教育|企業理念の言葉に込めた自社への想い

隊長です!

今日は、企業理念の言葉に込めた
自社への想いについて書いてみたいと思います。

 

当社企業理念(ミッション)は
子供たちの明るい未来の応援団。
家族の喜び、感動を創造し、
子供たちの褒められる機会を創ります。

理念(ミッション)に込めた想い、
それは、
僕の30代の10年間に起こった
辛い経験が、
ベースになっています。

今思えば、当時は辛かったのですが、
理念(ミッション)に出会えるために
あったのではないだろうか?
と思います。

当時、10年間であったこと
①売上の7割の結婚式場から撤退
②その結婚式場から、嫌がらせのチラシ攻撃に合う
③スタッフが全員退社
④その後、5年間でスタッフが20名入れ替わる

企業理念(ミッション)に込めた意味

  1. 子供たち
    ・子供たちのキラキラした笑顔を大事にしたい

  2. 明るい未来
    ・子供たちが未来に希望を持てる社会の実現
    ・子供たちが早く大人になりたいと思ってもらえること
    ・常に前向きな言葉を使うこと
    ・大人が未来に希望を持てる
    ・未来のために種まきをする
  3. 応援団
    私たちは主役ではなく、黒子(サポーター)である
  4. 喜び
    ・お客様のご家族の成長を一緒に喜びたい
  5. 感動
    ・お客様の期待を上回る仕事をすること
    ・1度使った芸は、次回通用しない
    ・芸を磨くために、常に精進(勉強)し続けること
  6. 創造
    ・真似ない
    ・自分たちでオリジナルを創り出す
    ・マネたとしてもオリジナルを超えること
  7. 褒められる機会
    ・パパと、ママからたくさん褒められる場面を作ることで、
     子供たちの自己肯定感を高める

このようなことを想って創りました。

作ったからには、
理念(ミッション)に
恥じない行動をしないといけない
と思っています。

理念(ミッション)を
約束を破ってしまうと、
共感してくれたお客様やスタッフ、
応援してくれているお客様、スタッフを
裏切ることになるからです。

理念(ミッション)のあるメリットは、
仕事上で、
受けるべきか?
断るべきか?
迷う案件がたまに出てきます。

その際、理念(ミッション)に照らし合わせて、
判断しています。

迷ったら、
原点(理念・ミッション)に戻ることです。

またスタッフに指導や、注意をする際も、
「今のこの行動は、うちの理念に合っていない」
などと言えることで、
注意、指導を受けたスタッフも納得してくれます。

最近は、
スタッフさんが定着してくれたことで、
今年の個人目標は、
企業理念から考えて、
どんな活動・行動を目標にしますか?
と考えてもらえるようになったことは、
とても嬉しいことです。

このように、
理念に向かって、
自ら考えてスタッフが
進んでくれるようになると、
会社の中に、
新しいシナジーが生まれてくる
と思います。

f:id:miraihenotanemaki:20200707122059j:plain

シナジーについての記事を添付しておきます。
シナジーを生み出すためにも、
ミッション(理念)は、重要になります。

miraihenotanemaki.hatenablog.com

 

miraihenotanemaki.hatenablog.com

 

miraihenotanemaki.hatenablog.com

 

miraihenotanemaki.hatenablog.com

 
これから、
どんなシナジーが生まれてくるのか?
楽しみなんです。

今日は、ここまです。
最後まで、読んでいただいて、
ありがとうございました。

何か?お役に立てたら幸いです。

隊長こと、
写真の松屋(福岡県うきは市)メインカメラ
松尾 勝彦でした。
それでは、また

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です