子育て|子供に読ませたい「お金の教育の本」

こんにちは!
昨日、初めて「餃子」を焼いてみた隊長です。
キッカケは、
先日、奥さんが餃子を焼くのを苦戦していたので、
代わりに焼いてみました。
YouTubeで、イメージトレーニングしてから、
作ってみました。
まぁまぁのできでしたよ!
次回は、
もっと上手く焼いてみたいです。

今日は、お金の話です。

僕は、お金のことに興味ができて、
いろんな「お金」の本を読んでみて
「この本は、将来 子供に読ませたい!」と思って、
メルカリで売らずに、
大事に取ってある本が何冊かあります。

その本をご紹介します・

僕のコレクションの中で、
一番好きな本は、
「イヌが教えるお金持ちになるための知識」

f:id:miraihenotanemaki:20200430100746j:plain

をご紹介します。

この本は、現在は廃盤で、
中古でしか手に入れることができません。

ただ、
復刻版でタイトルは変わっていますが
マネーという名の犬」と本で再販されています。

マネーという名の犬ーー12歳からの「お金」入門【電子書籍】[ ボード・シェーファー ]

価格:1,426円
(2020/4/30 09:26時点)
感想(0件)


2冊とも、
同じ内容なのですが、
言葉遣いが少し違います。

本の内容は、
主人公のキーラ(小学生の普通の女の子)が、
マネーという名の犬(キーラだけに言葉が話せる)に出会い、
マナーがキーラにお金のルールを教えていく物語です。

キラーは、最初 一般的な消費をする女の子。
①本当に欲しいものを明確にする
②仕事を作る
③貯める
投資信託を買う
⑤夢を達成する

途中に出てくる
両親の借金の返済法も
僕はためにな離ました。

普通の女の子が、
お金持ちになっていくサクセスストーリーです。

4年生の小学生でも、
読むことができる本です。

僕は、今までに10回くらい
読み直しました。

そして、
現在、本の通りに実践しています。

実践してみて、
思うことは、
良いイメージを、どうやって持つか?
だと思います。

大人が、子供たちに、
なかなかお金の知識を教えることが
できる機会は少ないです。

このような本を、読むことで、
物語を通して、
人生や、お金に対する知識を
少しずつ身につけていくことは
大事と思います。

特に、前回書きました
子供に伝えたい:お金の貯め方「収入の10%のお金を貯める習慣作り」

miraihenotanemaki.hatenablog.com

お金を貯める習慣を身につけるためにも、
このような物語を読んでイメージを作ることは大事です。

この本は、大人が読んでも楽しい本なので、

ぜひ読んでみてください。

今日は、ここまでです。
最後までお読みいただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です