7つの習慣|日本が、30年間でアメリカと差がついてしまった理由とは?

隊長です!

僕はアメリカ人の
ティーブン・R・コヴィ氏の
「7つの習慣」を独学で実践しています。

f:id:miraihenotanemaki:20210403213509j:plain

キッカケは、
10年前に片付けを学び、
どんどん快適になったことです。

しかし、
快適になったことは良いのですが、
一緒に不安も生まれてきました。

その不安とは、
①あれだけ忙しかったのに、
こんなに快適になって良いのだろうか?

②もしかしたら、
堕落しているのではないだろうか?
と考えるようになったわけです。

忙しい時は、
あれだけ快適になりたい!と願っていながら、
実際、快適になると、
不安になるとは、
なんと良い加減なのか?と思ってしまします。

そんな時に出会った本が
「7つの習慣」でした。

元々、
この本のことは知っていたのですが、
分厚く、和訳なので、
なかなか読みにくく、
第1の習慣の所までにたどり着く前に
何度も挫折していました。

そんな時に、
改訳版が出て、
音声のオーディオブックになっていることを知り、
即購入して、
何度も聞きながら本を読みました。

すると、
①なぜ片付けで、快適になったのか?
また
②片付けで、
人生が変わる方が多い理由がわかったわけです。

そして、
「7つの習慣」を実践してみて、
いろんなことに気付きがあります。

それは、
「7つの習慣」の考えは、
僕らが幼少期から学んでいた常識とは、
反対だということです。

そのことに気付いたとしても、
自分1人が実践するので、
他に迷惑をかけるわけでもないので、
黙ってコツコツ実践していました。

でも、
ここに来て、
「7つの習慣」の話をきちんと説明しないと、
知らず知らずのうちに、
日本(僕ら)は、
アメリカの植民地になっていることに
気付いていないのではないか?
と思うようになりました。

そう思うようになったのは、
この本を読んだことでした。

最近、この本を読んで、
おかげで視野が広がりました。

アメリカの株価は、
この30年で3倍です。

日本の株価は、
30年間変わっていません。

この意味は、
アメリカは3倍に成長し、
残念ながら
日本は成長していないことを示しているそうです。

実は、今の僕らは、
頑張れば頑張る分だけ、
疲労して、頑張った分、
アメリカが豊かになる仕組みの上にいます。

GAFAと呼ばれる企業が独占しています。

僕はアメリカを
否定しているつもりはありません。

アメリカは、
好きです。

ただ、
この現実を知らないと、
すごく勿体無いとのではないか?
と思っています。

だから、
アメリカ人の書いた「7つの習慣」から、
学ぶべきことがたくさんあります。

本を読むと、
アメリカ人が成功する理由がわかります。

日本人が「7つの習慣」を
実践できない理由を
知っておくことが大事だと思います。

僕は「7つの習慣」を実践していく中で、
そのことを説明ができるようになりました。

僕は、日本人の中で「7つの習慣」を
実践できる方が増えれば、
アメリカと、上手に付き合えるようになると思っています。

次回、そのことに気づいていただけるように、
「7つの習慣」を実践してみて、
日本人の考え方と違う部分を書いてみたいと思います。

今日は、ここまでです。
最後まで、読んでいただいて、
ありがとうございました。

僕のブログが、仕事や、生活に
何か?お役に立てたら幸いです。

隊長こと、
写真の松屋(福岡県うきは市)メインカメラマン
松尾 勝彦でした。

僕の自己紹介の記事は

miraihenotanemaki.hatenablog.com

写真の松屋のホームページは、

笑顔大好き.com写真の松屋

それでは、また!

にほんブログ村の登録を始めました。
やりがいになりますので、
↓ ポチっと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です