自己実現|僕の理想の仕事の創り方

隊長です。

子育てに
マズローの5段階欲求を
応用されることを、
オススメしています。

自己実現のお話です。

前回、僕の理想の仕事観について書いてみました。

miraihenotanemaki.hatenablog.com

僕のやりたい仕事は、
「今、多くのお客様が欲しいと
思っていないモノを提案すること」
なんです。


今までにない
こういうモノや、
サービスを創って、
驚いてもらいたいのです。

ちなみに、
どんなモノや、サービスがあるか?
周りを見回してみると
結構、いろいろあります。

有名なところでは、
①宅急便
②ペットボトルのお茶
スマートフォン
④フォード自動車
Amazon
などです。
f:id:miraihenotanemaki:20200904101046p:plain
これらの商品は、
発売や企画当初、
世の中の多くの方が、
必要にないと思っていたモノや、サービスです。

始めて、
世の中にiPhoneが出て来た時の
アップルのスティーブ・ジョブスのプレゼンは、
鳥肌モノでした。

誰も、当時ボタンのない電話が必要だ!
と思わなかったと思います。

よく
お客様のニーズを聞きなさい!
と言われることがあります。

でも、これでは、
iPhoneは誕生しなかったどんな思いますし、
感動も生まれてこなかったと思います。

大事なことは、
お客さんが今、気付いていないニーズ(困っていること)を、
汲み取ることがアンテナだと思います。

そして、
次に大事なことは、
自分のオリジナルの世界観
が必要だと思います。

今では、
仕事や生活に欠かすことができない宅急便も、
ヤマト運輸の小倉正男さんが、
作ったモノです。

しかし
当時の人に、
「全国からおいし物が届いたら、
 便利だと思いませんか?」
と尋ねたら、
今ある物で、不自由してないので
「必要がない!」
と言われたわけです。

しかし、
小倉さんは、自分の考えを信じて、
発送される商品がまだ1つもないのに、
全国に営業所を作ったそうです。

お客様のニーズを聞くという話の中で、
よく使われる例え話が、
アメリカのヘンリーフォードの自動車の話です。

当時のアメリカは、
自動車ではなく、
馬車の時代。

ヘンリーフォードは、
「どんな乗り物が欲しいですか?」
町の人にインタビューをしたそうです。

すると
①もっと早いスピードで走る馬車が欲しい
②もっと長い距離が走れる馬車が欲しい
③休憩しないで良い馬車が欲しい
と言われたそうです。

誰一人
「自動車が欲しい!」
と言う人がいなかったのです。

自動車のことを
誰も知らないから仕方がありません。

このように、
お客様のニーズだけを聞いても、
感動されるモノや、
サービスが生まれないのです。

これらの商品を作るために、
大事なことは、
①自分の世界観
②人の困ったや、不便を感じる能力
③未来を予測する能力
この3つが必要だと思っています。

僕も、
今、多くのお客様が欲しいと
思っていないモノを提案できないだろうか?
といろいろ模索をしているところです。

なぜなら、
現代社会は、無料で使える
インフラや、デバイスが揃っているので、
以前に比べて、
参入障壁が下がっているからです。

自分の作ったモノや、サービスで、
世の中の人が喜んでもらえたら、
とても嬉しいと思います。

ここまで書くと、
自己実現の欲求を満たすことで、
周りから、
承認されるので、
結果、承認欲求の枠から抜けていないことなのか?
まだ僕も発展途上なので、
わかりませんが、
自分を信じて進んで行きたいと思います。

進んで行くことで、
また何かに気付くかもしれませんので・・・・。

ただ、
そんなに楽な道ではないのですが、
日々、精進したいと思っています。

今日は、ここまでです。
最後まで、読んでいただいて、
ありがとうございました。

マズローの話を、ずっと書いてきましたが、
今回で、一旦終わりにします。

次回からは、
また貯金や、投資、片付けの話を
書いてみたいと思います。

僕のブログが、仕事や、生活に
何か?お役に立てたら幸いです。

隊長こと、
写真の松屋(福岡県うきは市)メインカメラマン
松尾 勝彦でした。

僕の自己紹介の記事は

miraihenotanemaki.hatenablog.com

写真の松屋のホームページは、

笑顔大好き.com写真の松屋

それでは、また!

にほんブログ村の登録を始めました。
やりがいになりますので、
↓ ポチっと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です