隊長の横顔|神様からもらった課題

隊長です。

ブログに、
ずっと良いことしか書いてなかったので、
読んで頂いている方からすると、
「なんか、この人すごい!」
なんて、思われるかもしれませんね(笑)

全然、すごくないんです。

f:id:miraihenotanemaki:20200613095955p:plain

幼少期から、
全然ダメダメ。

31歳まで、
周りから「もっと自信を持て!」
と言われ続けていました。

でも、
「自信を持て!」
と言われても、
どうやって自信を持ったら良いのか?
わかりません。

自信を持つためには、
①評価される場にいること
②小さな成功を積み重ねていくこと
③「早寝早起き」など、
 自分との約束を守ること

そうすることで、
だんだん自分を信じることができ、
自信が持てるようになります。


でも50歳になって、
人生を振り返ってみると、
最初できない方が、
後で得をすること
を知ります。

例えば
①できない人の気持ちがわかる
②できないことができるようになることで、
 できない人に上手に教えることができる
③学ぶ楽しさがわかる
④常に刺激があるので人生に飽きがこない
⑤できた時の感動が忘れられない

そして、
1つ言えることは
「自分を信じて、10年間学び続ければ、人は変われる!」
ということです。

僕の人生の転機は、31歳(2001年)の時、
①結婚して、すぐに仕事が無くなって、
 嫌がらせのチラシを撒かれたこと

それから最近まで
②35歳の時に、スタッフが全員いなくなる
③40歳まで、スタッフが定着しない(5年間で20人入れ替わる)
④43歳の時に、大好きだった業界団体との決別
⑤47歳で子供を授かる
⑥最近、顧問税理士から突然の契約破棄。

振り返ってみると、
いろいろ悔しいことがありました。

その問題を、本を読むことや、
セミナーなどに参加することで、
1つ1つ問題を解決していくうちに、
今のようなブログを書けるようになったわけです。

まだ何もわからなかった時(30歳前半)、
先輩から
「10年間辛抱して、勉強を続けなさい!」
と言われたことがあります。

当時は、何もわからず、
迷っていた状態です。

先輩に、
半信半疑で聞き返しました。
「本当に10年頑張れば、変われるのですか?」

そして、言えることは、
10年後、本当に変われます。

その間、
たくさんの本を読み、
たくさんのセミナーに参加しました。

そうすると、
自分の発する言葉の内容や、前向きな言葉に
変わってきていることに気付きます。

いろいろな問題を克服している中で
①勉強を始めても急には変われないが、
 変わるタイミングは一気に来ること

②実践をする事で、情報や知識が、知恵に変わること
③自分を信じることで、自信が持てるようになること
④人生は自分がイメージを描いたようになる
⑤人生の師になる方に出会える
⑥実践力がつく
⑦失敗を歓迎できるようになる
ということです。

しかし課題のある当時は、
大変でした。

結婚当時、
急に売上の7割の結婚式場からが
追い出されるわけですので、
周りからは
「お前たちの結婚は、呪われている!」
なんて言われたこともあります(笑)

でも、
結果的には、おかげで
精神的に、少し強くなれたと思います。

僕は、宗教家ではありませんが、
神様はいると思っています。

たまに、
いろんな課題を出してきます。

「なんで!こんなことが起こるの?」
みたいなことがあります。

急に来ます!
今回のコロナも同じ感じです。

まさか!

でも、
その課題を1つ1つクリアしていくと、
1つずつ成長できていることに気づきます。

人生の師匠に出会えたのも、
結婚式場を追い出されたことが
キッカケです。

そして、その結婚式場は、
最近、潰れてしまっています。

だから、もし20年前に追い出されずに
「もし結婚式場にしがみついたまま、
 売上の7割を占めたまま、
 今 潰れてしまったら」
と考えるとゾッとします。

言えることは、
知識も、情報も、知恵も、行動力も
持てなかったと思います。

最後に、人生の師匠に教えてもらった
危機的状況に落ちいた時に、
自分の投げかける魔法のフレーズを
書いて終わりにしたいと思います。

それは、
「今、神様はあなたに何を
 教えようとしているのだろうか?」
です。

何か?問題にぶち当たった時に、
この言葉を自分で自問自答知ることで、
客観的に物事を考えることができ、
視野を広げて考えることができるようになります。

僕は今までに、
何度もこの言葉に救われてきました。

そして課題を克服した時に、
「今の自分の辛いこと(課題)は、
 のち(後)に誰かのためになる」です。

今日は、ここまです。
最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。

何か参考にして頂ければ、
幸いです。

それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です