂けると嬉しいです。
下記のコメント欄を使って、お気軽にコメントや感想を送ってみて下さい。

隊長こと、写真の松屋(福岡県うきは市)メインカメラマン 松尾 勝彦でした。

9月25日(日)20時からclubhouseで配信

毎月第2と、第4日曜日の20時からclubhouseで 未来への種まきroomを開催しています。

このroomは「7つの習慣」の意識しながら生活していくことで配信しています。そして「7つの習慣」のことを、多くの方にしってもらい、自分の人生を快適に過ごしてもらいたいと思っています。このroomで一緒に発信してもらっているのは、静岡県裾野市のファイナンシャルプランナーお金の設計事務所 創現舎(そうげんしゃ)の真田さんと、愛知県安城市のきもの和楽 かね宗の三代目こと石川さん、北海道札幌市のブランドデザインオフィス KABAK’s(カバックス)の椛本さんです。このメンバーは現在 僕の人生の師匠 小阪裕司氏が主宰されているワクワク系マーケティング実践会で学び合っています。このroomの開催時間は約60分。子育ての話や、子供たちに身につけて欲しい良い習慣(片付け・貯金・勉強など)のお話ししています。子供たちに良い習慣を身に付けてもらえれば、子育てが楽になると考えています。

現在、チャレンジとして貯金ができない3代目が、貯金の習慣を身に付けようと頑張っています。目標貯金額は100万円。「7つの習慣」のお話は、子育て中の方に聞いて頂きたいお話しです。お時間があれば聞きに来てみてください。その際「完訳・7つの習慣」の本を持ってこられると、より分かりやすく聞けると思います。

振り返りシートのダウンロード

このroomは、2週間に1回のペースで行っています。その理由は、何か?始めて習慣にする際に、2週間のペースが丁度良いと思ったからです。未来への種まきroomで、話を聞く際に、振り返りシートを事前にダウンロードされておかれることをおススメします。ダウンロードは、こちらです。

僕らの話を聞きながら
①今日の気付き
②未来のゴール(終わりを思い描く)
③未来へのチャレンジ(主体的に、最優先事項を優先する)

をまとめられて、翌日からの実践のお役に立てればと思います。最初は小さな1歩ですが、コツコツ続けることで習慣になり、人生が好転できると思います。一緒に頑張りましょう!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。