子育て|理由を聞く際に、注意していること

隊長です!

僕は人にお願い事をする際は、
必ず理由を言うようにしています。

そうすると、
揉めるごとが少なくなります。

人は、そもそも、
理由がないと行動できないので、
理由はとても大事です。

よくニュースで、
事件があったりすると、
動機は?と言うのと同じです。

子供たちに夢を描かせる際も、
それになりたい理由、
すなわち
「なぜ?」を大事にされると、
子供たちは、
夢に向かってスイッチが入ると思います。

「なぜ○○になりたいのか?」です。

f:id:miraihenotanemaki:20210325183854p:plain

ただ理由を聞く際に、
僕は気を付けていることがあります。

それは、
必ず「なぜ?」の前に
プラスの言葉を入れるようにしています。

例えば
①すごいね!
②よく気付いたね!
③さすがだね!
④いい感じだね!
という言葉です。

この言葉を入れないと、
「なぜ?」という質問に対して、
多くの人が慣れていないので、
いきなり「なぜ?」から聞かれると、
聞かれた方は、否定的に取ってしまい
「悪いことをしているのかもしれない」
と構えてしまうからです。

例えば
「どうしてこんなことをしたの?」
と聞かれると、
相手は
①悪いことをしている
②良いことをしている
どちらなのか?
わからないので、
不安になります。

だから、
「さすがだね!どうして○○に気付いたの?」
と聞かれると、
質問された方は、
質問した方が好意にとっているとわかるので、
話やすくなります。

子育ても同じだと思います。
「どうしてそんなことをしたの?」
といつも言われていると、
だんだん消極的になってしまうと思います。

子供の場合は、
そもそも行動のレパートリーが少ないので、
失敗しやすいのです。

だから
「大丈夫!どうしてそんなことをしたの?」
と言われれば、
心配してもらっていることは、
伝わるので、
安心して理由を話してくれます。

子供の理由を聞くと、
こちらもハッとされることがあるので、
面白いです。

ただ、
理由を言う際に、
言い訳を言い始めた際は、
注意が必要だと思います。 

今日は、ここまでです。
最後まで、読んでいただいて、
ありがとうございました。

次回は、
言い訳について書いてみたいと思います。

僕のブログが、仕事や、生活に
何か?お役に立てたら幸いです。

隊長こと、
写真の松屋(福岡県うきは市)メインカメラマン 
松尾 勝彦でした。

僕の自己紹介の記事は

miraihenotanemaki.hatenablog.com

 
写真の松屋のホームページは、

笑顔大好き.com写真の松屋

それでは、また!

にほんブログ村の登録を始めました。
やりがいになりますので、
↓ ポチっと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です