刃を研ぐ|社内研修:片付けする意味を考える

当社では、片付けを使って、社内改善を行っています。そもそも片付け自体が、7つの習慣の第7習慣:刃を研ぐだと思います。刃を研ぐとは、日々、刃を研いでいないと、刃がサビてしまい、余計に時間と労力がかかってしまうことを意味しています。ただ、もしかしたらスタッフさんに「なぜ日々、片付けをしないといけないのか?」の理由を言っていない気がしていました。ゴールが明確になっていないと、行動が変わると思ったからです。そこで、午後からの研修は片付けしないといけない理由と目的を話すことにしました。実際、改めてスタッフさんに「片付けをしないといけない理由」を聞いてみました。そして、スタッフさんから出てきた答えは、「効率化」です。僕の思っている答えを同じです。ただ「なぜ効率化しなければならないの?」この質問をした際に、スタッフさんと、僕の答えがズレていることに気付きました。スタッフさんが言ってくれたのは、「効率化することで、新しいことを始める」と言ってくれました。しかし僕の答えは「効率化することで、お客様に対応できる時間を作ること」と考えていることを説明しました。