隊長です!

ずっと温めていた企画を9月と10月に行うことにしました。
その企画とは「未来へのたねまき座談会」です。

3ヶ月ほど前に、地域の福祉の座談会に参加してみました。
参加者は40代~80代の男女です。僕は52歳ですが、僕でも若い方に入ります。

座談会のテーマは「これから5年後のうきは市がどうなっていて欲しいですか?」です。
この座談会に参加した際に思ったことは、
・司会進行が上手くなかったこと
・話をする人は、ダラダラしゃべること
・年齢が高くなるにつれて、市や福祉に依存していること
・世代間で、見ている視点が違うこと

結果的に、フラストレーションの残る話し合いを経験しました。

と、いうのもテーマが漠然とし過ぎて、結論(答)が出にくい話だったことも問題だったと思います。話し合いが終わっても、問題のあぶり出しをすること、または人のせい、行政のせいになって解決の糸口に何も見つからずならず、ムダな時間を過ごしてしまった気がしています。

少子高齢化になってしまった原因

うきは市の場合、少子高齢化は深刻です。
しかしこれと言った対策を感じることはありません。

そもそも、僕はなぜ少子高齢化になった原因について、多くの方が気付いていないのではないか?と思っています。みなさんは、なぜ少子高齢化になったと思いますか?と尋ねられたら、なんと答えられますか?

ほとんどの人が「忙しくなった!」「時間に余裕がなくなった!」「経済的に余裕がないから!」と答えられると思います。

しかし
・なぜ忙しくなったの?
・なぜ時間に余裕がなくなったの?
・なぜ経済的に余裕がないの?

と尋ねられたら、どんな答えをお持ちでしょうか?

経済的な余裕がないについては
・給料が上がらない
などがあがってくると思うのですが、「なぜ忙しくなったの?」「なぜ時間に余裕がなくなったの?」については、これだけテクノロジーが発達しているのに、おかしな話です。

これは僕の持論ですが、テクノロジーが発達して、生産量はきっと20年前の倍近く働いていると思います。
そのためテクノロジーが発達しているのに時間がなく、しかも倍の仕事をするために、価格競争が起こる負のスパイラルに入っていると思います。

同じ市場規模で自分が倍働けば、収入は2倍になりそうですが、ライバルも負け時と頑張ります。そうしないと同じ市場で相手に倍の仕事をされると、ライバルからすると自分の市場を取られることになりますので、ライバルは価格を下げて対抗することになります。

2倍作っても、安くしないと売れないのであれば、不良在庫になってしまいます。そうなると、困るので結果2倍の生産量になっても、商品の価格が下がってしまい、2倍にする前と収入は同じで、生産コスト(材料費)が2倍になってしまっている業界もあると思います。

このように誰も少子高齢化にするためにやっていたことではないことが、結果的に少子高齢化になってしまったのではないか?と思うのです。初めは、自分の収入を増やすためでした。しかし連鎖が連鎖を呼んで、結果的に少子化という、さらに市場のお客さんを少なくしてしまっていることのほとんどの方が気付いていない気がします。

この流れを、少しでも変えることができればと思い「未来へのたねまき座談会」を開催したいと思ったのです。「未来へのたねまき座談会」についての想いは、次回書きたいと思います。

今日は、ここまでです。

最後まで、読んで頂いて、ありがとうございました。
このブログは、長男の空手の練習に付き合っているために毎日23時に更新しています。
毎日1,000文字を目標に書いています。

良かったら、また読みに来てください。
もし気に入って頂けたら、ブックマークを付けてもらえると嬉しいです。
僕のブログが、仕事や、生活に何か?お役に立てたら幸いです。
また読んで頂いて感想や、コメントを頂けると嬉しいです。
下記のコメント欄を使って、お気軽にコメントや感想を送ってみて下さい。

隊長こと、写真の松屋(福岡県うきは市)メインカメラマン 松尾 勝彦でした。

9月25日(日)20時からclubhouseで配信

毎月第2と、第4日曜日の20時からclubhouseで 未来への種まきroomを開催しています。

このroomは「7つの習慣」の意識しながら生活していくことで配信しています。そして「7つの習慣」のことを、多くの方にしってもらい、自分の人生を快適に過ごしてもらいたいと思っています。このroomで一緒に発信してもらっているのは、静岡県裾野市のファイナンシャルプランナーお金の設計事務所 創現舎(そうげんしゃ)の真田さんと、愛知県安城市のきもの和楽 かね宗の三代目こと石川さん、北海道札幌市のブランドデザインオフィス KABAK’s(カバックス)の椛本さんです。このメンバーは現在 僕の人生の師匠 小阪裕司氏が主宰されているワクワク系マーケティング実践会で学び合っています。このroomの開催時間は約60分。子育ての話や、子供たちに身につけて欲しい良い習慣(片付け・貯金・勉強など)のお話ししています。子供たちに良い習慣を身に付けてもらえれば、子育てが楽になると考えています。

現在、チャレンジとして貯金ができない3代目が、貯金の習慣を身に付けようと頑張っています。目標貯金額は100万円。「7つの習慣」のお話は、子育て中の方に聞いて頂きたいお話しです。お時間があれば聞きに来てみてください。その際「完訳・7つの習慣」の本を持ってこられると、より分かりやすく聞けると思います。

振り返りシートのダウンロード

このroomは、2週間に1回のペースで行っています。その理由は、何か?始めて習慣にする際に、2週間のペースが丁度良いと思ったからです。未来への種まきroomで、話を聞く際に、振り返りシートを事前にダウンロードされておかれることをおススメします。ダウンロードは、こちらです。

僕らの話を聞きながら
①今日の気付き
②未来のゴール(終わりを思い描く)
③未来へのチャレンジ(主体的に、最優先事項を優先する)

をまとめられて、翌日からの実践のお役に立てればと思います。最初は小さな1歩ですが、コツコツ続けることで習慣になり、人生が好転できると思います。一緒に頑張りましょう!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。