投資|口にしなくても、背中で語れる人になる

隊長です。

片付けから、投資の流れについて、
昨日まで書いてみました。

片付けや、貯金や、運動、健康診断など
後回しにしやすいことを、
実行するためには、
見本になる人を作ることが大事だと思っています。
一緒に実践することです。

それができるようになると、
僕の経験上、
おいおい自分一人で、
自分の理想に向かって、
実践できるようになります。

今日は、
後輩の見本になれたことのお話
を書きます。

f:id:miraihenotanemaki:20200624100018p:plain

人は、自分が納得しないと、
行動しないものです。

無理に引っ張っても、
意味を理解しないと、
行動しません。

意味を伝える、見せてあげることが、
先輩の役割だと思います。

本当は、
別の後輩のために、
「お金の使い方」の考え方を変えてもらうために、
株式投資を始めたのですが、
なんと!
なんと!
別の後輩 Fくんが、
僕の姿を見て、
投資を始めてくれました。

その話を聞いたときは、
嬉しかったです!

なかなか怖(怪しい)くて、
投資は、始める方は少ないです。

しかも、
コロナの影響で、
株式市場が暴落している時に、
たまたま始めたために、
かなり大きなリターンを得たみたいです。

多分、1ヶ月の給料が、
3月~4月の2ヶ月で
増えているのではないでしょうか?

たまたま始めた時期が、
暴落の時期だったことで、
始めるタイミングも良く、
彼はなんて運があるんだろう!
と想いました。

※今は、かなりのスピードで、
 株価が回復していますので、
 もし投資を始めるのであれば、
 長期投資を見込んだ、
 毎月、少額で行う積立投資が
 良いと思います。
 今の時期は、ちょっと怖いです。

素直に、何も考えずに、
良いと思ったことをやってみる

この件で、
とても大事なことだと思いました。

大事なのは、
これをやることで良い!と思えてことです。

なぜ良いと思えたのか?

僕が20年前に、
人生の師匠の本を読んで見て、

「ありがとう」と言われる商い

「ありがとう」と言われる商い

  • 作者:小阪 裕司
  • 発売日: 2010/06/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

この人について行きたいと思ったことを、
思い出しました。

当時、周りからいろいろ言われました。
「松尾は、変な宗教に入った!」など、
言われてました(笑)

結果的に、
人生の師匠に学んできたことは、
とても良かったと思います。

特に、
現代社会のような変化のスピードが
速い時代の中で、
師匠は羅針盤のような存在です。

将来を予測、
導いてもらっています。

おかげで、迷子になることがありません。

後輩のFくんの凄いところは、
すぐに行動に出ること。

ただFくんは、
行動が早いために、
片付けが苦手です。

おいおい教えてあげたいと思っています。

ただ投資信託を始めたことで、
お金に対する意識の持ち方が、
変わるのではないか?と思います。

今まで以上に、
お金を大事に使う意識が生まれれれば、
よく考えてモノを買うようになり、
お家にモノが入ってくる確率が減るので、
片付けしやすいお家になるのでは?
と期待しています。

Fくんの「良い!」と思ったことに対する、
行動力と嗅覚が優れていると思います。

今度、このあたりの話を聞いてみたいと思います。

きっと
風吹けば、桶屋が儲かる
みたいな嗅覚があるのかな?

後輩の嬉しい姿を見ていて、
そんな気がしています。

先を読む力を、
養うことが、
これから、とても大事になります。

次回「風吹けば、桶屋が儲かる」
の話について深掘りをしてみたいと想います。
自分が、普段どのレベルで物事を考えているのか?
を知るバロメーターになると思います。

一歩を踏み出す勇気になれば幸いです。

今日は、ここまでです。
最後まで、読んで頂いて、
ありがとうございます。

何か?参考にしていただければ、
幸いです。

それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です