隊長です!

前回からご紹介している「おしえないほうが成績伸びますがいかがなさいますか?」の本。
ぜひ子育て中のお子さんをお持ちの方に読んで頂きたい本です。

この本を読んで思ったことは、学習塾くもんの運営を行うことに間違いがなかった!ということに確信が持てたことです。それは、今後の大学受験のあり方が大きく変わるからです。

よく受験をする際に、くもんより学習塾の方が良いと耳にすることがあります。
また幼少期や、低学年の学習はくもんで、高学年は学習塾ということも言われます。

この感想を聞いた時に、最初納得が行かなかったのですが、理由を聞くと「なるほど!」と思いました。その理由とは、学習塾の方が知識が増える!ということでした。

確かに、くもんは基礎の反復練習です。
何度も何度も、同じ計算をしながら、完全に理解してから、次の教材に進むやり方をしています。そのため、外から(親御さんの視点)見ていると、全然前に進んでいないような気がすると思います。しかし、反復練習をすることで、基礎知識が育ち、考える力を伸ばし、応用に対応ができるようになります。

このように
学習塾では、知識を増やす。
くもんでは、基礎力を付け、考える力を付ける。
このような違いがあるわけです。

自立する勉強法

くもんの学習法は、その子、その子に合わせた教材を使って自学学習です。わからない所は先生がアドバイスしますが、基本 自分で解いていく学習法です。教材の作りも良くできていて、一見わかり伝いのですが次のステップに繋がる応用問題も、問題の中に隠れています。そうすることで、少しずつ次のレベルに進みやすいように作ってあります。そうすることで、先生に頼らなくて、自分で考えて解く力が付いて来ます。

くもんとは、逆の勉強の仕方が、集団学習の学習塾や、個別指導の学習塾になります。
集団学習の学習塾は、本人のレベルに合わせての授業ではなく、塾のレベルに合わせることが求められます。また個別指導は、先生が付いてくれて良さそうに感じてしまいますが、問題点があります。

それは、自分が主体的になって勉強する姿勢が身に付かないことです。

学習塾の勉強の仕方が良かった時代

学習塾の勉強法が良かった理由に、知識量が多く得られることがあります。
知識量が豊富なことが、今までの受験に有利だったわけです。

今までの受験は
・知識量が豊富
・正確さ
・速さ

これらが求めたれていたわけです。しかし、これらは今後、ロボットや、AIの得意分野になります。

これからの受験に求められるのは、
・思考力
・判断力
・表現力

を持った子供たちになります。なぜなら社会が即戦力なれる人財を求めているからです。

覚える力(暗記力)と、考える力は、同じ頭を使いますが、全く違う能力になります。
これからは、
自分で考えて、行動できる人。
または、
たくさんの情報の中から正しい情報を選び、判断し、行動できる人が求められると本の中にありました。

余談になりますが、たくさんの情報の中から正しい情報を選び、判断し、行動できる人の個所を読んでいる最中に、頭に浮かんだのは、株式投資のことでした。

株式投資も、たくさんの情報の中から正しい情報を選び、判断し、行動することが求められる身近なものだと思います。しかし株式投資と聞くと、多くの方が敬遠されます。その理由は、怖いからです。それは、自分で考えて、判断して、行動することがなかなかできないことを意味しえていると思います。

みんなと同じことをしていると、良かった時代から、これからは大きく変わることを意味していると思います。

今日は、ここまでです。

最後まで、読んで頂いて、ありがとうございました。
このブログは、長男の空手の練習に付き合っているために毎日23時に更新しています。
毎日1,000文字を目標に書いています。

良かったら、また読みに来てください。
もし気に入って頂けたら、ブックマークを付けてもらえると嬉しいです。
僕のブログが、仕事や、生活に何か?お役に立てたら幸いです。
また読んで頂いて感想や、コメントを頂けると嬉しいです。
下記のコメント欄を使って、お気軽にコメントや感想を送ってみて下さい。

隊長こと、写真の松屋(福岡県うきは市)メインカメラマン 松尾 勝彦でした。

9月25日(日)20時からclubhouseで配信

毎月第2と、第4日曜日の20時からclubhouseで 未来への種まきroomを開催しています。

このroomは「7つの習慣」の意識しながら生活していくことで配信しています。そして「7つの習慣」のことを、多くの方にしってもらい、自分の人生を快適に過ごしてもらいたいと思っています。このroomで一緒に発信してもらっているのは、静岡県裾野市のファイナンシャルプランナーお金の設計事務所 創現舎(そうげんしゃ)の真田さんと、愛知県安城市のきもの和楽 かね宗の三代目こと石川さん、北海道札幌市のブランドデザインオフィス KABAK’s(カバックス)の椛本さんです。このメンバーは現在 僕の人生の師匠 小阪裕司氏が主宰されているワクワク系マーケティング実践会で学び合っています。このroomの開催時間は約60分。子育ての話や、子供たちに身につけて欲しい良い習慣(片付け・貯金・勉強など)のお話ししています。子供たちに良い習慣を身に付けてもらえれば、子育てが楽になると考えています。

現在、チャレンジとして貯金ができない3代目が、貯金の習慣を身に付けようと頑張っています。目標貯金額は100万円。「7つの習慣」のお話は、子育て中の方に聞いて頂きたいお話しです。お時間があれば聞きに来てみてください。その際「完訳・7つの習慣」の本を持ってこられると、より分かりやすく聞けると思います。

振り返りシートのダウンロード

このroomは、2週間に1回のペースで行っています。その理由は、何か?始めて習慣にする際に、2週間のペースが丁度良いと思ったからです。未来への種まきroomで、話を聞く際に、振り返りシートを事前にダウンロードされておかれることをおススメします。ダウンロードは、こちらです。

僕らの話を聞きながら
①今日の気付き
②未来のゴール(終わりを思い描く)
③未来へのチャレンジ(主体的に、最優先事項を優先する)

をまとめられて、翌日からの実践のお役に立てればと思います。最初は小さな1歩ですが、コツコツ続けることで習慣になり、人生が好転できると思います。一緒に頑張りましょう!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。