貯金|バランスシートを学校で学ばない理由

隊長です!

前回から、バランスシート(貸借対照表)の大切さを書いています。
ずっと思っていたことなのですが、バランスシートが大切なのに、商業高校や大学で経済学部に行かない限り学校で教わることがありません。(来年、春から高校の家庭科で投資授業があるようです)の本当は会社だけでなく、一般家庭でもバランスシート(貸借対照表)を使って、家計の管理をする良いと思います。そうすると、何を優先して買い物をすべきなのか?わかるので、優先順位が変わると思います。多くの場合、家庭では家計簿を付けているだけで、家庭のバランスシートを意識しながらお金の管理をされている方は少ないと思います。そもそも家計簿も付けていない場合もあります。

ちなみに、毎日付ける家計簿は、PL(損益計算書)になります。収入に対して、支出がどれくらいか?どれくらい貯金(利益)が出たのか?を管理するために必要なのです。ただバランスシートがわからないと、家庭の総資産がどれくらいあるのか?またお金を産んでくれる金のタマゴを産むガチョウを持っているのか?持っていないのか?わからないと思います。結婚して、どれくらい資産が増えているのか?わかるのがバランスシートになります。

そしてバランスシートがわからないと怖いのは、資産( お金を産んでくれる金のタマゴを産むガチョウ )を持っているつもりが、お金を食い続けている負債になっていることを気付かないことです。

なぜ学校で教わらないのか?

現代社会はお金のことで、多くの方が縛られていると思います。好きな仕事をしたいけど、それでは生活ができない。生活のために、好きではない安定した仕事を見つけるように子供たちにアドバイスする親御さんは多いと思います。そう言いながら、お金の話になると、拒否反応をされる方が多い気がします。

一生付き合うことになるお金のことなので、お金の知識を持つことは大事だと思います。本当なら子供の頃から学校で教えてくれればよいのに、教えてくれません。そのために、お金のルールや仕組みを失らないままに借金やローンを組んで苦しんでいる若者も多いと思います。

借金やローンは、良くないこととわかっているのに「みんながしているから!」という気持ちがあるから簡単に考えていると思います。前回のブログで書いた先輩経営者は、このタイプになります。「借金がある方が、頑張れる!」と言っていました。

なぜ学校でお金の勉強をしないのか?もしかしたら、お金の勉強をされては困る方がいるから?と思います。では、誰か?それは国です。なぜ国は、国民がお金の勉強をされては困るのか?それは、税金を払ってくれる人が減ってしまうことを恐れているわけです。ただ、これはあくまでも僕の持論です。

なぜ国民がお金の知識を持つと、税金を払わなくなるのか?
それは、国民がお金に対して賢くなると、
①節税してしまう
②働かなくなる

こうなると、国家の税収が大きく変わったしまうためです。

それを裏付けるのは、
給料明細の中身のいろいろ天引きされていることに対して、イチイチ文句を言う人は少ないと思います。多くの方が、天引きされるのは痛いけど、仕方がないと思っていると思います。もしも国民が金融知識を持ち、給料明細を1つ1つチェックすると、大変なことになると思います。また余計に天引きされない様に、節税対策を取る恐れがあります。だから腫れもに触らない様に、教えない方が良い!と思っているのではないか?と思っています。これは、あくまでも僕の持論なので、絶対ではありません。

次回は、学校で教えないお金の話で、教えると国民が働かなくなる理由について書いてみたいと思います。

今日は、ここまでです。
最後まで、読んで頂いて、ありがとうございました。
このブログは、長男の空手の練習に付き合っているために毎日23時に更新しています。
良かったら、また読みに来てください。

僕のブログが、仕事や、生活に何か?お役に立てたら幸いです。
また読んで頂いて感想や、コメントを頂けると嬉しいです。
下記のコメント欄を使って、お気軽にコメントや感想を送ってみて下さい。

隊長こと、写真の松屋(福岡県うきは市)メインカメラマン 松尾 勝彦でした。

【お知らせ】12月12日(日)20時からclubhouseで配信

毎月第2と、第4日曜日の20時からclubhouseで 未来への種まきroomを開催しています。

このroomは「7つの習慣」の意識しながら生活していくことで配信しています。そして「7つの習慣」のことを、多くの方にしってもらい、自分の人生を快適に過ごしてもらいたいと思っています。このroomで一緒に発信してもらっているのは、静岡県裾野市のファイナンシャルプランナーお金の設計事務所 創現舎(そうげんしゃ)の真田さんと、愛知県安城市のきもの和楽 かね宗の三代目こと石川さん、北海道札幌市のブランドデザインオフィス KABAK’s(カバックス)の椛本さんです。このメンバーは現在 僕の人生の師匠 小阪裕司氏が主宰されているワクワク系マーケティング実践会で学び合っています。このroomの開催時間は約60分。子育ての話や、子供たちに身につけて欲しい良い習慣(片付け・貯金・勉強など)のお話ししています。子供たちに良い習慣を身に付けてもらえれば、子育てが楽になると考えています。

現在、チャレンジとして貯金ができない3代目が、貯金の習慣を身に付けようと頑張っています。目標貯金額は100万円。「7つの習慣」のお話は、子育て中の方に聞いて頂きたいお話しです。お時間があれば聞きに来てみてください。その際「完訳・7つの習慣」の本を持ってこられると、より分かりやすく聞けると思います。

振り返りシートのダウンロード

このroomは、2週間に1回のペースで行っています。その理由は、何か?始めて習慣にする際に、2週間のペースが丁度良いと思ったからです。未来への種まきroomで、話を聞く際に、振り返りシートを事前にダウンロードされておかれることをおススメします。ダウンロードは、こちらです。

僕らの話を聞きながら
①今日の気付き
②未来のゴール(終わりを思い描く)
③未来へのチャレンジ(主体的に、最優先事項を優先する)

をまとめられて、翌日からの実践のお役に立てればと思います。最初は小さな1歩ですが、コツコツ続けることで習慣になり、人生が好転できると思います。一緒に頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です