隊長です!

前回のブログで、僕があまりいろんな人とコラボしないことを書きました。捉え方によっては、我がままで、自分勝手と取られるかもしれません。

僕は、できるだけ長い付き合いがしたいので、簡単に手を組まないようにしています。例えば、今までの付き合いがあるのに、急にその方より他の方の方が、条件が良かったら、手のひらを返したように、別の方と付き合う方がいます。僕は、あまりこのような方が好きではないのです。

できれば、一生付き合いたいと思います。
だから、他の方の方が良かったとしても、よくなるように努力します。しかし今まで組んでいた方が、あきらめてしまえば、新たな方法を考えると思います。ただ、他の方と簡単にすぐ組むことはしないと思います。

今までも、そのようにして業者さんと付き合って来ました。だから僕は、滅多に業者を変えることはしません。ただ長く付き合っていると怠慢な態度を取られたりすると、すぐに付き合いをやめますが、そうでなければ、長くお付き合いをさせてもらっています。

もしシナジーのことを知らなかったら

今回ご紹介した絵本「ぎょうれつのできるレストラン」では、シナジーを産みだしたところがわかります。シナジーとは、1+1=3以上になることです。

この絵本では、思ってもいなかった地上に住む動物が、高い木の上で食事をして、レストランが繁盛することが描かれています。実際、仕事でも、このようなことが起きます。

僕の好きなスティーブン・R・コヴィー氏の「7つの習慣」では、シナジーを創り出すためには
①自立していること
②信頼貯金があること
③Win-Winで考えること
④相手の話を聞き、相手を理解していること

これらの条件が揃うことが大事と言っています。

しかし、もしシナジーを産みだすこと知らなかったら、きっと
①自分の意見を通す
②妥協案
になってしまい、シナジーを産みだすことはできないのではないか?と思います。

シナジーをイメージしてもらえる方が増えると、会議も楽しくなると思っています。

シナジーを図解で説明

赤い三角形が上司(親)で、黄色三角形が部下(子)とします。
赤の三角形が大きいので、黄色をやり込めようとすることができます。Win-Loseの関係です。自分が勝って、相手が負けるです。これでは、上司(親)の経験の下でしか活かされません。

青い三角が、シナジーになります!
赤い三角形が上司(親)で、黄色三角形が部下(子)。お互い自分たちの能力を超えた発想、アイデアを作り出すことができるのです。
そのためには
①自立していること
②信頼貯金があること
③Win-Winで考えること
④相手の話を聞き、相手を理解していること
ということが必要なのです。

僕はシナジーのことを知っていますので、長男(5歳)と、いつもシナジーを創ろう!と考えています。長男と話をしていると楽しいし、いろんな気付きがあります。また子供向けの映画を見たりすると、また世界観が広がって行きます。どちらかと言うと、親子関係と言うより、師弟関係と思って接しています。

シナジーを創るためには、否定しないで話を聴くように心掛けています。

そして、図解の中にあるもう一つの三角形、緑の三角形があります。これが妥協の三角形です。お互いが力を出さずに遠慮している状態です。1+1が1以下になっているわけです。しかし、多くの会議でこの妥協案になっていることに気付いていません。妥協案が、合意!と思っている人は多いと思います。

これでは勿体ないのです。

みんなが青い三角形を目指していたら、会議も仕事も、遊んでいるみたいに時間を忘れて楽しくなると思うのです。そして、みんなで一緒に飲むビールは、一生忘れられない味だと思います。

今日は、ここまでです。

最後まで、読んで頂いて、ありがとうございました。
このブログは、長男の空手の練習に付き合っているために毎日23時に更新しています。
毎日1,000文字を目標に書いています。

良かったら、また読みに来てください。
もし気に入って頂けたら、ブックマークを付けてもらえると嬉しいです。
僕のブログが、仕事や、生活に何か?お役に立てたら幸いです。
また読んで頂いて感想や、コメントを頂けると嬉しいです。
下記のコメント欄を使って、お気軽にコメントや感想を送ってみて下さい。

隊長こと、写真の松屋(福岡県うきは市)メインカメラマン 松尾 勝彦でした。

9月25日(日)20時からclubhouseで配信

毎月第2と、第4日曜日の20時からclubhouseで 未来への種まきroomを開催しています。

このroomは「7つの習慣」の意識しながら生活していくことで配信しています。そして「7つの習慣」のことを、多くの方にしってもらい、自分の人生を快適に過ごしてもらいたいと思っています。このroomで一緒に発信してもらっているのは、静岡県裾野市のファイナンシャルプランナーお金の設計事務所 創現舎(そうげんしゃ)の真田さんと、愛知県安城市のきもの和楽 かね宗の三代目こと石川さん、北海道札幌市のブランドデザインオフィス KABAK’s(カバックス)の椛本さんです。このメンバーは現在 僕の人生の師匠 小阪裕司氏が主宰されているワクワク系マーケティング実践会で学び合っています。このroomの開催時間は約60分。子育ての話や、子供たちに身につけて欲しい良い習慣(片付け・貯金・勉強など)のお話ししています。子供たちに良い習慣を身に付けてもらえれば、子育てが楽になると考えています。

現在、チャレンジとして貯金ができない3代目が、貯金の習慣を身に付けようと頑張っています。目標貯金額は100万円。「7つの習慣」のお話は、子育て中の方に聞いて頂きたいお話しです。お時間があれば聞きに来てみてください。その際「完訳・7つの習慣」の本を持ってこられると、より分かりやすく聞けると思います。

振り返りシートのダウンロード

このroomは、2週間に1回のペースで行っています。その理由は、何か?始めて習慣にする際に、2週間のペースが丁度良いと思ったからです。未来への種まきroomで、話を聞く際に、振り返りシートを事前にダウンロードされておかれることをおススメします。ダウンロードは、こちらです。

僕らの話を聞きながら
①今日の気付き
②未来のゴール(終わりを思い描く)
③未来へのチャレンジ(主体的に、最優先事項を優先する)

をまとめられて、翌日からの実践のお役に立てればと思います。最初は小さな1歩ですが、コツコツ続けることで習慣になり、人生が好転できると思います。一緒に頑張りましょう!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。