子育て|幼少期にセンスを磨く機会を準備する

隊長です!

子育てをする際、
僕の幼少期の体験から
他の子と比較しない子育てを
目指しています。

ただ良きライバルが
いることは大事です。

僕には19歳の時から
Yくんという
ライバルがいました。

学生時代は、
僕の方が成績が良かったのですが、
社会人になると、
どんどん追い越されてしまい、
追いかけるのに必死でした。

僕と、Yくんの大きな違いは、
センスでした。

このセンスは、
幼少期から培われたことなので、
なかなかセンスを
磨くことは難しいと感じます。

ただセンスは、
その人の生まれ持ったものとは
思っていません。

僕は努力すれば、
後天的に、
身に付くと思っています。

例えば、
お部屋のインテリアなども、
センスが出ます。

でも、
インテリアのルールをしておけば、
ある程度、
誰でも再現できると思います。

僕とYくんの違いは、
幼少期の過ごし方です。

僕は、小・中・高の学生時代、
勉強と、部活(卓球)に
明け暮れていました。

だから、
本を読むと言えば、
参考書・問題集・マンガ・卓球雑誌で、
ファッション雑誌など
全く興味はありませんでした。

f:id:miraihenotanemaki:20201126161040p:plain
聞いている音楽は、
謡曲

しかし
Yくんは、
小・中・高の学生時代、
ファッション誌を読んだり、
洋楽を聞いたりしています。

特にビートルズの大ファンで、
ビートルズのことは
彼から教えてもらました。

そして、
お互い写真の世界に入って、
写真を撮るために必要なセンスは、
どんどん差が開いています。

今思えば、
幼いころから、
いろんなジャンルのことを
知っておいた方が良かったのでは?
と思うようになりました。

特に、
ファッションのセンスは、
若い時に育てることが
大事だと思っています。

僕には、
残念ながら
ファッションのセンスがないので、
当店スタッフのあかねさんに、
長男のコーディネートと
お願いしたりしています。

勉強ができなくても、
幼少期から好きで学んだことが、
大人になって活かされることがあることを、
Yくんから学びました。

だから長男には、
遊びながら、
広い世界を見せてあげたい!
と思っています。

Yくんと一緒にいることで、
苦労もたくさんしました。

でもその分、
Yくんとの違いが分かるようになることで、
たくさん学ぶことができました。

本当にありがたい存在です。

今日は、ここまでです。
最後まで、読んでいただいて、
ありがとうございました。

次回、Yくんと一緒にいると、
周りから比べられることが多かったのに、
一緒にいて居心地が
良かった理由を書いてみたいと思います。

僕のブログが、仕事や、生活に
何か?お役に立てたら幸いです。

隊長こと、
写真の松屋(福岡県うきは市)メインカメラマン 
松尾 勝彦でした。

僕の自己紹介の記事は

miraihenotanemaki.hatenablog.com

 
写真の松屋のホームページは、

笑顔大好き.com写真の松屋

それでは、また!

にほんブログ村の登録を始めました。
やりがいになりますので、
↓ ポチっと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です