考え方|初めてやることは70点取れれば御の字

隊長です!

子育てをしている際に、気を付けていることは「初めて挑戦する(やる)ことは70点取れたら御の字」ということです。満点を目指すことも大事なのですが、今の時代は満点より行動を起こす方を優先した方が良い!と思っています。

満点取れたら嬉しいのですが、満点を取るために、行動が遅れる方が勿体ないです。
最近は、見切り発車で、徐々に改善できれば良い!と思うようになりました。

最近のパソコンや、アプリもちょこちょこ改善が行われます。完璧なソフトを開発して発表した方が良いのですが、変化の激しいパソコンやアプリの場合、見切り発射的に行動しながら、問題(バグ)が起これば、改善を繰り返しが大事なのだと思います。

だから、僕もとりあえず行動してみて、悪いところがあれば、すぐに改善するという方に気持ちを切り替えることができました。そうすると、長男が粗相をしても、スタッフさんが失敗しても怒ることがずっと減りました。しかし以前は完璧主義でしたので、完璧にできる様になるまで行動しないタイプでした。人に対しても厳しかったと思います。この考え方を変えてくれたのは、人生の師匠 小阪裕司氏でした。

考え方が180度変わる!

なぜ考え方を変えることができたのか?
それは
①失敗した方が、楽しい!
②失敗した方が、勉強が楽しくなる!
③失敗した方が、視野が広がる!

このような経験を教わったからです。その分、いろいろ失敗して来ました。うまく行かないことばかりです。でも、その分、たくさんの学びを得ることになります。

だから我が子にも、失敗の面白さを知ってもらいたい!と思います。
失敗すると、悔しいです。でもこの悔しさが、次の勉強のバネになります。また失敗すると、視野が広がります。もっとそこまで考えるべきだった!ということを知ります。

親心とすれば、我が子には、なるべく失敗させたくない!と思うはずです。
でも、そうすることで
①親離れできない
②自立ができない
③勉強が好きになれない
④視野が広がらない

⑤いつまで経っての自信が持てない
⑥自分で決めることが出来ない

子供にとって、大事なことを大人が奪ってしまうことになります。
そして困難を乗り越えたときに、達成感を味わえることができ、自信が持てるようになると思うのです。

初めてやることを失敗して当たり前

自分の実力が、それだけしかなかったこと。
練習でできないことは、試合でできません。それが実力だということです。でも大事なことは、次回同じようなことが怒った際に、今回のことが教訓になっていることが大事です。初めてやることが70点だとしても、2回目に90点。3回目に100点を取れれば良いのです。

大事なことは、1回目より2回目が良くなっていること。
子供たちは毎日、学校で新しいことを学んできます。大変だと思います。テストも毎回違う初めて解く問題が出されます。とても大変な試練を子供たちは与えられていると思います。だから僕は、1回目のテストの点数はあまり気にしないようにしたいと思っています。大事なのは、同じ問題を解かしてみて、2回目に100点が取れればよいと考えています。そうすることで、理解したことがわかり、本当の実力が付くと思うのです。

大事なことは、自分の実力を積み重ねることだと思っています。初めてやることで、自分の今の実力を知ることができます。大切なことは、次に向けて、どう改善していくのか?です。最初から、できる人はほとんどいないと思います。陰でコツコツ努力しながら、成長すれば良いと思います。

今の結果は、誰のせいでもなく、自分の実力です。普段できないことが、本番でできることはまずないと思います。大事なのは、腐らず次の1歩を踏み出すことです!
どんな失敗して、どんなことを学べるか?を前向きに考えるのもありだと思います。

今日は、ここまでです。
最後まで、読んで頂いて、ありがとうございました。
このブログは、長男の空手の練習に付き合っているために毎日23時に更新しています。
良かったら、また読みに来てください。

僕のブログが、仕事や、生活に何か?お役に立てたら幸いです。
また読んで頂いて感想や、コメントを頂けると嬉しいです。
下記のコメント欄を使って、お気軽にコメントや感想を送ってみて下さい。

隊長こと、写真の松屋(福岡県うきは市)メインカメラマン 松尾 勝彦でした。

【お知らせ】1月23日(日)20時からclubhouseで配信

毎月第2と、第4日曜日の20時からclubhouseで 未来への種まきroomを開催しています。

このroomは「7つの習慣」の意識しながら生活していくことで配信しています。そして「7つの習慣」のことを、多くの方にしってもらい、自分の人生を快適に過ごしてもらいたいと思っています。このroomで一緒に発信してもらっているのは、静岡県裾野市のファイナンシャルプランナーお金の設計事務所 創現舎(そうげんしゃ)の真田さんと、愛知県安城市のきもの和楽 かね宗の三代目こと石川さん、北海道札幌市のブランドデザインオフィス KABAK’s(カバックス)の椛本さんです。このメンバーは現在 僕の人生の師匠 小阪裕司氏が主宰されているワクワク系マーケティング実践会で学び合っています。このroomの開催時間は約60分。子育ての話や、子供たちに身につけて欲しい良い習慣(片付け・貯金・勉強など)のお話ししています。子供たちに良い習慣を身に付けてもらえれば、子育てが楽になると考えています。

現在、チャレンジとして貯金ができない3代目が、貯金の習慣を身に付けようと頑張っています。目標貯金額は100万円。「7つの習慣」のお話は、子育て中の方に聞いて頂きたいお話しです。お時間があれば聞きに来てみてください。その際「完訳・7つの習慣」の本を持ってこられると、より分かりやすく聞けると思います。

振り返りシートのダウンロード

このroomは、2週間に1回のペースで行っています。その理由は、何か?始めて習慣にする際に、2週間のペースが丁度良いと思ったからです。未来への種まきroomで、話を聞く際に、振り返りシートを事前にダウンロードされておかれることをおススメします。ダウンロードは、こちらです。

僕らの話を聞きながら
①今日の気付き
②未来のゴール(終わりを思い描く)
③未来へのチャレンジ(主体的に、最優先事項を優先する)

をまとめられて、翌日からの実践のお役に立てればと思います。最初は小さな1歩ですが、コツコツ続けることで習慣になり、人生が好転できると思います。一緒に頑張りましょう!

考え方|初めてやることは70点取れれば御の字” に対して3件のコメントがあります。

  1. 眞田茂樹 より:

    どうしても失敗の痛みにビビって完璧な形でアウトプットしようとしちゃいますよね。
    まずは70点で時間を有効に使う…勉強になりました!

  2. 椛本景子 より:

    新しいことをはじめると、予測や予想はかなりの確率で裏切られる(良くも悪くも!)ことを最近ひしひしと感じているので、これは本当にそうだと思います!
    そして完璧を求めないと、人にも優しくなれますよねー。
    価値観や判断基準の押し付けをしないようにすることも、実は自分の主体性につながっていますよね!

    1. 隊 長 より:

      椛本さん、いつもありがとうございます。僕は、幼少期から完璧主義でした。だから、できるようにならないと、やらないタイプでした。師匠の小阪先生に指導を頂き、失敗から学ぶ大切さを教えてもらいながら「最初から100点取れることを望まない!」と思えるようになり、主体的に行動が着るようになりました。初めてやることは70点取れれば御の字で、2回目に、3回目に100点を取るように改善することを学んでいます。このことは、長男にも教えてあげたいことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です