隊長です!

この時期になると、春から進学をする高校3年生が、進学用の証明写真の撮影に来てくれます。この時期になると思い出すのが、自分が高校3年生の時に、お金の管理の仕方を知って、ひとり暮らしを始めることができたら、お金に振り回されない人生が送れたのではないか?と思います。

今日、たまたま知り合いのお子さんが撮影に来てくれたので、お金の話をしてみました。

この子は、春から福岡市内でひとり暮らしを始めて、4年生大学に通う男の子です。
知り合いと言うこともあって「ひとり暮らしの心構えを聞いてみました!」

ひとり暮らしを始める前に知っておきたいこと

それは、
①片付け
②お金の管理

この2つです。できれば、自炊もと、言いたいところなのですが、そこまではなかなか男の子の場合、難しいと思います。なので①片付けと②お金の管理だけは、知っておいてほしいと思います。

そこで聞いてみました。
「1日の生活費をいくらに設定しているの?」

彼の答は「考えたこともなかった!1日、4,000円くらいかな?」。
実は、僕も同じような経験があり、今だから言えるのですが、僕がひとり暮らしを始めた際の1日の生活費は3,000円に設定していました。これが僕の浪費の始まりました。

そこで彼に「では!1日4,000円として1ヶ月の30日をかけてみたら1ヶ月いくらになる?」と行った際に、彼は青ざめてしまいました。その表情を見た際に「希望を持った若者に対して、余計なことを言ってしまった!」と心の中で思っていました。

すると彼から「今日は、とても良い話を聞かせてもらいました。そんなこと、全く考えたこともありませんでした!」と言ってもらえたのです。前向きな子で良かった!と思いました。

多分、現実を知って気持ちが引いてしまったと思います。でも、僕はこの引いてしまった気持ちは大事だと思います。なぜなら、現実を知った際に、その日はショックなのですが、数日時間が経つと、この現実をどうやって受け入れようか?考えるようになるからです。

ひとり暮らしを始める前に、親子でお金の話をしてみる

彼にこうアドバイスしました。
「多分、1日1,000円くらいだと思うよ!それでも1ヶ月3万円なんだ!1日1,000円とすると、1食330円なので、かなり厳しい生活なるよ!しかも友達と飲みに行くことになって飲み代が3,000円だったら、3日分の生活費に当たるから!ちなみに僕は、1日250円。2日に1回、ドラックスストアーで500円の買い物をしているよ!しかもコンビニは、絶対使わないようにしている」と言う話をしました。

僕の場合は、食事は家で食べることができますので、1日250円と言っても、お菓子と飲み物代です。しかも、ドラックストアーで買い物をすると250円でも、いろいろ買えます。そう考えると、1ヶ月7500円ですみます。

余ったお金は、投資に廻せるわけです。この生活をもう5年以上やっていますが、今では苦しいと思うことはありません。浪費生活から、この生活に変わるまでには3年かかっていますが、この間は禁断症状が出ていたと思います。

このように、お子さんがひとり暮らしを始める際は、お金の管理の仕方をきちんと伝えてあげるべきだと思います。生活費以外に、どんな出費があるのか?きっと知らないと思います。家賃、電気代、水道代、携帯代などの固定費。また他にどんな出費があるのか?先に教えてあげておくことが大事だと思います。

その理由は、子供たちは若いと、アルバイトをして稼ごうとします。この間にアルバイトにハマってしまうと、自分の大事な時間をお金に変えてしまっていることになります。アルバイトをすることは大事だと思いますが、せっかくの時間をアルバイトだけに終わらせてしまうのは、とても勿体ないと思います。

アルバイトをして、僕みたいに散財してしまい、結局 学生時代アルバイトをした記憶しかないのももったいないです。そして当時買ったモノは、どうでも良いモノだったり、タバコやパチンコに消えて行くこともとても悲しいことです。ぜひ、ひとり暮らしを始める際に、1ヶ月のお金の流れを先に教えてあげることは重要だと思います。

今日来てくれた彼に「お母さんに、生活をするためにはどんな出費があるのか?聞いてみると良いよ!」と言っています。親子でお金の話をすることは、なかなか難しいかもしれませんが、まだ新生活までには1ヶ月ありますので、今のうちにイメージを作って頂きたいと思います。

今日は、ここまでです。
最後まで、読んで頂いて、ありがとうございました。
このブログは、長男の空手の練習に付き合っているために毎日23時に更新しています。
毎日1,000文字を目標に書いています。

良かったら、また読みに来てください。
僕のブログが、仕事や、生活に何か?お役に立てたら幸いです。
また読んで頂いて感想や、コメントを頂けると嬉しいです。
下記のコメント欄を使って、お気軽にコメントや感想を送ってみて下さい。

隊長こと、写真の松屋(福岡県うきは市)メインカメラマン 松尾 勝彦でした。

9月25日(日)20時からclubhouseで配信

毎月第2と、第4日曜日の20時からclubhouseで 未来への種まきroomを開催しています。

このroomは「7つの習慣」の意識しながら生活していくことで配信しています。そして「7つの習慣」のことを、多くの方にしってもらい、自分の人生を快適に過ごしてもらいたいと思っています。このroomで一緒に発信してもらっているのは、静岡県裾野市のファイナンシャルプランナーお金の設計事務所 創現舎(そうげんしゃ)の真田さんと、愛知県安城市のきもの和楽 かね宗の三代目こと石川さん、北海道札幌市のブランドデザインオフィス KABAK’s(カバックス)の椛本さんです。このメンバーは現在 僕の人生の師匠 小阪裕司氏が主宰されているワクワク系マーケティング実践会で学び合っています。このroomの開催時間は約60分。子育ての話や、子供たちに身につけて欲しい良い習慣(片付け・貯金・勉強など)のお話ししています。子供たちに良い習慣を身に付けてもらえれば、子育てが楽になると考えています。

現在、チャレンジとして貯金ができない3代目が、貯金の習慣を身に付けようと頑張っています。目標貯金額は100万円。「7つの習慣」のお話は、子育て中の方に聞いて頂きたいお話しです。お時間があれば聞きに来てみてください。その際「完訳・7つの習慣」の本を持ってこられると、より分かりやすく聞けると思います。

振り返りシートのダウンロード

このroomは、2週間に1回のペースで行っています。その理由は、何か?始めて習慣にする際に、2週間のペースが丁度良いと思ったからです。未来への種まきroomで、話を聞く際に、振り返りシートを事前にダウンロードされておかれることをおススメします。ダウンロードは、こちらです。

僕らの話を聞きながら
①今日の気付き
②未来のゴール(終わりを思い描く)
③未来へのチャレンジ(主体的に、最優先事項を優先する)

をまとめられて、翌日からの実践のお役に立てればと思います。最初は小さな1歩ですが、コツコツ続けることで習慣になり、人生が好転できると思います。一緒に頑張りましょう!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。