隊長です!

今回の自己開示シリーズは第18問目あなたが、この世からいなくなっても、他の人に引き継がれるような志は何ですか?のお話です。この自己開示の質問は、一緒にclubhouseを行っている真田さんから与えられた25の質問にお答えしています。

僕の志は
子供たちのために、明るい未来のタネを蒔くこと

そのために、少子高齢化の問題を何とかしてあげたいと思っています。
正直言って、この解決法は、そんなに難しくないと思っています。

たった20年間、我慢すれば、子供が増え、子供が自立し成長してくれます。
そのためには、
この20年の過ごし方の考え方を変える必要があると思っています。

考え方を変えるとは何か?
それは、
今まで、正しいと思っていた成功体験を変えることです。

今までは、モノをたくさん持っている、またはお金をたくさん持っている人を成功者と言っていました。
そのため、みんな一生懸命勉強して、仕事を頑張って来ました。いつしかお金をたくさん稼ぐことが目的になり、たくさん仕事をすることを優先するようになると、どんどん忙しくなってしまって、子育てをする余裕が無くなってししまったことが少子化の原因と思っています。

そして、低い年収では、結婚できない!と考えるようになり、さらに仕事を頑張り、しかし婚期を外してしまうことになっているような気がします。これ以外に、仕事が面白くなったり、責任が重くなることもあります。

この問題(収入を増やす)を解決するために利用したいのが、複利の力です。
自らが働いて、お金を増やすことと同時に、複利の力を借りて、お金でお金を増やすことが大事だと思います。若いうちから、自分の金のタマゴを産むガチョウを育てる、いわゆる金のガチョウ大作戦です。そのためには、投資の勉強が必要になります。

金のガチョウ大作戦

ガチョウ作戦とは、まず自分の貯金、または資産を1千万円貯めます。
そしてそのお金を5%の運用をすることで、毎年50万円の配当をもらいます。この50万円が、いわゆる金のタマゴです。景気の動向はありますが、そもそもの金のタマゴを産むガチョウを大事に育てていれば、毎年50万円、さらにガチョウを育てれば、毎年50万円以上になります。

働きながら、この配当金を毎年期待するわけです。
そうすれば、気持ちに余裕が生まれます。
そうすれば、

ここの問題は、まず1千万円を貯めることです。
僕は夫婦で1千万円を貯めることをおススメします。
それも、結婚してからお金を貯めるのではなく、お互い独身時代からお金を貯めておきます。できればお互い独身時代に300万円を貯めていると、新婚当初から合わせて600万円ですが、夫婦で残りの400万円を貯めるわけです。そうすると早い夫婦は、3年くらいで400万円貯まると思います。そうすると1千万円になり、複利の力がどんどん加速的にお金がお金を産み始めます。

この考え方の良い所は、
収入を増やすのではなく、貯金または資産を増やすことです。
これを優先的に考えるようになれば、収入が低いと結婚できない事にはなりません。収入が低くても、貯金や資産があれば良いのですから。大事なことは、収入より、支出の管理をすることです。まず結婚相手を選ぶ際に、収入を聞くより、貯金が出来る人か?また貯金額がどれくらいあるのか?が判断基準になっても良いと思います。ただ男性で、若い時から貯金が出来る方は、まだなかなかいないかもしれません。

そうすると、収入を増やすために、良い会社に入らなくてもよくなります。そうすると子供たちは、無理に勉強することをしなくて良くなるのではないか?と思います。好きなことを仕事にして、複利の力を借りて、収入を増やせば、たくさん仕事をしなくても、良くなり、子育ての時間が作れるようになるのでは?と考えています。

今日は、ここまでです。

最後まで、読んで頂いて、ありがとうございました。
このブログは、長男の空手の練習に付き合っているために毎日23時に更新しています。
毎日1,000文字を目標に書いています。

良かったら、また読みに来てください。
もし気に入って頂けたら、ブックマークを付けてもらえると嬉しいです。
僕のブログが、仕事や、生活に何か?お役に立てたら幸いです。
また読んで頂いて感想や、コメントを頂けると嬉しいです。
下記のコメント欄を使って、お気軽にコメントや感想を送ってみて下さい。

隊長こと、写真の松屋(福岡県うきは市)メインカメラマン 松尾 勝彦でした。

8月28日(日)20時からclubhouseで配信

毎月第2と、第4日曜日の20時からclubhouseで 未来への種まきroomを開催しています。

このroomは「7つの習慣」の意識しながら生活していくことで配信しています。そして「7つの習慣」のことを、多くの方にしってもらい、自分の人生を快適に過ごしてもらいたいと思っています。このroomで一緒に発信してもらっているのは、静岡県裾野市のファイナンシャルプランナーお金の設計事務所 創現舎(そうげんしゃ)の真田さんと、愛知県安城市のきもの和楽 かね宗の三代目こと石川さん、北海道札幌市のブランドデザインオフィス KABAK’s(カバックス)の椛本さんです。このメンバーは現在 僕の人生の師匠 小阪裕司氏が主宰されているワクワク系マーケティング実践会で学び合っています。このroomの開催時間は約60分。子育ての話や、子供たちに身につけて欲しい良い習慣(片付け・貯金・勉強など)のお話ししています。子供たちに良い習慣を身に付けてもらえれば、子育てが楽になると考えています。

現在、チャレンジとして貯金ができない3代目が、貯金の習慣を身に付けようと頑張っています。目標貯金額は100万円。「7つの習慣」のお話は、子育て中の方に聞いて頂きたいお話しです。お時間があれば聞きに来てみてください。その際「完訳・7つの習慣」の本を持ってこられると、より分かりやすく聞けると思います。

振り返りシートのダウンロード

このroomは、2週間に1回のペースで行っています。その理由は、何か?始めて習慣にする際に、2週間のペースが丁度良いと思ったからです。未来への種まきroomで、話を聞く際に、振り返りシートを事前にダウンロードされておかれることをおススメします。ダウンロードは、こちらです。

僕らの話を聞きながら
①今日の気付き
②未来のゴール(終わりを思い描く)
③未来へのチャレンジ(主体的に、最優先事項を優先する)

をまとめられて、翌日からの実践のお役に立てればと思います。最初は小さな1歩ですが、コツコツ続けることで習慣になり、人生が好転できると思います。一緒に頑張りましょう!

自己開示|引き継がれるような志は何ですか?その2” に対して1件のコメントがあります。

  1. 眞田茂樹 より:

    おっしゃるっとおりですね!
    原資が生み出す金利を生活費の一部として家計に余裕をもたせ、ゆとり時間を作り出す。
    カンタンなことかもしれませんが、これを子供の頃から教える教育が必要だと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。