貯金|自分の浪費クセのキッカケを覚えていますか?

隊長です。

あなたは、
浪費クセはありますか?

僕は、18歳で、
東京・新宿で一人暮らしを始めて、
浪費クセが身についてしまいました。

f:id:miraihenotanemaki:20200601125445p:plain
けして、
東京・新宿の場所が
悪かったわけではありません。

僕は、高校3年生まで、
1ヶ月3000円でよかった人なのに、
何で一人暮らしで浪費を
覚えてしまったのだろう?
と考えてみました。

考えるキッカケになったのは、
たまたま春から一人暮らしを始める
18歳の男の子の親御さんと話をしていたからです。

「うちの子は、浪費はしないですよ!
物欲もないし!」と言われました。

これ以上は、話をしませんでしたが、
僕の心の中では、
本当に大丈夫なのだろうか?
と思ったわけです。

そもそも、なぜ僕は、
浪費クセが付いたのだろう?
と疑問がわいて来ました。

僕は、今でのそうですが、
あまり物欲はありません。

僕が当時、
浪費していた1番の原因は、
パチンコでした。
それと、
タバコと、お酒でした。
あと、
外食と、
コンサートにもよく行ってました。

そして、社会人になって
ローンを組んで、モノを買うことを、
覚えてしまったことでした。

若いから致し方がないことのですが、
今思えば、あまりにも勿体ないです。

目の前の快に溺れてしまい、
将来、何もできないので、
勿体ないです。

なぜ、このようなことをしていたのか?
そもそもに、
「かっこいい!」
「誘いを断れない!」
という想いが強かったのかも知れません。

パチンコも、タバコも、お酒も、
大人になれる憧れや、嬉しさから
始めてしまったような気がします。

今から一人暮らしや、社会人になる方に、
知っておいてもらいたいことは、
パチンコも、タバコも、お酒は、
習慣になりやすく、
すぐ身に付き、
なかなか辞めることができにくいので、
くれぐれも始める前に、
考えて始めて欲しいのです。

またローンで買い物をすることを、
覚えてしまうと、
前の商品の返済が終わってないのに
欲しいモノがどんどん増えてきます。

最初は、返済金額が
小さいので、良いのですが、
返済が終わらないうちから、
次のモノを買ってしまうと、
次第に返済がキツくなります。

僕の経験上、
独身なら、
手取りの2割以上返済になると、
だんだん苦しくなると思います。

お金の知識がないままに、
ローンを組んでしまうと、
利息が高いことで、
返済がきついことを、
あまり感じないまま支払っていることもあります。

「買い物をする際は、お金が貯まって買う
 という習慣(考え)を身につけること」です。

流行に後れることも、
友達に対して、断ることもありますが、
後で苦しくならないために実行してほしいです。

そのためにも、普段から
収入の10%を先取り貯金する
②決められた範囲内でやりくりする
③ローンで買い物をしない
これさえ知って守っていれば、貯金ができます。

あとは、
通帳を4つ準備して貯金の流れ(仕組み)が
できれば準備OKです。

miraihenotanemaki.hatenablog.com

高校生で、アルバイトをする際も同じです。

浪費をしないためにも、
ぜひ夢や、将来の目標を持つことは、
とても大事です。

お金を貯めて、
友達と海外旅行でも良いのです。
そうすると、
自然にお金を貯める習慣が身につきます。

ぜひ、
一人暮らしや、社会人になられる
お子さんが身近にいらっしゃる時は、
お金のルールと、お金の使い方について、
よくよく話をされた方が良いと思います。

多分、簡単にローンを組んで買い物をして、
結果、苦しんでいる方も多いと思います。

僕も、以前 知らず知らずの内に
リボ払いになっていた経験があります。
ネット上に上手に罠が仕掛けてあります。
しかもべらぼうな金利です。

どんなに、自分のお子さんが安心でも、
お金の話を、きちんとしてあげたいた方が、
良いと思います。

ご両親のお金に対する経験を
話されることでも、
良いと思います。

なぜなら、
ひとり暮らしは、
まだ体験したことが無い未知の体験が、
始めるのですから。

実家にいた時には、
感じなかった守ってもらえる人が、
誰もいなくなります。

今日は、ここまでです。
最後まで、読んで頂き、
ありがとうございました。
何か?参考にして頂ければ幸いです。 

貯金|自分の浪費クセのキッカケを覚えていますか?” に対して2件のコメントがあります。

  1. rika0401joy より:

    自分では浪費家だとは思っていませんが、浪費クセのキッカケを考えた事がなかったので、とても参考になりました。
    読者登録させていただきますね!

  2. miraihenotanemaki より:

    コメントありがとうございます。浪費されないことが羨ましいです。秘訣を教えて頂きたいです。読者登録ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です