貯金|めざせ!目標貯金額は、100万円

隊長です!

幼いころから母親から
「100万円を貯めなさい!そしたら、お金がどんどん貯まるから!」
「ただ、最初の100万円を貯めることは、大変だけどね!」と教えられていました。

子供ながらに、100万円を貯めると、どんどんお金が勝手に増えると思っていました。

しかし、貯金ができようになると、母親が言っていた「100万円を貯めなさい!そしたらお金がどんどん貯まるから!」の本当の意味をわかります。

母親が言いたかった本当の意味は、
「100万円が貯まる生活(習慣)が身に付けれ、お金はどんどん貯まって行くよ!」と言いたかったのだと思います。実際に、自分で100万円を貯めてみてわかったことがあります。

100万円を貯める頃には、節約の習慣が身に付いているので、100万円を貯めた後は、加速して貯められるということです。ちなみに、100万円を貯めるためには、3~5年かかると思います。3年だとすると、月に約3万円。5年なら、月に約2万円になります。

貯金ができない頃は、貯金をすることは、いろんなことを止めないと行けなかったりするので、我慢すること思っています。我慢なので、苦しいです。なるべくなら、我慢しないで貯めたいです。しかし僕の場合、浪費の習慣がありましたから、貯金の習慣になかなか変わることは大変だと思っていました。

片付けができれば、お金が貯まる

何かを我慢すると思うと、やはり辛いです。でも、僕の場合は、片付けができるようになったから、お金が貯められるようになったわけです。僕の場合は、片付けをするという行動ではなく、モノが増える理由の考え方を変えて行きました。

どうしてこうなったのか?
それは、大量のモノを捨てることで、
①ムダなことをしていたこと
②捨てる悲しみを味わったこと
③自分が大事にしたいものがわかったこと


これらができたことで、お金の使い方が大きく変わりました。おかげで、大好きだったお酒まで止めることができました。

お酒を止めてみて、気付いたこと

お酒を止めてみて思ったことは、晩酌をするまで習慣化しないことです。お酒を止めることで
①時間ができる
②お金が貯まる
③朝から元気に仕事ができる

などのメリットがあります。ただ友達は、減ります。大人でも、なかなかお酒を止めるができる方は、少ないと思います。そのためには、幼いころから、良い習慣を教えて身に付けさせること。そして悪い習慣に対しても、大人がきちんと教えることが大事だと思っています。

良い習慣を身に付ける

お酒の例えを出した理由は、お酒は大人になってから身に付く習慣だからです。習慣に対して、幼少期から正しい習慣の話をしていくことが大事だと思います。浪費も、我慢して貯金しようと思うと、苦しいです。でも、最初から貯金をする習慣を知っていれば、苦しいと思うことは無くなります。

貯金ができるようになって気付いたことは、
①幼い頃から、決められた金額をやりくりする習慣を身に付ける
②貯金ができる仕組みを作る
③貯金ができたら何をしたいのか?明確にイメージするこれらのことが大事になります。

現在は、浪費生活から抜け出すことができ、習慣が身に付きました。1日250円(2日で500円)のお小遣いを目標にやりくりしています。片付けをする中で、「なぜこんなモノを買ってしまったのだろう?」というモノがたくさんありました。そして捨てることが辛くなり、いつしか慎重に吟味して買い物するようになりました。浪費と衝動買いをすることが無くなり、自然とお金が余るようになります。

お金が貯まらないのは、収入が少ないからではない!

お金が貯まらないのは、収入が少ないから!と思っていましたが、そうではなく収入より、支出が多いことに気付いたのです。

お金の貯められない頃の考え方は
収入-支出=貯金
自分では、使い過ぎと思っていません。貯金をするためには、収入を増やすことと思い込んでいるわけです。気を付けておかないと収入が増えれば、さらに支出が増える、負のスパイラルになります。

貯金ができる方の考え方は
収入-貯金=支出
となり、①先取貯金をして、②決められたい支出の予算でやりくりするようになります。この習慣が身に付いたおかげで、お金が貯められるようにするのです。

今日は、ここまでです。
最後まで、読んでいただいて、ありがとうございました。

僕のブログが、仕事や、生活に何か?お役に立てたら幸いです。
隊長こと、写真の松屋(福岡県うきは市)メインカメラマン 松尾 勝彦でした。

【お知らせ】10月24日(日)20時からclubhouseで配信

毎月第2と、第4日曜日の20時からclubhouseで 未来への種まきroomを開催しています。

このroomは「7つの習慣」の意識しながら生活していくことで配信しています。そして「7つの習慣」のことを、多くの方にしってもらい、自分の人生を快適に過ごしてもらいたいと思っています。このroomで一緒に発信してもらっているのは、静岡県裾野市のファイナンシャルプランナーお金の設計事務所 創現舎(そうげんしゃ)の真田さんと、愛知県安城市のきもの和楽 かね宗の三代目こと石川さん、北海道札幌市のブランドデザインオフィス KABAK’s(カバックス)の椛本さんです。このメンバーは現在 僕の人生の師匠 小阪裕司氏が主宰されているワクワク系マーケティング実践会で学び合っています。このroomの開催時間は約60分。子育ての話や、子供たちに身につけて欲しい良い習慣(片付け・貯金・勉強など)のお話ししています。子供たちに良い習慣を身に付けてもらえれば、子育てが楽になると考えています。

現在、チャレンジとして貯金ができない3代目が、貯金の習慣を身に付けようと頑張っています。目標貯金額は100万円。「7つの習慣」のお話は、子育て中の方に聞いて頂きたいお話しです。お時間があれば聞きに来てみてください。その際「完訳・7つの習慣」の本を持ってこられると、より分かりやすく聞けると思います。

振り返りシートのダウンロード

このroomは、2週間に1回のペースで行っています。その理由は、何か?始めて習慣にする際に、2週間のペースが丁度良いと思ったからです。未来への種まきroomで、話を聞く際に、振り返りシートを事前にダウンロードされておかれることをおススメします。ダウンロードは、こちらです。

僕らの話を聞きながら
①今日の気付き
②未来のゴール(終わりを思い描く)
③未来へのチャレンジ(主体的に、最優先事項を優先する)

をまとめられて、翌日からの実践のお役に立てればと思います。最初は小さな1歩ですが、コツコツ続けることで習慣になり、人生が好転できると思います。一緒に頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です