子育て|お金の大切さを意識させる

隊長です!

将来、お金に困らない子になってほしい!のは親心だと思います。僕は40歳まで浪費家だったので、なるべく僕と同じようになってほしくないと思っています。僕は40歳で、片付けを学び、片付けができるようになると、お金が貯まって来るので、それからいろんなお金にまつわる本を読んできました。

投資の本を合わせると100冊以上読んでいると思います。実際、つい最近までお金に関して苦手意識がありました。と、言うのも
・お金は卑しいもの
・お金のことを人前で言うのは恥ずかしいこと
・借金は怖い
・保証人にはなるな!
このようなイメージが幼いことからあったからです。
僕の場合は、母親のお金に対するメンタルブロックが大きいと思います。お金に対する考え方を言葉にして、それを子供ごころに聞いていたと思います。なので、お金は悪いものと思って、まっすぐ見ることができませんでした。お金のことばかり考えていたら、良くないと思い込んでいるわけです。

しかし、世の中のほとんどが「お金!お金!」みたいなところもあり、すごく矛盾を感じていました。例えば、子供には好きなことをやってほしい!と言いながら「それでは、食べていけない!」と言い、好きではない安定した仕事に付かせる感じです。

お金のことをまっすぐ見ることができたキッカケは?

経営者として財務の知識を身に付けたからです。それまでは、売上を上げればよいと考えていました。経営者の先輩から、親切に財務のことを教えてもらうことで、会社のお金の流れがわかり、それまで「とりあえず売上を上げること」と思っていたことが「大事なのは、利益(会社にお金が残ること)が残ること」と言うことを知ることで、そんなにガムシャラに仕事をするのではなく、きちんと支出を考えることで、会社にお金が残ることを知ります。

それまでは、ガムシャラに働いて、働いた分、お金が残ると思っていますが、知らず知らずの内に使ってしまうために会社のお金が残っていない状態になっていることに気付くわけです。

おこづかいの1割を貯める習慣

財務を学ぶことでお金の大切さを改めて知ります。
この経験から、幼いうちからお金の管理を子供に伝えておきたいと思うようになります。そのためには、小学校からお小遣い制にすることです。そしてそのうちの1割を貯金する習慣にして、9割でやりくりするクセを幼いうちから身に付けさせることが大事だと思います。そうすることで、もらったお金を全て使うのではなく、9割で生活する訓練をしていくのです。たった1割と思われるかもしれませんが、時間が経つことで結構貯まって行きます。また慣れてくると、8割~7割で生活ができるようになり、2~3割のおこづかい残せるようになるのでは?と期待しています。

写真でご紹介しているバビロンの大富豪の本もおススメです!1割貯金のお話は、この本を参考にしていますが、お金のほとんどの本で、同じようなことが書かれています。

お小遣い帳で管理する

簡単なお小遣い帳を作ってあげて、お金を管理する訓練も大事だと思います。
次のお小遣いをあげる際に、必ず残ったお金と、お小遣い帳の金額があっていることを確認して、お金を与える習慣にしてしまえば、何にお金をつかったか?がわかります。記録をしておけば、無駄な買いものをしたことに気付けますが、記録がないと忘れてしまうと思います。

家計簿を付ける良い面は、算数に興味を持つのではないか?と期待しています。お金を通して、足し算、引き算、掛け算、割り算を教えて行くことも、勉強する意味を伝えることになるのではないか?と思っています。

今日は、ここまでです。
最後まで、読んで頂いて、ありがとうございました。
このブログは、長男の空手の練習に付き合っているために毎日23時に更新しています。
良かったら、また読みに来てください。

僕のブログが、仕事や、生活に何か?お役に立てたら幸いです。
また読んで頂いて感想や、コメントを頂けると嬉しいです。
下記のコメント欄を使って、お気軽にコメントや感想を送ってみて下さい。

隊長こと、写真の松屋(福岡県うきは市)メインカメラマン 松尾 勝彦でした。

【お知らせ】12月12日(日)20時からclubhouseで配信

毎月第2と、第4日曜日の20時からclubhouseで 未来への種まきroomを開催しています。

このroomは「7つの習慣」の意識しながら生活していくことで配信しています。そして「7つの習慣」のことを、多くの方にしってもらい、自分の人生を快適に過ごしてもらいたいと思っています。このroomで一緒に発信してもらっているのは、静岡県裾野市のファイナンシャルプランナーお金の設計事務所 創現舎(そうげんしゃ)の真田さんと、愛知県安城市のきもの和楽 かね宗の三代目こと石川さん、北海道札幌市のブランドデザインオフィス KABAK’s(カバックス)の椛本さんです。このメンバーは現在 僕の人生の師匠 小阪裕司氏が主宰されているワクワク系マーケティング実践会で学び合っています。このroomの開催時間は約60分。子育ての話や、子供たちに身につけて欲しい良い習慣(片付け・貯金・勉強など)のお話ししています。子供たちに良い習慣を身に付けてもらえれば、子育てが楽になると考えています。

現在、チャレンジとして貯金ができない3代目が、貯金の習慣を身に付けようと頑張っています。目標貯金額は100万円。「7つの習慣」のお話は、子育て中の方に聞いて頂きたいお話しです。お時間があれば聞きに来てみてください。その際「完訳・7つの習慣」の本を持ってこられると、より分かりやすく聞けると思います。

振り返りシートのダウンロード

このroomは、2週間に1回のペースで行っています。その理由は、何か?始めて習慣にする際に、2週間のペースが丁度良いと思ったからです。未来への種まきroomで、話を聞く際に、振り返りシートを事前にダウンロードされておかれることをおススメします。ダウンロードは、こちらです。

僕らの話を聞きながら
①今日の気付き
②未来のゴール(終わりを思い描く)
③未来へのチャレンジ(主体的に、最優先事項を優先する)

をまとめられて、翌日からの実践のお役に立てればと思います。最初は小さな1歩ですが、コツコツ続けることで習慣になり、人生が好転できると思います。一緒に頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です