効果性|くら寿司で体感したこと①

隊長です!

先日、くら寿司にランチに行ってきました。コロナのこともあって、あまり混んでいない開店11時を狙って行ってきました。お目当ては、長男を喜ばせるための鬼滅のプレゼントなのですが・・・。

くら寿司は、僕の住んでいることろから少し離れているので、年に1回行けるか?どうかなのですが、今回 スティーブン・R・コヴィー氏の「7つの習慣」の効果性を知ってからくら寿司を見てみると「効果性の考え方を、いろんな所に使ってあるなぁ~!」「うちの会社でも参考にさせてもらいたいなぁ~!」と思った次第です。

今回は、後日行うスタッフミーティングでスタッフさんに「効果性」という考え方を教えるための資料として書いてみたいと思います。読んでいる方にも、効果性の考え方が伝わればと思います。

ちなみに効果性とは、金のタマゴを産むガチョウのように、ガチョウを育てながら、タマゴを産んでもらう考え方です。「2頭追うモノ、一頭も得ず」ではなく、「2頭追うモノ、両方得る」という考え方だと最近説明しています。ただし欲を出しすぎて、ガチョウを殺してしまうことが意外と良くありますので、注意が必要です。

くら寿司の効果性を参考にしてみる

前回のブログに書きましたが、くら寿司で気付いたことは、
①くら寿司のガチャの「びっくらポン」のシステム
②お会計システム
③料理を運ぶベルトコンベ
④ふたが付いたお皿を流す
⑤少量しか出ない醤油さし
⑥入店してからの受付システム

でした。もしかしたら、ほかにも僕が気付かなかっただけで、いろいろあるのかもしれません。また裏方に回ると、さらにいろんなことがあるのだと思います。

気付いた点を2回に分けて、今回3つ解説してみます。

①くら寿司のガチャの「びっくらポン」のシステム

このシステムは有名なので説明はいらないと思います。簡単に言うと、食べたお皿を返却口に入れると、お皿5枚に1回、くじが引けて、当たればガチャガチャがもらえます。子供は喜びます。この日は、1つ当たりを引くことができました。

この仕組みの上手なところは
①お客さんがお皿を片付けるので、スタッフの仕事が減る。テーブルが皿でいっぱいにならない。食べ終わったお皿がテーブルに山積みに残っていないのでお皿がテーブルにないので、まだ食べられそうな感じになると思います。空いてる皿がテーブルにいっぱいだと見ただけで、お腹いっぱいになる気がします。
②5皿単位で、食べてもらうことができるので、客単価が上がる。あと2枚のお皿でクジが引けると思うと、お腹いっぱいでも頑張って食べると思います。特に、お子さんのいるパパはそうなると思います。

このように、お店の嬉しいこと(売り上げが上がり、スタッフの仕事が減る)と、お客さんの嬉しいこと(くじでワクワク、当たればガチャポンがもらえる)を上手に組合わせた考え方だと思います。

会計システム

普通の回転すしの場合、会計の際に店員さんを呼んで、皿の数を数えて貰うのですが、くら寿司ではタッチパネルですぐに御会計が出ますので、スタッフの仕事を減らしています。さらにお客さんは、スタッフさんがテーブルに来る時間+スタッフさんがお皿を数える時間を待たなくてすみます。わからなかったことは、値段の違うお皿を間違わないで、よく計算してあるところがさらに関心でした。

③お寿司を運ぶベルトコンベ

他のお店に行くと、レーンに流れていないお寿司をパッチパネルで注文する際に、新幹線の乗り物などが運んできてくれます。ただ毎度毎度、返却ボタンを押すのが、とても面倒でした。忘れて返却しないと「返却してください!」と ブザーで急かされます。その点、くら寿司では、タッチパネルで注文したお寿司は、乗り物ではなく、普通の平らなレーンの上で運んでくれますので返却がありません。お客さんとしては、返却ボタンを押す手間が省けます。またお店側からしても、返却される際に何も乗っていない新幹線などの乗り物が戻って来る際にかかる電気代を考えると返却されない方がコストもかからないといメリットがあると思います。

このように、よく考えられて経営をされていると感心しながら、おいしくお寿司を頂きました。
次回は、 ④ふたが付いたお皿を流す⑤少量しか出ない醤油さし⑥入店してからの受付システム について書いてみたいと思います。

今日は、ここまでです。
最後まで、読んで頂いて、ありがとうございました。
毎日23時に更新しています。
良かったら、また読みに来てください。

僕のブログが、仕事や、生活に何か?お役に立てたら幸いです。
また読んで頂いて感想や、コメントを頂けると嬉しいです。
下記のコメント欄を使って、お気軽にコメントや感想を送ってみて下さい。

隊長こと、写真の松屋(福岡県うきは市)メインカメラマン 松尾 勝彦でした。

【お知らせ】11月14日(日)20時からclubhouseで配信

毎月第2と、第4日曜日の20時からclubhouseで 未来への種まきroomを開催しています。

このroomは「7つの習慣」の意識しながら生活していくことで配信しています。そして「7つの習慣」のことを、多くの方にしってもらい、自分の人生を快適に過ごしてもらいたいと思っています。このroomで一緒に発信してもらっているのは、静岡県裾野市のファイナンシャルプランナーお金の設計事務所 創現舎(そうげんしゃ)の真田さんと、愛知県安城市のきもの和楽 かね宗の三代目こと石川さん、北海道札幌市のブランドデザインオフィス KABAK’s(カバックス)の椛本さんです。このメンバーは現在 僕の人生の師匠 小阪裕司氏が主宰されているワクワク系マーケティング実践会で学び合っています。このroomの開催時間は約60分。子育ての話や、子供たちに身につけて欲しい良い習慣(片付け・貯金・勉強など)のお話ししています。子供たちに良い習慣を身に付けてもらえれば、子育てが楽になると考えています。

現在、チャレンジとして貯金ができない3代目が、貯金の習慣を身に付けようと頑張っています。目標貯金額は100万円。「7つの習慣」のお話は、子育て中の方に聞いて頂きたいお話しです。お時間があれば聞きに来てみてください。その際「完訳・7つの習慣」の本を持ってこられると、より分かりやすく聞けると思います。

振り返りシートのダウンロード

このroomは、2週間に1回のペースで行っています。その理由は、何か?始めて習慣にする際に、2週間のペースが丁度良いと思ったからです。未来への種まきroomで、話を聞く際に、振り返りシートを事前にダウンロードされておかれることをおススメします。ダウンロードは、こちらです。

僕らの話を聞きながら
①今日の気付き
②未来のゴール(終わりを思い描く)
③未来へのチャレンジ(主体的に、最優先事項を優先する)

をまとめられて、翌日からの実践のお役に立てればと思います。最初は小さな1歩ですが、コツコツ続けることで習慣になり、人生が好転できると思います。一緒に頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です