隊長の見方・考え方
考え方|自立?それとも自律?

僕は同じじりつでも、自立ではなく、自分を律する自律を意識しています。自分に厳しく、自分をコントロールすることを大事にしています。

続きを読む
隊長の見方・考え方
考え方|自立について考えてみる

僕は、子育てをする際に、幼少期に空手などの武道をすることをおススメしています。子育てが楽になります。また子供たちが道場に行っている時間に、普段できない片付けなどの家事ができれば、休みの日にわざわざ片付けをしなくて良いわけです。しかも帰ってくれば、道場の先生がきちんと躾をしてくれているので、礼儀正しい子になって帰って来ます。ちなみに僕のおススメする幼少期とは、年中さんから、小学校2年生までになります。

続きを読む
空手:神武会
考え方|幼少期に空手をさせるメリット②

「7つの習慣」の本は、アメリカの過去200年の成功者の共通する習慣を書かれ本です。この本の成功とは、他人との良い人間関係を作ることです。1人ではできないことを、他人と協力することで、大きな力(シナジー)を産みだすことを目指しています。そのためには、まず自立をすることです。幼少期の子供たちは、よく人のせいにします。これは、まだ自立ができていない証拠になります。うちの子も、よく人のせいにします。「パパのせい!」「ママのせい!」「○○だったから!」など、よく言っています。

続きを読む
7つの習慣
7つの習慣|30年前に出版された本が、なぜ今なのか?その5

スティーブン・R・コヴィー氏の「7つの習慣」が、今の時代だから、すごく大事だと思います。いろんな情報が、たくさんある中で、ブレない自分を作ることが大事だからです。
そのためには、第1の習慣:主体的であることが大事です。ただ主体的であるために、どうしたらよいか?という所は、話が別れる所でもあると思いますが、僕は第3の習慣:最優先事項を優先するを先にやると、主体性が生まれると思います。

続きを読む
7つの習慣
7つの習慣|初めての方のための「依存→自立→相互依存」

1月3日のブログから、初心者のための「7つの習慣」のお話を書いています。実際、スティーブン・R・コヴィー氏の「7つの習慣」を実践して来て、ゆっくりではありますが快適な日々を過ごすことができています。そこで、初心者の方にもわかるように「7つの習慣」の考え方の話を、僕の実践を通して、理解したことの書いてみたいと思います。実は、「7つの習慣」で書かれていることは、僕らが幼いころから学んでいたことと違います。その違いが分かれば、「7つの習慣」に親しみやすいのではないだろうか?と思います。

続きを読む