ティチングと、コーチングの違い

こんにちは!

今日は、
ティーチングと、コーチングの違い
について書いてみたいと思います。

f:id:miraihenotanemaki:20200416192250p:plain

ティーチングとは、
先生と生徒の関係です。

学校をイメージしてみると良いと思います。
いわゆる
「先生から、言われたことをする」です。

なので、
大人からは、
「素直な子」と称されます。

反対に、
ティーチングとは、
自分で考えて、行動することです。

そのためには、
「なんで?」
「どうして?」
「そのためには?」
と、自分の内面に質問をしていくことが大切になります。

慣れないと、
少し難しいかもしれませんが、
慣れてくると、
自分の内面とキャッチボールができるようになって、
楽しくなります。

人は元々、
理由や、目的が分かると、
行動するからです。

今からのグローバル化に向かう中では、
自分で考えて行動できるようになることが、
とても大切です。

しかし
自分で考えて行動できる方が
大人でも少ないことが現状です。

その理由は、
①子供たちの学ぶ環境では、ティチングが多い
②自分で考えて行動するより、他人を真似た方が楽
③他人と違うことすることが、苦手
④「失敗したくない!」という思いが強い
など、あると思います。

文部省も、
自分で考えて行動できる人財を育てるために、
小学校で
「プログラミング」の授業が始まるわけです。

「プログラミング」のスキルを身につけることで、
論理的に考えることができる子供たちを育てようとしているわけです。

しかし
そのことを理解できている大人が、
どれくらいいるのだろうか?
と心配しています。

今日は、ここまでです。

子育ての少しでも参考になって頂ければ、
幸いです。

新装版 目からウロコのコーチング なぜ、あの人には部下がついてくるのか? (PHP文庫) [ 播摩 早苗 ]

価格:880円
(2020/4/17 10:32時点)
感想(1件)

マンガでやさしくわかるコーチング [ CTIジャパン ]

価格:1,650円
(2020/4/17 10:33時点)
感想(2件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です