読書|『なぜ、あの人は「お金」にも「時間」にも余裕があるのか?』からの学び

隊長です!

この1ヶ月、なぜか?
読書、すなわちインプットがしたくて、
空き時間があれば読んでいました。

 

miraihenotanemaki.hatenablog.com

 

その中で、
今回
『なぜ、あの人は「お金」にも「時間」にも余裕があるのか?』

 の感想を書いてみたいと思います。

この本を読んで、
正直スッキリしました。

①なぜ今まで、自分が時間とお金が無かったのか?
②これから何を大事に仕事をすれば良いのか?
③なぜ自分の考えが他人に伝わりにくいのか?
などの、これらの謎が解けました。

この本は、
30代で読まれると、
とても良い本です。

僕は、この著者の考え方に
近い考えを持っていました。
しかし、
この本を読むまで、
自分のやり方が
本当にそうなのだろうか?
本当に大丈夫なのだろうか?
どこか?
自信がないものでしたが、
この本に出会い読むことで、
自信が持てるようになりました。

本のタイトルにもなっている
「お金」にも「時間」にも余裕を持つためには、
働き方を意識する必要があります。

f:id:miraihenotanemaki:20210330193022p:plain

実は、
多くの方の働き方が、
自分の時間を売ってお金に変えています。
①時給の考え
②8時間労働
です。
この考えだと、
忙しければ、お金があるけど、
暇だったら、お金がない
という循環になります。

しかし、
この働き方が当たり前過ぎて、
疑うこともないと思います。

時間にも、お金にも余裕ができるためには、
自分の時間を切り売りするという考え方を改めて、
自分の能力で仕事を
する働き方に変える必要があります。

f:id:miraihenotanemaki:20210330192146j:plain

その働き方とは、
金持ち父さん、貧乏父さんの
著者ロバート・キヨサキ氏の言っている
「クワドラント」という考え方です。

ちょうど、
自分もそのクワドラントの考え方に代わろうと
していた矢先だったので、
すごく嬉しく感じました。

次回、クワドラントの考え方に
ついて詳しく書いてみたいと思います。

ちなみに僕は、
現在、S(self employed)の働き方をしています。

そして、
B(business owner)の働き方に
変わろうとしていました。

僕は、多くの日本人が
B(business owner)の働き方に
変わるべきだと思います。

それができれば、
お金と時間に余裕が生まれて、
少子化問題が解決できると思っています。

ぜひ時間とお金に余裕が持ちたい方に、
読んで頂きたい本です。

今日は、ここまでです。
最後まで、読んでいただいて、
ありがとうございました。

僕のブログが、仕事や、生活に
何か?お役に立てたら幸いです。

隊長こと、
写真の松屋(福岡県うきは市)メインカメラマン 
松尾 勝彦でした。

僕の自己紹介の記事は

miraihenotanemaki.hatenablog.com

 
写真の松屋のホームページは、

笑顔大好き.com写真の松屋

それでは、また!

にほんブログ村の登録を始めました。
やりがいになりますので、
↓ ポチっと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です