会議|アイデアを出す際は、ジャッジしない

隊長です!

アイデアのたくさん出る楽しい会議をする際、大事なことは相手の言ったアイデアや、意見に対して、すぐにジャッジをしない様にしましょう。そうしないと、なかなか意見が言えなくなります。意見が出ない会議になることほど、参加者の能力が発揮できなくてもったいない、また時間の無駄にもなります。

そういう僕も、会議のルールを知らなかった際は、すぐにジャッジしていました。嫌いな相手の意見には、とことん反対していたと思います。しかしスティーブン・R・コヴィー氏の「7つの習慣」を勉強してから、価値観の違う人同士の方が大きなシナジーを創ることができるということを知ってからは、相手の話を聞けるようになりました。

大事なことは、このように会議のルールや、意味を知っていることだと思います。知れば、素直に従いますが、知らないと自分の今までのペースを崩さないと思います。

マウントを取りたがる人

僕も最近知ったが概念に「マウントを取る」という言葉があります。マウントを取るとは、自分を優位なポジションに持っていく考え方です。何がない言葉で、自分の方が上だということをアピールすることです。会議の際に、相手の話を聞いていると、マウントを取りたがる人が結構いることに気付きます。ちなみに「マウントを取る」とは、自分の優位性を相手や周囲に示す行為を指します。

会議を始める際に、「マウントを取る」という話をしてあげた方が良いと思います。そうしないと、マウントを取る人は、自分ではマウントを取っている気にはなっていないと気がします。しかし言葉の端々に、自分の方が上だ!自分の方がこの件のことは良く知っている!といった感じになってしまうと、他の方がなかなか意見を言いにくくなります。

優しい言葉でマウントを取る

実は、マウントを取ろうとする人は、本当はマウントを取ろうとしてはしてないと思うのです。でも、どうしても上下の関係で考えてしまうために、言葉に上下関係が出てしまいます。僕も最近、「0秒思考」の赤羽雄二さんからこのマウントの考え方を教えてもらいました。

実は「顔色悪いね!」「自信を持った方が良いよ!」という言葉も、マウントを取る言葉だそうです。多分、言っている本人も、相手のことを思って言っていると思うし、言われている方も自分のことを気遣ってくれている!と思うと思うのです。しかしこれらの言葉が、マウントを取る言葉になっていますので、知らず知らずのうちに上下関係が生まれてしまいます。このことを知ってから、マウントを取る方を避けるようになりました。また避けても良いことを知りました。

会議で大事なのはヨコの関係

会議で大事なのは、年齢差はあったとしても、上下の関係ではなくフラットな関係だと思います。意見の言いやすい環境を作ることで、シナジー効果が生まれます。もし意見や、発言が出なかった場合、参加者が何も考えていないのではなく、意見や発言がしにくい状況になっていることを知っておくことが大事だと思います。会議で大事なことは「7つの習慣」の中の第5の習慣:まず理解に徹して、そして理解されるです。まず相手の意見がどのような背景からの発言なのか?ジャッジしないで、相手を理解するために聴くことが大事だと思っています。聴くことを大事にしていれば、だんだん意見を安心して言ってくれるようになるのでは?と期待しています。

今日は、ここまでです。
次回は発言しやすい環境を作るための場作りの話を書いてみたいと思います。
最後まで、読んで頂いて、ありがとうございました。

毎日23時に更新しています。
良かったら、また読みに来てください。
僕のブログが、仕事や、生活に何か?お役に立てたら幸いです。

また読んで頂いて感想や、コメントを頂けると嬉しいです。
下記のコメント欄を使って、お気軽にコメントや感想を送ってみて下さい。
隊長こと、写真の松屋(福岡県うきは市)メインカメラマン 松尾 勝彦でした。

【お知らせ】10月24日(日)20時からclubhouseで配信

毎月第2と、第4日曜日の20時からclubhouseで 未来への種まきroomを開催しています。

このroomは「7つの習慣」の意識しながら生活していくことで配信しています。そして「7つの習慣」のことを、多くの方にしってもらい、自分の人生を快適に過ごしてもらいたいと思っています。このroomで一緒に発信してもらっているのは、静岡県裾野市のファイナンシャルプランナーお金の設計事務所 創現舎(そうげんしゃ)の真田さんと、愛知県安城市のきもの和楽 かね宗の三代目こと石川さん、北海道札幌市のブランドデザインオフィス KABAK’s(カバックス)の椛本さんです。このメンバーは現在 僕の人生の師匠 小阪裕司氏が主宰されているワクワク系マーケティング実践会で学び合っています。このroomの開催時間は約60分。子育ての話や、子供たちに身につけて欲しい良い習慣(片付け・貯金・勉強など)のお話ししています。子供たちに良い習慣を身に付けてもらえれば、子育てが楽になると考えています。

現在、チャレンジとして貯金ができない3代目が、貯金の習慣を身に付けようと頑張っています。目標貯金額は100万円。「7つの習慣」のお話は、子育て中の方に聞いて頂きたいお話しです。お時間があれば聞きに来てみてください。その際「完訳・7つの習慣」の本を持ってこられると、より分かりやすく聞けると思います。

振り返りシートのダウンロード

このroomは、2週間に1回のペースで行っています。その理由は、何か?始めて習慣にする際に、2週間のペースが丁度良いと思ったからです。未来への種まきroomで、話を聞く際に、振り返りシートを事前にダウンロードされておかれることをおススメします。ダウンロードは、こちらです。

僕らの話を聞きながら
①今日の気付き
②未来のゴール(終わりを思い描く)
③未来へのチャレンジ(主体的に、最優先事項を優先する)

をまとめられて、翌日からの実践のお役に立てればと思います。最初は小さな1歩ですが、コツコツ続けることで習慣になり、人生が好転できると思います。一緒に頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です