「マズローの5段階欲求」:子供たちの承認欲求を理解すると子育てが楽になる

こんにちは!
隊長です。

前回、子育てと「マズローの5段階欲求」
の話を書きました。

miraihenotanemaki.hatenablog.com

マズローの5段階欲求」を
理解しながら、
子育てをすると、
とても楽です。

例えば、
今、うちの3歳の長男は
「パパ!見て!」
「ママ!見て!」
「応援して!」
「もっと褒めて!」と1日何回も言っています。

f:id:miraihenotanemaki:20200429060301p:plain
そんな長男を見ていて、面白くて、
楽しくなります。

これは「マズローの5段階欲求」で、
長男3歳ののレベルがわかっているからです。

でも、
多くの場合、マズローの5段階欲求」を知らないで、
子育てしていますので、
もしパパやママが、おうちで家事や、仕事をしている際に、
「パパ!見て!」
「ママ!見て!」
「応援して!」
「もっと褒めて!」
と、言われるたびに、手を取られてしまうと、
イライラされるのではないでしょうか?

けして、
「いい加減にして!」
「しつこい!」
などの言葉を言わないでください。

この言葉を使ったことで、
「僕は認めてもらっていない」となり、
後々、子育てが大変になると思います。

実は「承認の欲求」は、
子供だけに限ったことではないのです。

大人も「承認の欲求」を
強く求める方がいます。

その典型が
Facebookや、 InstagramTwitterです。

「いいね!」をたくさんもらいたくて、
投稿されている方もいるのではないでしょうか?

僕も以前は、
たくさんの「いいね!」をもらいたくて、
記事を書いていました。

「いいね!」をたくさん貰えると、
嬉しいですよね!

「また頑張ろう!」と、
やる気が出ると思います。

このように、
人から承認されると、
人はやる気になります。

なので、
僕は、承認は「やる気のスイッチ」を
入れるために必要なことだと思います。

なぜ承認欲求は「やる気のスイッチ」を入れる為に必要なのか?
と言いますと、
僕の師匠が、
この「やる気のスイッチ」を入れるのが
上手いからです。

僕も、今から16年前に
「やる気のスイッチ」を入れてもらいました。

一度、やる気のスイッチを入れてもらえると
①長い間、持続する
②自分で「やる気のスイッチ」を入れることができる

そして、
たくさんの人が、
師匠の言葉掛けで、
「やる気のスイッチ」を入れてもらっている現場を
立ち会っているからです。

師匠のそばで、
「やる気のスイッチ」を入れてもらって、
目の色が変わる方をたくさん見てきました。

この「やる気のスイッチ」は、
子供だろうが、70歳のおじいちゃんだろうが、
全く年齢に関係ありません。

承認の力は、こんなに凄いのか?
と思うくらい、人が変わります。

で、
師匠は、
どんなテクニックを使ったり、
どんな言葉かけをしているか?
と、いうと
正直、何もしてないのです。

ただ
「すごいね!」
「さすがだね!」
「よく気付いたね!」
「いい感じだね!」
「素晴らしい!」
「大正解!」
たったこれだけの言葉を、
繰り返し言ってあるだけです。
※たったこれだけの言葉なのですが、
中身はすごいのです。
しかも、誰にでもです。

詳しくは、
こちらの記事に書いています。

miraihenotanemaki.hatenablog.com

僕も、これらの言葉を
魔法の言葉と思って、
スタッフ育成や、子育てに使っています。

今までに、師匠から、
これらの言葉を投げかけられて、
変わった方をたくさん見てきました。

たったこれだけの言葉で、
人は満たされていきます。

ぜひ、
お子さんに使って見てください。

子育てが、楽しく、楽になると思います。

よかったら、
パートナーにも使って見てください。
パートナーが、やる気を出してくれますよ!

最近、こんな動画も見つけました。


家事中や仕事中、子どもに【今だけは一人で遊んでほしい…】と思ったらこれ!

てぃ先生の動画で、
いつも子育ての参考にさせてもらっています。

今日は、ここまでです。
何か?参考にして頂けたら、幸いです。

最後まで、読んで頂いて、
ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です