読書|本「がんばらない戦略」のご紹介

隊長です!

僕の理想は、
頑張らないこと。

10年前とは、
真逆の考え方をしています。

10年前までは、
頑張らないから、うまくいかない!
もっと、
頑張らないといけない!
と思っていました。

でも、
頑張らない方が
上手くいことに気付いたのです。

でも、
このことを他人に言うと、
怠け者と思われたりするので、
どう話をしたらよいのか?
困っていました。

そんな時に、
見つけた本が
「頑張らない戦略」です。

 

 

良い習慣を身に付けることで、
がんばらないで、
自然に
できるようになる
という話です。

f:id:miraihenotanemaki:20210507221337p:plain

僕の場合、
片付けができなかった頃。

がんばって余裕が出たら、
片付けようとしていました。

でも、
片付けを学び、
先に片付けをしたら、
そんなに頑張らなくても、
うまく行くことを知ります。

そして
ティーブン・R・コヴィ氏の
「7つの習慣」を学ぶことで、
良い習慣を身に
付けることの大切さを実感したわけです。

子育てをする際に、
この「がんばらない戦略」の本の話を
子供たちにしてあげて欲しいのです。
本の中に出てくる文章を掲載してみます。

良い習慣の大切さを知って欲しいのです。

この本の中に
良い習慣を身に付けるヒントが書いてあります。

がんばらなくても、結果を出すための十ヵ条
  1. 意志の力には限りがある 意志の力を消耗しないように、 繰り返しやることをルール化すべし
  2. つまらないと思えば、我慢のために意志の力を使うことになる 面白くないことは、ゲーム化すべし
  3. 多くに取り組もうとすれば、意志の力を摩耗させる やるべきことをシンプル化すべし
  4. 最初は意識してやっていることも、 繰り返すことで無意識にできるようになる 繰り返し行動で、自らを自動化すべし
  5. 効果を実感できないことは続かない 自分へのご褒美を、見える化すべし
  6. 人に宣言すると、やり遂げようとする力が生まれる やると決めたことを、約束化すべし
  7. 人間のカラダは無意識にテンポを刻んでいる 同じ行動を同じタイミングで繰り返して、リズム化すべし
  8. 行動のきっかけを決めると、スタートしやすい 決めた行動を条件反射ではじめられるように、トリガー化すべし
  9. 人間は積み重ねてきたことを 崩したくないと思うようにできている 日々取り組んだことを、記録化すべし
  10. .苦手なことをやっていると、苦痛がふくらみ、 意志の力をすり減らす 得意なことを見つけて、楽しく取り組むべし

この本のことは、
YouTubeで見つけました。


www.youtube.com

良かったら、
見て頂ければと思います。

この本は、
とても読みやすいので、
サラッと読めますよ!

今日は、ここまでです。

僕のブログが、仕事や、生活に
何か?お役に立てたら幸いです。

隊長こと、
写真の松屋(福岡県うきは市)メインカメラマン 
松尾 勝彦でした。

僕の自己紹介の記事は

miraihenotanemaki.hatenablog.com

 
写真の松屋のホームページは、

笑顔大好き.com写真の松屋

それでは、また!

にほんブログ村の登録を始めました。
やりがいになりますので、
↓ ポチっと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です