隊長です!

前回の続きで、お題「これまでの仕事の中で、ワクワクして心が躍ったことは何ですか?それはなぜですか?」のお話です。

前回、撮影前から良い写真を撮るための準備の話を書きました。
今回は、撮影中のお話です。

前回も書きましたが、仕事の中で、ワクワクして心が躍ることはなかなかありません。
強いて言えば、良い写真が撮れて、お客様が喜んで頂くこと。または、僕に期待をして頂いて、撮影の予約を入れて頂いたときです。

撮影中は、状況がコロコロ変わるので、同じようにことが進まないことがあるので、気が抜けません。一言一言、慎重に言葉を選びながら発しています。と、言いますのも、お客様の自然な笑顔を引き出すために、お客様のタイプによって話す内容を変えています。

おかげで、30年間写真の仕事をしていますが、すごく訓練になりました。

ちょっと自慢は、「うちの子は、男の人がダメなんですけど・・・・・・!」と言われても、撮影ができなかったことがほとんどありません。覚えているのは、30年間で1度だけ僕が撮影ができずに、女性スタッフに任せてしまったことはあります。

きっとこれも、お子さんの前に登場する際に、微妙な距離感を保ちつつも、パパとママと自然に会話することで、少しずつお子さんとの距離感を縮めながら撮影しているのだと思います。

カメラマンになったことで、おかげで性格が変わる

元々、僕は人見知りなので、人前に出るのが苦手です。
でも、カメラマンなので、そんなことは言えません。

また、女性と話をするのも苦手です。
でも、カメラマンなので、そんなことは言えません。

さらに、すごくせっかちな性格をしています。
しかしカメラマンなので、状況は常に変わるので、そんなことは言えないわけです。

よくよく考えると、カメラマンが性格に合ってるのか?と言われれば、疑問もあります。でも、あえて苦手なことを克服することで、その甲斐があって新たな能力が伸びたと思います。きっと、カメラマンの仕事をしていなかったら、女性と会話をすることが苦手だったので、きっと結婚もできなかったと思います。

苦手を克服して、他人より自分ができると確信していること
①空気を読む
②客観的に考えることができる
③未来を予測することができる
④自然な雰囲気を演出できる

⑤頭の回転が速くなる
⑥目に見えないモノを感じる力が身に付く
これらのことができるようになったと思います。

「子供たちに好きなことを仕事にしてもらいたい!」と思っている親御さんも多いと思いますが、苦手なことをあえてやらせることで、新たな能力を引き出すこともあることを、僕は自分自身で体験していますので、我が子には、人間的に幅を出させるために少々苦手なこともさせて行こうと考えています。

苦手を克服して身に付けた能力

先ほども書きましたが、カメラマンとして、致命的な性格を克服することで身に付けたスキール
①空気を読む
②客観的に考えることができる
③未来を予測することができる
④自然な雰囲気を演出できる

⑤頭の回転が速くなる
⑥目に見えないモノを感じる力が身に付く
があります。

1つ1つ解説してみます。
①空気を読む
一瞬で空気が読めますので、誰に声を掛けたら、自然な雰囲気の演出ができるのか?分かります。

②客観的に考えることができる

客観的に俯瞰して物事を考えることができるので、瞬時にどの角度から撮影すると、良い写真になるのか?分かるようになります。

③未来を予測することができる

動きを予測して、写真を撮ることができる

④自然な雰囲気を演出できる

カメラのファインダーを覗くことで、光の方向や、被写体の顔の部分の影の量や、ポージングなど瞬時に計算しながら撮影をすることで、自然な雰囲気を演出する

⑤頭の回転が速くなる
カメラマンの宿命ですが、一瞬の話なので、その1瞬のために、事前に作り込んで行くわけです。そうなると、自然と頭の回転が速くなります。もし1瞬を外してしまうと、取り返しのつかないことになるわけです。

⑥目に見えないモノを感じる力が身に付く
僕の仕事は、かわいい衣装を着てもらったり、キレイな衣装を着てもらって写真を撮るだけではなく、目に見えない家族の愛情や、思いやり、親切、感謝、人柄など外見だけではわからない心の内面にあるモノを写真を通して目に見える形に表現していると思っています。

撮影の裏側を話してみると、このような感じなので、撮影中は余裕がなく、集中していますので、ワクワクを感じながら撮影することが僕の場合できないわけです。

だから、撮影が終わって、お客様に写真を納品して、写真を見ながら喜んで頂いた時が、一番嬉しい時間です。

今日は、ここまでです。

最後まで、読んで頂いて、ありがとうございました。
このブログは、長男の空手の練習に付き合っているために毎日23時に更新しています。
毎日1,000文字を目標に書いています。

良かったら、また読みに来てください。
もし気に入って頂けたら、ブックマークを付けてもらえると嬉しいです。
僕のブログが、仕事や、生活に何か?お役に立てたら幸いです。
また読んで頂いて感想や、コメントを頂けると嬉しいです。
下記のコメント欄を使って、お気軽にコメントや感想を送ってみて下さい。

隊長こと、写真の松屋(福岡県うきは市)メインカメラマン 松尾 勝彦でした。

6月26日(日)20時からclubhouseで配信

毎月第2と、第4日曜日の20時からclubhouseで 未来への種まきroomを開催しています。

このroomは「7つの習慣」の意識しながら生活していくことで配信しています。そして「7つの習慣」のことを、多くの方にしってもらい、自分の人生を快適に過ごしてもらいたいと思っています。このroomで一緒に発信してもらっているのは、静岡県裾野市のファイナンシャルプランナーお金の設計事務所 創現舎(そうげんしゃ)の真田さんと、愛知県安城市のきもの和楽 かね宗の三代目こと石川さん、北海道札幌市のブランドデザインオフィス KABAK’s(カバックス)の椛本さんです。このメンバーは現在 僕の人生の師匠 小阪裕司氏が主宰されているワクワク系マーケティング実践会で学び合っています。このroomの開催時間は約60分。子育ての話や、子供たちに身につけて欲しい良い習慣(片付け・貯金・勉強など)のお話ししています。子供たちに良い習慣を身に付けてもらえれば、子育てが楽になると考えています。

現在、チャレンジとして貯金ができない3代目が、貯金の習慣を身に付けようと頑張っています。目標貯金額は100万円。「7つの習慣」のお話は、子育て中の方に聞いて頂きたいお話しです。お時間があれば聞きに来てみてください。その際「完訳・7つの習慣」の本を持ってこられると、より分かりやすく聞けると思います。

振り返りシートのダウンロード

このroomは、2週間に1回のペースで行っています。その理由は、何か?始めて習慣にする際に、2週間のペースが丁度良いと思ったからです。未来への種まきroomで、話を聞く際に、振り返りシートを事前にダウンロードされておかれることをおススメします。ダウンロードは、こちらです。

僕らの話を聞きながら
①今日の気付き
②未来のゴール(終わりを思い描く)
③未来へのチャレンジ(主体的に、最優先事項を優先する)

をまとめられて、翌日からの実践のお役に立てればと思います。最初は小さな1歩ですが、コツコツ続けることで習慣になり、人生が好転できると思います。一緒に頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。