考え方|手帳を持たないために自分のゴールを意識する

隊長です!

僕はあえて手帳を持たない様にしています。なぜならば、手帳を持つと忙しくなるからです。つい予定を入れたくなるからです。でも大事にしていることがあります。それは、自分のゴール(目標)を明確にすることです。これは、スティーブン・R・コヴィー氏の「7つの習慣」を勉強してみて、学んだことです。「7つの習慣」の第2の習慣:終わりを思い描くことから始めるです。

常に自分のゴールと照らし合わせながら、スケジュールを入れるようにしています。なぜなら、そうしないと自分のゴールにたどり着けないから。また自分のゴールに関係のないことをしてしまい、ゴールが達成できないと思っているからです。実は「7つの習慣」を学んでなければ、このような考えにはならなかったと思います。

多くの方が、忙しい理由は、自分のゴールが明確になっていないために、相手に合わせることを優先してしまうからだと思います。

自分のゴールを明確にすること

こんな書き方をすると、わがまま!と思われるのは仕方がありません。
ただ僕のゴールは
①「あなたに会えてよかった!」と言われたい
②片付けのすばらしさを伝えるために本を出したい!本のタイトルは「片付けできたら、1億円!」

だから、常に自分に「そのためには、何をする!」「これは受けるべきか?断るべきか?」とゴールをイメージしながら自問自答しています。以前は、断ることが出来ませんでした。その理由は「相手に悪く思われたくないから!」です。でも、今は断ることが出来ます。なぜなら自分のゴールをイメージできるようになったからです。

ただ勘違いされることもあります。
①我がまま
②冷たい!

だから、自分にストイックに厳しくなります。これが「7つの習慣」の第1の習慣:主体的であるということになるのではないか?と思っています。自分との約束を守るために、大事なことではないか?と思うようにしています。みなさんはいかがでしょうか?

今日は、ここまでです。
最後まで、読んで頂いて、ありがとうございました。
このブログは、長男の空手の練習に付き合っているために毎日23時に更新しています。
良かったら、また読みに来てください。

僕のブログが、仕事や、生活に何か?お役に立てたら幸いです。
また読んで頂いて感想や、コメントを頂けると嬉しいです。
下記のコメント欄を使って、お気軽にコメントや感想を送ってみて下さい。

隊長こと、写真の松屋(福岡県うきは市)メインカメラマン 松尾 勝彦でした。

【お知らせ】12月12日(日)20時からclubhouseで配信

毎月第2と、第4日曜日の20時からclubhouseで 未来への種まきroomを開催しています。

このroomは「7つの習慣」の意識しながら生活していくことで配信しています。そして「7つの習慣」のことを、多くの方にしってもらい、自分の人生を快適に過ごしてもらいたいと思っています。このroomで一緒に発信してもらっているのは、静岡県裾野市のファイナンシャルプランナーお金の設計事務所 創現舎(そうげんしゃ)の真田さんと、愛知県安城市のきもの和楽 かね宗の三代目こと石川さん、北海道札幌市のブランドデザインオフィス KABAK’s(カバックス)の椛本さんです。このメンバーは現在 僕の人生の師匠 小阪裕司氏が主宰されているワクワク系マーケティング実践会で学び合っています。このroomの開催時間は約60分。子育ての話や、子供たちに身につけて欲しい良い習慣(片付け・貯金・勉強など)のお話ししています。子供たちに良い習慣を身に付けてもらえれば、子育てが楽になると考えています。

現在、チャレンジとして貯金ができない3代目が、貯金の習慣を身に付けようと頑張っています。目標貯金額は100万円。「7つの習慣」のお話は、子育て中の方に聞いて頂きたいお話しです。お時間があれば聞きに来てみてください。その際「完訳・7つの習慣」の本を持ってこられると、より分かりやすく聞けると思います。

振り返りシートのダウンロード

このroomは、2週間に1回のペースで行っています。その理由は、何か?始めて習慣にする際に、2週間のペースが丁度良いと思ったからです。未来への種まきroomで、話を聞く際に、振り返りシートを事前にダウンロードされておかれることをおススメします。ダウンロードは、こちらです。

僕らの話を聞きながら
①今日の気付き
②未来のゴール(終わりを思い描く)
③未来へのチャレンジ(主体的に、最優先事項を優先する)

をまとめられて、翌日からの実践のお役に立てればと思います。最初は小さな1歩ですが、コツコツ続けることで習慣になり、人生が好転できると思います。一緒に頑張りましょう!

考え方|手帳を持たないために自分のゴールを意識する” に対して1件のコメントがあります。

  1. 眞田茂樹 より:

    手帳を手放す踏ん切り・・今のところ想像すらできません・・。
    でも「終わりを描く」「最優先事項を優先する」を突き詰められた結果が「手帳を手放す」ことなのかもしれません。
    深い洞察、ありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です