童話|「ウサギとカメ」が教えてくれたこと「お金(貯金)」

隊長です。

僕の好きな童話「ウサギとカメ」の話を
書き出して、
3回目になります。

 

miraihenotanemaki.hatenablog.com

 

 

miraihenotanemaki.hatenablog.com

 

最近、改めて
「ウサギとカメ」の話は重要だ!
と思ったことは、
①お金の貯め方のこと
②時間の使い方のこと
この2つのことがあったからです。

今日は
童話「ウサギとカメ」に学ぶ
お金(貯金)のことについて
書いてみたいと思います。

f:id:miraihenotanemaki:20200729192416p:plain
僕が貯金を始めたのは、
今から8年前。

片付けを始めて、
少し経ってから、
お金が少しずつ貯まって
来ることに気付きます。

そうすると、
ちょっと欲が出てきます。

「お金を貯めて、
 亜希子と、もう一度ハワイに行きたい!」
という欲です。

僕の新婚旅行は、
亜希子には申し分けなかったのですが、
最悪でした。

だから、
お詫びにもう一度、
新婚旅行と同じコースを
一緒に廻ることが夢なのです。

なぜ最悪だったのか
?というと
当時、売上の7割を占めていた
結婚式場から追い出されたことが原因でした。

日本に帰って来ても、
仕事があるのか?
これから先、結婚したばかりで、
どうすれば良いのか?
不安でいっぱいだったからです。

まだ貯金を始めた8年前は、
浪費クセは治っていません。

当然、貯金は全くありません。

片付けのおかげで、
余っていくお金のペースで
貯金をしてみて、
何年で旅行に行けるのか?
ざっと予測して計算してみました。

すると、
5年以上かかることがわかりました。

計算が終わった瞬間、
「5年もかかるのか!」
とその時は諦めました。

そんなに時間がかかるのだ!
と実感したわけです。

そして
それから8年が経ちました。

で、
どうなったのか?
新婚旅行のやり直しは、
まだできていませんが、
当時貯めようとした金額の
5倍を貯めることができています。

そして、
そのお金を投資に廻しています。

miraihenotanemaki.hatenablog.com

 

miraihenotanemaki.hatenablog.com

 
なぜそんな金額になっていったのか?
時間をかけて、徐々に
貯金体質になったので、
お小遣いを使わなくなり、
貯金額が大幅に増えました。

最初は、
途方もない金額と思われたモノでも、
コツコツ時間をかけて、
お金も貯まります。

しかも、その間に
時間をかけることで、
習慣が改善され、
浪費型から、
貯金型に変わって行ったのです。

お小遣いの使う金額が減り、
貯金するペースが4倍になります。

この体験は、
「ウサギとカメ」の話に
似ていると思います。

目標ははるかに遠いけど、
1歩1歩歩いて行くことで、
着実に目標に近づいていること。

先を見すぎると、
目標は、遠くに感じますが、
着実に近付いていること。

カメのように、
ウサギと競争するのではなく、
自分を信じて、
進んで行くこと。

そして、
すごいことは、
最初は、ゴールに向かって進むイメージなのですが、
ある時から、不思議なことに
ゴールが向かって来てくれる感覚になります。

まさに1週間後に、
満期になる
積立定期がそのような感じです。

このことを貯金を通して、
僕は学ぶことができました。

達成する喜びを、
子供たちに伝えるためにも、
「ウサギとカメ」の話と、
貯金の話を同時にして上げることが大事だと思い、
書きました。

今日は、ここまでです。
最後まで、読んでいただいて、
ありがとうございました。

明日は、
「ウサギとカメ」に学ぶ、
時間の話を書いてみたいと思います。

何か?お役に立てたら幸いです。

隊長こと、
写真の松屋(福岡県うきは市)メインカメラマン 
松尾 勝彦でした。

笑顔大好き.com写真の松屋

それでは、また!

にほんブログ村の登録を始めました。
やりがいになりますので、
↓ ポチっと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です