貯金|バランスシート(貸借対照表)を意識するメリット

隊長です!

前回のブログで、バランスシート(貸借対照表)の大切さを書きました。
でも自分がバランスシートの大切さに気付いたのは、つい最近なんです。なぜ気付いたのか?と言うと、6年前から始めた投資(投資信託と株)の成績が、ドンドン良くなっているからです。

投資を始めた当初は全然増えなかったのに、6年も経つと、いい感じに増えてます。これを冷静に分析してみると、バランスシートの資産が、お金を産んでくれているので、そんなにガムシャラに焦って仕事をしなくても良いことに気付きます。自分が仕事をして頂いたお金を何に使うのか?とても大事だと思います。
①消費なのか?
②投資なのか?
③浪費なのか?

会社の財務がわからない頃

僕は44歳で財務の勉強を始めました。当時は、全く財務のことがわからず、
とりあえず
①売上を上げること
②良い商品を作ればお客様はわかってくれる
③長い時間仕事をすること
④忙しければ、人を雇えば良いと思っている
⑤メリハリが大事で、仕事をした分、遊んで良い!
⑥お客様に喜んでもらうために、ドンドン設備投資をする
⑦探し物をするくらいなら、買った方が早い!

このような感じでした。だから会社の収支はいつも赤字ギリギリ。頑張っても、頑張っても、会社にお金が残らない状態です。

そんな状態の時に、70代の先輩経営者から「松尾くん!財務の勉強会をやろうか?」と声をかけてもらったことが本当に大きかったです。そしてその勉強会で財務を5年間学んで、ある程度習得してから卒業しました。

決算書の数字が何を言っているのか?わかると、考え方が変わり、行動が変わります。しかし毎年の収支ばかり見ていると、やってもやっても同じことの繰り返しをしていることに気付きます。そして思ったことは、若いうちは体力もあって、今のやり方で良いかもしれないけど、年齢が上がり、体力が落ちた際に、今と同じやり方をしていても、体がもたない!と自覚したわけです。

モノの尺度を変えてみる

頑張っても、頑張っても、同じところをクルクル回っているラットレース状態から、抜け出すために、ラットレースを降りる覚悟を決めます。そして意識にするようにしたのが、バランスシート(貸借対照表)。

そうすると、毎年の成績の損益計算書を見ながら、一喜一憂するより、バランスシートを見ながら、自社が確実に成長しているのか?を見た方が、自分にはちょうど良いことが、わかってきたのです。

現在は、個人のお金のほとんどを資産(金のタマゴを産むガチョウ)を買うようにしています。すなわち投資(投資信託と株)に廻しています。そうすることで、少しずつではありますがお小遣いが増えていきます。

会社でいう資産とは何か?
それは人財だと思うようになりました。すなわちスタッフさんが働きやすい環境を作ってあげることが、バランスシートをよくすることだと思うようになったわけです。

もし経営者が、バランスシートを見ることが出来ずに、損益計算書で業務の内容を判断すると、人件費率が高いことが気になりだし、リストラを考えたり、または正社員よりパートにしたり、さらに過度の仕事を要求するかもしれません。

しかしバランスシートを意識している経営者なら、スタッフさんを大事に育てると思うのです。なぜなら、人は今以上に成長するから、できる仕事が増えて行くからです。

現在は、財務表を常に意識していますので、新しいことを始めても、すぐにスタッフを雇うことを考えずに、今いるスタッフさんで廻せる仕組みを考えようにしています。そうすることで、余計な人件費が増えることがないからです。
心していることは、働く環境を良くしながら、今いるスタッフさんの能力を引き上げること。
これがバランスシートを意識しながら経営する事で知ったことです。

以前、ある経営者から面白い話を聴きました。
「売上を毎年15%ずつ上げると、5年で2倍になる!」。
確かに計算上はそうなんですけど、
2倍の売上にするために、
①何人スタッフを増やさないといけないの?
②誰が教育するの
③売上が増えたことで、起こるデメリットは?

このようなことまで、考えることが大事だと思うのです。僕が大事にしているのは、自分の丁度良い量を知っておくこと。僕は、売上より、丁寧に撮影できるお客さんの数で丁度良いと思っています。それ以上増えても、余計な問題も増えると思っているからです。

今日は、ここまでです。
最後まで、読んで頂いて、ありがとうございました。
このブログは、長男の空手の練習に付き合っているために毎日23時に更新しています。
良かったら、また読みに来てください。

僕のブログが、仕事や、生活に何か?お役に立てたら幸いです。
また読んで頂いて感想や、コメントを頂けると嬉しいです。
下記のコメント欄を使って、お気軽にコメントや感想を送ってみて下さい。

隊長こと、写真の松屋(福岡県うきは市)メインカメラマン 松尾 勝彦でした。

【お知らせ】12月12日(日)20時からclubhouseで配信

毎月第2と、第4日曜日の20時からclubhouseで 未来への種まきroomを開催しています。

このroomは「7つの習慣」の意識しながら生活していくことで配信しています。そして「7つの習慣」のことを、多くの方にしってもらい、自分の人生を快適に過ごしてもらいたいと思っています。このroomで一緒に発信してもらっているのは、静岡県裾野市のファイナンシャルプランナーお金の設計事務所 創現舎(そうげんしゃ)の真田さんと、愛知県安城市のきもの和楽 かね宗の三代目こと石川さん、北海道札幌市のブランドデザインオフィス KABAK’s(カバックス)の椛本さんです。このメンバーは現在 僕の人生の師匠 小阪裕司氏が主宰されているワクワク系マーケティング実践会で学び合っています。このroomの開催時間は約60分。子育ての話や、子供たちに身につけて欲しい良い習慣(片付け・貯金・勉強など)のお話ししています。子供たちに良い習慣を身に付けてもらえれば、子育てが楽になると考えています。

現在、チャレンジとして貯金ができない3代目が、貯金の習慣を身に付けようと頑張っています。目標貯金額は100万円。「7つの習慣」のお話は、子育て中の方に聞いて頂きたいお話しです。お時間があれば聞きに来てみてください。その際「完訳・7つの習慣」の本を持ってこられると、より分かりやすく聞けると思います。

振り返りシートのダウンロード

このroomは、2週間に1回のペースで行っています。その理由は、何か?始めて習慣にする際に、2週間のペースが丁度良いと思ったからです。未来への種まきroomで、話を聞く際に、振り返りシートを事前にダウンロードされておかれることをおススメします。ダウンロードは、こちらです。

僕らの話を聞きながら
①今日の気付き
②未来のゴール(終わりを思い描く)
③未来へのチャレンジ(主体的に、最優先事項を優先する)

をまとめられて、翌日からの実践のお役に立てればと思います。最初は小さな1歩ですが、コツコツ続けることで習慣になり、人生が好転できると思います。一緒に頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です